権限を調査する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

検査権限 は、Confluence Data Center でのみ利用できる高度な権限です。

Confluence は既定でオープンな製品ですが、グループや個人、および匿名ユーザー向けの権限が何重にも適用されていると、どのユーザーが何を実行できるかを確認しづらい場合があります。  

検査権限は、次の場合に役立ちます。

  • 権限の問題のトラブルシューティング
  • サイトで誰が何を実行できるかを監査する
  • ユーザーやグループに与えられている権限を 1 つのスペースから複数のスペースに適用する 

あるユーザーの有効な権限が表示されます。これは、権限について把握されているすべての情報をわかりやすくまとめたものです。 

権限の問題のトラブルシューティング

Confluence でユーザーが特定の操作を実行できる/できない理由を見つける必要がある場合があります。権限を調べることで、問題の根本原因に掘り下げることができます。 

たとえば、あるチームメイトが表示できないはずのスペースを閲覧できている問題が報告されたとします。権限を調べることで、問題の原因になっている可能性があるグループ メンバーシップ等を正確に確認できます。 

スペース管理画面からの権限の検査

トラブルシューティングを行うスペースのスペース管理権限が必要です。 

特定のユーザーがこのスペースを表示できる/できない理由を見つけるには、次の手順を実行します。

  1. スペースに移動して、サイドバーの下部から、スペース ツール > 権限を選択します。
  2. [権限の検査] タブに移動します。
  3. ユーザーの名前またはユーザー名を入力します。
  4. [ページ] フィールドは空白のままにします (このスペースの特定のページを調査する必要がある場合を除く)。 
  5. [表示] を選択します。

このスペースでのユーザーの有効な権限を示す表が表示されます。いずれかのアイコンをクリックすると詳細ビューが表示され、ユーザーが権限を持っている/持っていない理由を確認できます。 

特定のページを指定するよう選択した場合、権限の説明にはページ制限の情報も含まれます。アイコンはそのページのみを表し、スペース全体に対するユーザーの権限は示しません。 

スクリーンショット: 2 人のユーザーの権限を示す、スペース ツールの [権限の検査] タブ。  

アニメーション: スペース ツールの [権限を点検] タブにユーザーの権限についての説明が表示されます

グローバル管理画面からの権限の検査

これを行うには、Confluence 管理者またはシステム管理者グローバル権限が必要です。スペース自体を表示する権限は不要です。 

特定のユーザーがこのスペースを表示できる/できない理由を見つけるには、次の手順を実行します。

  1. > [一般設定] > [権限の検査] に進みます。
  2. ユーザーの名前またはユーザー名を入力します。
  3. 表示したいスペースを入力します。
  4. [表示] を選択します。 

検索したユーザーとスペースを示す表が表示されます。リンクをクリックすると詳細ビューが表示され、アイコンをクリックするとそれらのユーザーが権限を持っている/持っていない理由を確認できます。 

スクリーンショット: 2 人のユーザーと 3 つのスペースの権限を示す、グローバル管理画面の権限の検査画面。

アニメーション: グローバル管理の [権限を点検] に "プロジェクト" という語を含むすべてのスペースの検索結果と、ユーザーの権限の説明が表示されます。

グループの権限を点検する

特定のグループの権限を点検することもできます。これは、グローバル管理経由でのみ実行できます。 

グループの権限を点検するには、次の手順を実行します。

  1. > [一般設定] > [権限の検査] に進みます。
  2. [グループ] タブを選択します。
  3. グループ名を入力します。
  4. 表示したいスペースを入力します。
  5. [表示] を選択します。 

検索したグループとスペースを示す表が表示されます。リンクをクリックして詳細ビューを表示します。

グループの権限を点検する場合は、以下の点にご注意ください。

  • ユーザーの場合と同様、グループが "使用可" グローバル権限を持っていない場合、その旨は表示されません。 
  • ユーザーの場合と同様、グループの有効な権限は表示されません。そのグループに直接付与された権限 (親グループのメンバーシップ経由で付与されていない権限。これは、外部ユーザー ディレクトリにネストされたグループがある場合にのみ問題になります) のみが表示されます。 

検索でワイルドカードを使用する

ユーザー、グループ、またはスペースを検索する際には、"*" をワイルドカードとして使用できます。例えば、タイトルに "project" を含むすべてのスペースを検索したい場合は、「*project」と入力し、候補のドロップダウンから "*project の検索" を選択します。 

