Jira Service Management: エージェント、カスタマー、およびロール

Jira Service Management 評価用リソース

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問


目的

Jira Service Management にはどういった種類のロールとユーザーが存在しますか?

環境

サーバー版/クラウド版

回答

Jira Service Management には、ライセンス、グローバル権限、プロジェクト権限の組み合わせに基づく、さまざまなロールとユーザー タイプがあります。次のリソースで詳細を説明しています。

Jira Service Management のエージェント

エージェント  は、Jira Service Management のライセンス ユーザーであり、キューにアクセスし、ワークフロー内で課題を移動させ、カスタマー向けのコメントを追加できます。

Jira Service Management エージェントのライセンスは次のようにして付与できます。

特定のサービス プロジェクト内にエージェントを招待するには、プロジェクトのサイドバーにあるオプションを利用して招待するか、対象のプロジェクトの Jira Service Management Team ロールに追加します。「プロジェクトにエージェントを追加する」をご確認ください。 

 エージェントは次のことが実行できます。 

  • カスタマーポータル、キュー、レポート、SLAのメトリクスの参照
  • 課題での、カスタマー向けのコメントおよび内部コメントの追加、編集、および削除
  • プロジェクトへのカスタマーの追加
  • ナレッジベースの作成および参照 (有料の Confluence ライセンスが必要です)
  • 組織 を管理する (アプリケーションレベルで許可されている場合)

Jira Service Management エージェントが他の Jira ライセンスと比較して Jira で利用できる機能については、これらのベージにある表を参照ください。

Jira Service Management のコラボレーター

コラボレーターは公式のロールではありませんが、Jira 製品間の強力な連携機能を活用して、非エージェントである既存の Jira ライセンス (例: Jira Software または Jira Core) ユーザーが Jira Service Management でエージェントと内部でやり取りできるようにすることができます。このようなユーザーをプロジェクト内の Jira Service Management Team ロールに追加するだけで、ユーザーは課題を参照したり、@メンションされたり、内部コメントを追加したりすることができます。エージェント ライセンスは不要です。

コラボレーターについての詳細をご覧ください、またJira Service Management 課題で他の Jira チームとのコラボレーションを行うためのベスト プラクティス ガイドをご用意しています。次のページにあるように、Jira Service Management エージェントと Jira Software 開発者には、プロジェクトを横断して権限を付与できます。

Jira Service Management 課題への割り当て、Jira Service Management 課題のトランジション、あるいはカスタマーへの返信権限がユーザーに不要な場合、Jira Core または Jira Software のライセンスを付与して Jira Service Management エージェントと内部でコラボレーションできるようにするほうが、コストを抑えられます。 

Jira Service Management のカスタマー

カスタマーは Jira Service Managementでリクエストを送信するユーザーであり、無料で何人でも追加できます。このようなユーザーは、Jira Service Management のエージェントではないすべてのユーザーにあたります。たとえば、Jira Software ユーザーを Jira Service Management プロジェクトにカスタマーとして追加できます。アプリケーション アクセスがないユーザーもカスタマーとみなされます。

カスタマーは次のことを行えます。

  • カスタマー リクエストあるいは自身が追加されたサービス プロジェクトのメール チャネル経由でリクエストを起票
  • カスタマー ポータルで自身のリクエストを追跡
  • 自身のリクエストにコメントを追加
  • 自身がアクセス可能なサービス プロジェクトにリンクされた Confluence のナレッジベース スペースのナレッジベース記事を無料で閲覧
  • 他のカスタマーのリクエストの承認
  • 他のカスタマーにリクエストを共有する (プロジェクトの カスタマー権限の設定で許可されている場合)
  • カスタマー ポータルを使用して特定の課題トランジションを行える権限の付与先になる

Jira Service Managementの管理者は、サービス プロジェクトへのカスタマーの追加方法を選択できます。これは、それぞれのサービス プロジェクトのカスタマー権限をセットアップすることで行います。カスタマーには、ポータルのみのアカウントか Atlassian アカウントのどちらのタイプのアカウントを付与するかを選択できます。詳細については「Jira のカスタマー アカウントの管理」をご確認ください。

