Confluence: Confluence と Google Docs の比較

Confluence の評価用リソース

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

 

質問

Google Docs と比較した場合の Confluence のメリットは何ですか?

環境

サーバー/クラウド

回答

Google Docs は個別のドキュメントには最適ですが、複数のページで同じフッター情報を使用したり、ある製品のドキュメントのコンテンツの一部を別のドキュメントで再利用したり、コンテンツの重複を防いだり、複数のドキュメントを更新する必要性を防いだりすることができません。あるドキュメントがフォルダ構成で複数の場所に所属するように考えられる場合の解決策もありません。Confluence ではこのような問題のすべてを解決し、さらにメリットを活用できます。

Confluence と Google Docs の両方が共同編集機能を提供しています。しかしながら、Confluence の共同編集機能は、ファイル共有システムで使用できる機能とは異なります。Confluence では、@メンションいいね!、およびインライン コメントを使用して、チームはドキュメント上でコラボレーションを行うことができます。インライン コメントにより、コンテンツの一部について議論したり、変更について同意したり、編集のファイナライズを行ったりすることができます。

また、統一したユーザー エクスペリエンスを実現するテンプレート、コンテンツ管理用のラベル、および異なるドキュメント タイプ用のスペースの作成により、コンテンツを簡単に管理できます。ラベルはページのコンテンツと同様に検索できるほか、マクロを使用してインデックスを作成することもできます。

コンテンツの保管および整理の観点では、Confluence では厳密な階層構造ではなく動的なアプローチでコンテンツを管理できます。スペースのカテゴリを作成し、それぞれのスペースに複数のラベルを追加できます。これにより、1 つのスペースを組織のある部門用のカテゴリに含めながら、ある製品ラインの一部にしたりすることができます。また、Confluence ページには常に最新のバージョンが表示されるため、Confluence では重複を防ぐことができます。以前のバージョンに簡単に復元したり、2 つのバージョン間での変更を確認したりすることもできます。 

プライバシーの観点では、Confluence ではきめ細やかな権限を使用して、要件に合わせ、一部のスペースまたはページを特定のチームに制限しながらほかのスペースを公開することができます。  

Jira との連携も非常に強力です。いずれの製品もアトラシアンが開発しており、弊社では弊社製品間での強力な連携機能の構築に常に取り組んでいます。詳細についてはこちらのドキュメントをご参照ください。

最後に、Confluence はイントラネットとして使用することもできるため、ユーザーにはパーソナル スペースが提供されます。ユーザーはここで、自身に割り当てられたすべてのタスクあとから読むために保存した Confluence ページ、および現在作業している下書きページのすべてを見つけることができます。

追加情報

最終更新日: 2018 年 2 月 28 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.