権限の説明

詳細ビューには、スペースでの 1 人のユーザーまたはグループの有効な権限が表示されます。各アイコンをクリックすると、以下のように、詳細な説明が表示されます。 

  1. アイコン - アイコンは、ユーザーまたはグループがこのアクションを実行できるかどうかを示します。 
  2. 説明 - そのユーザーがアクションを実行できる/できない理由を説明します。
  3. 参考情報 - 関連する可能性がある追加情報を提供します。たとえば、スペース管理者は、自身が持っていない権限を自身に付与できます。 

これらの説明の目的は、そのユーザーがスペースで操作を実行できる/できない簡潔な理由を提供することです。メッセージは短く、最も関連性の高い情報を最初に示すように設計されています。

以下の表は、各メッセージの詳細な説明 (メッセージをトリガーした条件を含む) を示しています。 


説明の完全な一覧を表示...

ユーザーについての説明

説明メッセージは次の場合に表示されます...
個別のユーザーとして権限が付与されました。 ユーザーは、そのスペースのスペース権限の一覧に記載されています。 
...のメンバーとして権限が付与されました。ユーザーは、そのスペースのスペース権限の一覧に記載されているグループのメンバーです。ユーザーがスペース権限に記載されている複数のグループのメンバーである場合、それらすべてが一覧表示されます。 
個別のメンバーおよび<グループ名>のメンバーとして権限が付与されました。 ユーザーはそのスペースのスペース権限に記載されており、そのスペースのスペース権限の一覧に記載されているグループのメンバーでもあります。 
匿名ユーザーに権限が付与されました。ログインしていないユーザーも含め、全員にデフォルトでこの権限が与えられます。

権限はこのスペースの匿名ユーザーに付与され、サイトは公開されています (匿名ユーザーに対して "使用可" グローバル権限を付与しました)。

ログイン済みのユーザーの権限を、匿名ユーザーよりも少なくすることはできません。  

匿名ユーザーに権限が付与されました。ログインしているユーザー全員に、デフォルトでこの権限が与えられます。

このスペースの匿名ユーザーに権限が付与されていますが、サイトは非公開です (匿名ユーザーは "使用可" グローバル権限を持っていません)。 

ログイン済みのユーザーの権限を、匿名ユーザーよりも少なくすることはできません。これは、サイト自体を公開することなく "全員" にスペース権限を提供するための近道として使用されることがあります。 

個別のユーザーまたはグループのメンバーとして付与された権限はありません。 ユーザーはそのスペースのスペース権限の一覧に記載されておらず、そのスペースのスペース権限の一覧に記載されているグループのメンバーでもありません。また、匿名ユーザーには権限が付与されていません。 
このユーザーは "使用可" のグローバル権限がないため、Confluence にログインできません。 このユーザーはユーザー ディレクトリ内にすでに存在しますが、Confluence ライセンス シートは持っていません。また、confluence-users や、"使用可" グローバル権限を持つその他のグループのメンバーではありません。 
このユーザーは Confluence 管理者であるため、自身にこの権限を付与することが可能です。ユーザー、またはそのユーザーが属しているグループは、Confluence 管理者グループ権限を持っています。つまりこのユーザーは、自身が表示する権限を持っていないスペースの権限を回復させてから、そのスペースの権限を変更することができます。confluence-administrators スーパー グループのメンバーとは異なり、既定ではスペースを表示できません。 
このユーザーはスペース管理者であるため、自身にこの権限を付与することが可能です。 ユーザーはこのスペースのスペース管理権限を持ちます。つまり、このスペースに対する権限を変更し、自身が持っていない任意の権限を自身に付与できます。 
このユーザーはスペース管理者であるため、制限を編集できます。また、自身が編集または表示する権限を持たないページからすべての制限を削除することもできます。ユーザーはスペースのスペース管理権限を持ちます。つまり、いつでもページ制限を変更し (制限権限を持っていない場合を含む)、スペース内のすべての制限付きページの一覧にアクセスして、これらのページからすべての制限を削除できます。 
このユーザーは "自分のものを削除する" 権限を持ち、自身のページ、ブログ投稿、コメント、添付ファイルを削除できます。ユーザーは、自身が作成したページ、ブログ投稿、コメント、および添付ファイルを削除できます。スペースでの削除権限を持っていない場合、他のユーザーが作成したページ、ブログ、投稿、コメントおよび添付ファイルを削除することはできません。たとえば、ユーザーは自身が作成したページを削除できますが、"ページの削除" スペース権限を持っている場合を除き、チームメイトが作成したページを削除することはできません。 