Jira Service Management の管理者

Jira Service Management の管理者権限は、グローバル レベルまたはプロジェクト レベル、あるいはその両方で付与できます。管理者にエージェント ライセンスは必須ではありませんが、少なくとも Jira ライセンスが必要になります。 

管理者が Jira Service Management 固有の機能を表示したり編集したりするには、管理者に Jira Service Management エージェントのライセンスが付与されている必要があります。このような機能には、キュー、SLA、およびレポートなどのエージェント固有の機能が含まれ、「Jira アプリケーションの紹介」のエージェント機能で確認できます。同じクラウドサイト内の他の Jira 製品についても、同じ内容が適用されます (Jira Software 固有の機能にアクセスするには管理者に Jira Software ライセンスが必要)。 

Jira Service Management エージェントのライセンスが管理者に付与されていない場合、管理者は次の内容を行うことができません。

  • カスタマーへのコメント
  • キュー、カスタマー一覧、またはレポートの参照
  • Jira Service Management 課題のトランジション
  • サービス プロジェクトの課題での作業時間の記録
  • サービス プロジェクトの課題への割り当て

Jira Service Management のみを利用している場合、管理者を含むすべてのユーザー (カスタマーを除く) が価格上、エージェントとみなされます。

Jira Service Management Cloud の管理者

Jira Service Management Cloud は、サイト管理者、グローバル Jira 管理者、および Jira 管理者権限で異なります。

サイト権限

Atlassian Cloud の管理者権限は、ユーザーを管理したり請求情報にアクセスしたりする権限を必ずしも付与するわけではない点にご注意ください。このような権限を持つユーザーはサイト管理者 (Atlassian Cloud サイトを管理するユーザー) とみなされます。サイト管理者は現在、次の権限を利用できます。

  • 所有している製品の "administrators" グループに割り当てられているすべての権限
  • ユーザー管理機能 (新しいユーザーの作成、グループへのユーザーの割り当て、アプリケーション アクセスの付与など) へのアクセス権
  • 請求情報へのアクセス権限

サイト管理者の詳細を「グループの管理」ページでご確認ください。 

グローバル権限

Jira の管理グローバル権限を割り当てられたユーザーはすべての Jira プロジェクトについて、プロジェクト、課題タイプ、フィールド、ワークフロー、およびスキーマの作成および管理を行えます。これらのユーザーは、Jira Service Management へのアプリケーション アクセスが付与されている (Jira Service Management エージェントとしてライセンスが付与されている) 場合を除き、エージェント機能 (キュー、SLA、レポート) にアクセスすることはできません。

プロジェクト権限

プロジェクトの管理プロジェクト権限を割り当てられたユーザーは、プロジェクト ロールのメンバーシップ、プロジェクト コンポーネント、バージョン、およびプロジェクト詳細の編集など、プロジェクト構成の設定にアクセスできます。サービス プロジェクトのプロジェクト管理者が Jira Service Management エージェントとしてのライセンスを付与されている場合、次のことを行えます。 

  • Jira Service Management のすべての機能にアクセス
  • サービス プロジェクトのユーザーとロールを管理
  • カスタマー ポータル、リクエスト タイプ、キュー、レポート、および SLA のセットアップ
  • エージェントが行えるすべてのタスクの実行

Jira Service Management Server の管理者

Jira Service Management Server は、システム管理者、Jira 管理者、およびプロジェクト管理者権限で異なります。 

グローバル権限

Jira システム管理者権限が割り当てられたユーザーは Jira のすべての管理機能を実行できます。Jira 管理権限のみを持つユーザーは、アプリケーション環境やネットワークに影響をおよぼす可能性のある機能は実行できません。「グローバル Jira 権限」で詳細をご確認ください。

プロジェクト権限

ユーザーには、プロジェクト内でプロジェクトを管理する権限や、拡張プロジェクト管理権限を付与できます。「プロジェクト権限の管理」で詳細をご確認ください。 

クラウド製品と同様、Jira Service Management エージェントとしてのライセンスが付与されている場合を除き、管理者は Jira Service Management 固有の機能 (SLA、キュー、Jira Service Management レポート) にアクセスできません。詳細については「Jira アプリケーションとプロジェクト タイプ」をご確認ください。 


最終更新日 2020 年 11 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.