キャッシュ統計

キャッシュ パフォーマンスのチューニング

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

キャッシュを使用すると、データベースの負荷を減らし、一部の操作の速度を上げることができます。Confluence の内部キャッシュのサイズとヒット比率を追跡し、キャッシュ サイズを調整してパフォーマンスを改善します。 

このページの内容

キャッシュ統計を表示する

キャッシュ統計を表示するには、

  1.  > [一般設定] > [キャッシュ管理] に移動します。
  2. [詳細ビューの表示] を選択して、詳細を確認します。

スクリーンショット: 選択したキャッシュの使用率と有効率を表示するキャッシュ統計画面。 

7 つのキャッシュの使用率 (%) と有効率 (%) を表示するキャッシュ統計画面。

クラスターのキャッシュ統計を表示する

クラスターで Confluence を実行している場合は、現在いるノードの統計がこの画面に表示されます。

クラスタにおける別のノードのキャッシュ統計を表示するには、

  1.  > [一般設定] > [クラスタリング] に移動します。
  2. 表示するノードの横にある [] > [キャッシュ統計] を順番に選択します。 

統計情報のみ表示可能です。キャッシュのフラッシュまたはサイズの調整を行うには、各ノードの [キャッシュ管理] 画面に直接アクセスする必要があります。 

統計情報の読み方

以下に、各値の生成方法についての情報を示します。 

使用率

=(オブジェクト)/(サイズ)

使用率の例 = 4023 / 5000 = 80%

有効率:

=(ヒット)/(ヒット+ミス)

有効率の例 = 374550 / (374550 + 140460) = 73%

現在 / 最大エントリ

キャッシュ内のエントリ数 / 許容可能な総エントリ数(これはキャッシュのサイズです)。

現在のヒープ サイズこのキャッシュに割り当てられたヒープ メモリ(MB単位)(該当する場合)

ヒット/ミス/追い出し

必要なコンテンツがキャッシュで見つかった読み取りアクセス数 / 必要なコンテンツがキャッシュで見つからなかった読み取りアクセス数 / キャッシュから追い出されたオブジェクトの数。

サイズ調整

このオプションを使用して、最大キャッシュ サイズを別の値に指定します。

フラッシュ

キャッシュをフラッシュします。

キャッシュ タイプ

クラスターで実行する場合、Confluence には次の 3 つのタイプのキャッシュがあります。

  • ローカル - キャッシュ データは各ノードでレプリケートされます。 
  • 分散型 - キャッシュ データは、クラスター内のすべての Confluence ノード全体で均等に分割されます (コピー経由のレプリケート)。
  • ハイブリッド - キャッシュ データは各ノードで複製され、変更があったときに他のノードによってリモートで無効化されます (replicate-via-invalidation 化と呼ばれます)。

キャッシュ タイプは、詳細ビューのキャッシュ名の横にバッジで表示されます。 

スクリーンショット。キャッシュ タイプを含む各キャッシュの完全な詳細を表示するキャッシュ統計の詳細ビュー。

複数のキャッシュと詳細情報が表示されたキャッシュ統計画面の詳細表示

キャッシュのサイズを変更する

キャッシュのサイズをチューニングすると、Confluence をスピード アップ (キャッシュが非常に小さい場合) させたり、使用するメモリ量を減らしたりする (キャッシュが非常に大きい場合) ことができる場合があります。キャッシュが大きくなるほど、実行時に必要なメモリが多くなるため、Confluence の Java プロセスへのメモリの割り当てと、サーバー上で使用可能な物理メモリを見直す必要があります。

キャッシュのサイズを変更するには、システム管理者のグローバル権限が必要です。 

キャッシュのサイズを変更するには、

  1.  > [一般設定] > [キャッシュ管理] に移動します。
  2. [詳細ビューの表示] を選択します。
  3. 変更するキャッシュの横にある [サイズ調整] を選択します。
  4. キャッシュに保存するアイテムの最大数を入力し、[送信] を選択します。 

変更はすぐに反映されます。Confluence を再起動する必要はありません。 

キャッシュのサイズの変更は、次の場所に記録されます。

  • Confluence を 1 つのサーバーで実行している場合は <home-directory>/shared-home/config/cache-settings-overrides.properties
  • Confluence をクラスターで実行している場合は <shared-home>/config/cache-settings-overrides.properties 

すべての値を既定値に戻すには cache-settings-overrides.properties ファイルを削除して Confluence を再起動します。 

Confluence でのチューニングに関するより一般的な概要については、「パフォーマンス チューニング」を参照してください。 

最終更新日 2020 年 11 月 10 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.