このユーザーが制限を追加または削除するには "ページの追加" 権限も必要です。

ユーザーは "制限" 権限を持っていますが、"ページの追加" 権限はありません。ページ制限の適用はページの編集とはみなされないので、両方の権限が必要です。
このユーザーは、confluence-administrators スーパー グループのメンバーです。つまり、制限付きページを含む、すべてのページを表示できます。これらのユーザーは既存のページを編集できませんが、コメントを追加/削除、ページ履歴を復元、およびスペースを管理できます。 ユーザーは confluence-administrators グループのメンバーです。これは Confluence で強力な権限を持つ既定のグループであり、Confluence 管理者またはシステム管理者グローバル権限よりも強力です。   
このユーザーはアカウントが無効化されているので、ログインできません。 このユーザーはディレクトリ内に既に存在しますが、アカウントは無効化されています。Confluence ライセンス シートを持っていません。これは通常、ユーザーが組織を離れたことが原因です。  
<ページ タイトル> 上の制限により、このユーザーはページを閲覧できません。 

ページ制限がページに適用されました。ユーザー、またはそのユーザーが属しているグループは、ページ制限ダイアログに記載されていないため、"アクセス権なし" となります。  

このメッセージは、スペースの特定のページの権限を調べた場合にのみ表示されます。 

<page title>上の制限により、このユーザーにはページの閲覧のみ許可されます。ページを編集することはできません。

ページ制限がページに適用されました。ページ制限ダイアログでは、全員、ユーザー、または対象のグループに所属しているユーザーが表示できることを確認できますが、編集は特定のユーザーまたはグループのみに制限されます。 

このメッセージは、スペースの特定のページの権限を調べた場合にのみ表示されます。 

<page title> 上の制限により、このユーザーにページの閲覧および編集が許可されます。 ページ制限がページに適用されました。ユーザー、またはそのユーザーが属しているグループはページ制限ダイアログに記載されており、"表示および編集" アクセス権を持ちます。 
<page title> 上の制限により、このユーザーにページの閲覧が許可されます。 

ページ制限がページに適用されました。ユーザーは、次のいずれかの理由により、ページを表示できます。ページ制限により全員が表示を許可されていて、一部のユーザーのみが編集を許可されている。または、ユーザーまたはそのユーザーが属しているグループがページ制限ダイアログに記載されており、 "表示のみ" または "表示および編集" アクセス権を持っている。

このメッセージは、スペースの特定のページの権限を調べる際に、ページの編集権限が不要な権限 (コメントの表示や追加など) をクリックした場合にのみ表示されます。 


グループについて

これらのメッセージは、検査対象のエンティティとしてグループを選択した場合に表示されます。グループの権限を調べるには、Confluence 管理者である必要があります。 

権限の説明メッセージは次の場合に表示されます...
このグループのメンバー全員に権限が付与されました。 このグループは、そのスペースのスペース権限の一覧に記載されています。 
匿名ユーザーに権限が付与されました。ログインしていないユーザーも含め、全員にデフォルトでこの権限が与えられます。

権限はこのスペースの匿名ユーザーに付与され、サイトは公開されています (匿名ユーザーに対して "使用可" グローバル権限を付与しました)。

ログイン済みのユーザーの権限を、匿名ユーザーよりも少なくすることはできません。  

匿名ユーザーに権限が付与されました。ログインしているユーザー全員に、デフォルトでこの権限が与えられます。

このスペースの匿名ユーザーに権限が付与されていますが、サイトは非公開です (匿名ユーザーは "使用可" グローバル権限を持っていません)。 

ログイン済みのユーザーの権限を、匿名ユーザーよりも少なくすることはできません。これは、サイト自体を公開することなく "全員" にスペース権限を提供するための近道として使用されることがあります。 

このグループに付与された権限はありません。このグループはそのスペースのスペース権限の一覧に記載されておらず、匿名ユーザーに権限は付与されていません。 
このグループには "使用可" のグローバル権限がないため、このグループのメンバーは Confluence にログインできない場合があります。

