Jira Service Desk: カスタマーを一括で追加する

Jira Service Desk 評価用リソース

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

 

目的

Jira Service Desk でカスタマーを一括で追加します。

環境

サーバー版 / クラウド版


Jira Service Desk Server

Jira Service Desk のオンプレミス版をデプロイしていて、LDAP または Active Directory にカスタマーの資格情報がある場合、そのディレクトリからユーザーを作成するように Jira Service Desk をセットアップできます。

注: 既定のグループ設定によって、アイデンティティ プロバイダーからプロビジョニングされたカスタマーにアトラシアン製品のライセンスが付与される可能性があります。これらの設定を見直し、カスタマーによる有料ライセンスの消費が発生しないようにするには、ユーザー管理設定を確認し、必要に応じてカスタマー アクセスを編集します。

Jira Service Desk Cloud

アイデンティティ プロバイダー (IdP) からカスタマーを一括で追加する方法

アトラシアンのセキュリティおよび統合管理ソフトウェアである Atlassian Access を使用して、ご利用のアトラシアン クラウド製品をアイデンティティ プロバイダーと連携し、ユーザーやグループをクラウド製品に簡単にプロビジョニングできます。

Google Apps を使用している場合、「G Suite 連携を有効化または無効化する」の手順に従い、クラウド サイトを G Suite と連携します。セットアップ プロセスで、アトラシアン クラウド製品に同期するユーザーおよびグループを選択できます。

カスタマーを手動で一括追加する方法

カスタマーの追加はプロジェクト レベルで行われます。アトラシアン クラウド製品にログインした状態で、[プロジェクト] > <プロジェクト名> > [カスタマー] > [顧客を追加] に移動します。招待時には複数のメール アドレスを同時に追加できます。csv ファイルからコピー アンド ペーストすると、招待ウィンドウで自動的に変換されます。ペースト後に [Enter] をクリックすると、スペースまたはカンマで区切られた個々のメール アドレス (csv からコピーした場合の形式と想定) が個別の招待に変換されます。この招待はカスタマーにメールを送信し、ユーザー名とパスワードを作成してシステムにアクセスできるようにするよう促します。




最終更新日 2019 年 8 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.