Jira Service Desk: Jira Service Desk と Jira Software / Core との違い

Jira Service Desk 評価用リソース

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

目的

Jira Service Desk と Jira Core は何ですか?

環境

サーバー版 / クラウド版

方法

Jira Coreは、プロジェクトと課題に内部のチームが取り組むためのものです。例えば、マーケティングチームがキャンペーンに取り組むようなものです。JIRAワークフローエンジンをビジネスチームが、整理され、使いやすい、タスク指向プロジェクトを進めるために提供します。タスクがシンプルな TODO リストだろうが、堅固な 7 ステップの堅固で重い自動化されたワークフローだろうが、 7JIRA Core はすべての要求を満たすように構成されています。紹介ドキュメントをこちらでご確認ください。こちらではスタートガイドを参照できます。

JIRA Softwareは Jira Core と似ていますが、アジャイル / カンバン奉仕jきを利用した開発チーム向けの機能が含まれています。

JIRA Service Desk is for teams who receive incoming issues/requests from other teams/customers. For example, receiving hardware requests from other employees. It has extra features that let its projects function as service desks, like service level agreements, reports, queues, accepting issues over portal or email, and more.

JIRA Service Desk is designed specifically for end-users to submit tickets to a help desk team. JIRA Service Desk requires licensing only to your agents. You can check out some introductory documentation here and our getting started guide here.

Further, JIRA can be very technical and overwhelming for people who are not using it regularly for their work. JIRA Service Desk lets these users submit tickets quickly and easily through a simple interface, but still gives your service desk team the power of the JIRA platform.

 

最終更新日: 2016 年 9 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.