このグループは存在していますが、"使用可" グローバル権限は持っていません。これはよくある問題です。1 つのグループ (confluence-users など) を使用して Confluence のライセンス シートを付与し、スペース権限を管理するためだけに追加グループを使用していることがあります。 

これは、ユーザーが、"使用可" 権限を付与されているグループに属していない場合にのみ問題になります。 

このグループのメンバーはスペース管理者なので、この権限を自分自身に付与することができます。 グループはこのスペースのスペース管理権限を持ちます。つまり、このグループのメンバーは、このスペースに対する権限を変更し、自身が持っていない任意の権限を自身に付与できます。 
このグループのメンバーはスペース管理者であるため、制限を編集できます。また、自身が編集または表示する権限を持たないページからすべての制限を削除することもできます。グループはスペースのスペース管理権限を持ちます。つまり、このグループのメンバーはいつでもページ制限を変更し (制限権限を持っていない場合を含む)、スペース内のすべての制限付きページの一覧にアクセスして、これらのページからすべての制限を削除できます。 
このグループのメンバーは "自分のものを削除する" 権限を持ち、自分のページ、ブログ投稿、コメント、添付ファイルを削除できます。このグループのメンバーは、自身が作成したページ、ブログ投稿、コメント、および添付ファイルを削除できます。スペースでの削除権限を持っていない場合、他のユーザーが作成したページ、ブログ、投稿、コメントおよび添付ファイルを削除することはできません。たとえば、ユーザーは自身が作成したページを削除できますが、"ページの削除" スペース権限を持っている場合を除き、チームメイトが作成したページを削除することはできません。 
confluence-administrators はスーパー グループです。このグループのメンバーは、制限付きページを含む、すべてのページを表示できます。これらのユーザーは既存のページを編集できませんが、コメントを追加/削除、ページ履歴を復元、およびスペースを管理できます。これは Confluence で強力な権限を持つ既定のグループであり、Confluence 管理者またはシステム管理者グローバル権限よりも強力です。  
このグループのユーザーが制限を追加または削除するには "ページの追加" 権限も必要です。グループは "制限" 権限を持っていますが、"ページの追加" 権限はありません。ページ制限の適用はページの編集とはみなされないので、両方の権限が必要です。
[自分のものを削除する] は、このグループのメンバーで、ログイン済みのユーザーのみが利用できます。このメッセージは、"使用可" グローバル権限を持たないグループに "自分のものを削除する" 権限が付与された際に表示されます。ユーザーが自身のコンテンツを削除するにはログインする必要があることのリマインダーです。 
このグループは 1 つ以上の親グループのメンバーであるため、この権限の情報は不完全な可能性があります。親グループに付与された権限は、ここには表示されません。

このメッセージは、グループが入れ子になっている、つまり、グループが別のグループのメンバーであるときに表示されます。グループの階層は、外部ユーザー ディレクトリに由来します。

グループが親グループから継承している権限は表示されません。親グループを個別に調べる必要があります。

匿名ユーザーについて 

これらのメッセージは、検査対象のエンティティとして "匿名" を選択した場合に表示されます。ここでの "匿名" とは、Confluence にログインしていないユーザーを表します。 

権限の説明メッセージは次の場合に表示されます...
匿名ユーザーに権限が付与されました。そのスペースのスペース権限に記載されている匿名ユーザーのエンティティに権限が付与されています。 
匿名ユーザーに付与された権限はありません。そのスペースのスペース権限に記載されている匿名ユーザーのエンティティに権限が付与されていません。 
匿名ユーザーは "使用可" グローバル権限を持ちません。ユーザーが Confluence を使用するには、ログインする必要があります。ログイン済みのすべてのユーザーは、デフォルトでこの権限を継承します。

このスペースの匿名ユーザーに権限が付与されていますが、サイトは非公開です (匿名ユーザーは "使用可" グローバル権限を持っていません)。 

ログイン済みのユーザーの権限を、匿名ユーザーよりも少なくすることはできません。これは、サイト自体を公開することなく "全員" にスペース権限を提供するための近道として使用されることがあります。 

"自分のものを削除する" 権限を匿名ユーザーに付与することはできますが、効果はありません。"自分のものを削除する" 権限を匿名ユーザーに割り当てることができます。どのユーザーが何を作成したかを製品で追跡できる必要があるため、"自分のものを削除" 権限を匿名ユーザーに割り当てても、それが実際に有効化されることはありません。 
<page title> 上の制限により、匿名ユーザーはページを閲覧できません。 

ページ制限がページに適用されました。匿名ユーザーにアクセス権はありません。  

このメッセージは、スペースの特定のページの権限を調べた場合にのみ表示されます。 

<page title>上の制限により、匿名ユーザーにはページの閲覧のみ許可されます。ページを編集することはできません。

ページ制限がページに適用されました。ページ制限ダイアログでは、すべてのユーザーがページを表示できますが、特定のユーザーやグループのみが編集を行えます。 

このメッセージは、スペースの特定のページの権限を調べた場合にのみ表示されます。 

この権限を匿名ユーザーに付与することはできません。これは、匿名ユーザーはスペース管理権限や制限権限などの一部の権限を使用することができないことのリマインダーです。 
匿名アクセスはグローバルに有効です。

これは、サイトが公開されていることのリマインダーです。匿名ユーザーに "使用可" グローバル権限が付与されているため、ユーザーは Confluence にアクセスするためにログインする必要はありません。


権限の監査 

自分のサイト内で誰が何を実行できるのかを、コンプライアンスや標準への準拠などの理由のために定期的に確認する必要がある場合、権限を検査して監査を実施できます。 

サイトのすべてのユーザーおよびすべてのスペースの権限情報をエクスポートするには、次の手順を実行します。

  1. > [一般設定] > [権限の検査] に進みます。
  2. 検索条件を選択します。特定のユーザー、グループ、またはスペースを検索できるほか、無効化されているアカウントを含めたり、権限を持たないユーザーを除外したりすることができます。
  3. [表示] を選択します。これにより、クエリの大きさを確認できます。 
  4. [エクスポート] を選択します。
  5. 既定の区切り文字を使用します。カンマ区切りはほとんどのスプレッド アプリケーションに適しています。
  6. スペースをどのように一覧化するかを選択します。これは、含めたい情報の量によって異なります。スペース キーのみを含めることも、タイトルと説明を含めることもできます。 
  7. [エクスポート] を選択します。 

CSV ファイルがただちにブラウザにダウンロードされます。クエリのサイズによっては、数分かかる場合があります。 

多数のユーザーやスペースを持つサイトでは、このファイルは非常に大きくなることがあります。ワイルドカード検索機能を使用して、各エクスポートに含めるユーザーの数を制限できます。 

  1. ワイルドカード検索 - ワイルドカードを使用して検索を絞り込みます。
  2. エクスポート - 監査またはさらに分析を行うため、結果を CSV 形式でエクスポートします。


例を見る...

この例は、1 人のユーザー、3 つのスペースの場合の出力を示しています。 

  • 付与できる 14 のスペース権限それぞれに対して、行が作成されます。 
  • クエリの各スペースに対して列が作成されます。これらはスペース キーで特定されますが、必要に応じて、エクスポートにスペース名と説明を含めるよう選択できます。  
  • T と F は、この権限を持っている (true) 、または持っていない (false) ことを示します。
ユーザ名表示名権限SPACE1SPACE2SPACE3
user1Sample User 1

view-space

TTF
user1Sample User 1

remove-own

TTF
user1Sample User 1

page-add

TTF
user1Sample User 1

page-remove

TFF
user1Sample User 1

blog-add

TFF
user1Sample User 1

blog-remove

TFF
user1Sample User 1

comment-add

TTF
user1Sample User 1

comment-remove

TFF
user1Sample User 1

attachment-add

TTF
user1Sample User 1

attachment-remove

TFF
user1Sample User 1

mail-remove

TFF
user1Sample User 1

page-restrict

TFF
user1Sample User 1

space-export

TFF
user1Sample User 1

space-admin

TFF

この例では、Sample User 1 は次のようになります。

  • Space 1 の管理を含むすべての操作を実行できます
  • Space 2 内の自身のコンテンツを表示、追加、削除できます
  • Space 3 は一切表示できません 

権限の一括適用

権限の一括適用は、次の場合に便利です。

  • 新しいグループを作成し、既存の多数のスペースでそのグループに権限を付与したい場合。
  • 既存の多数のスペースで、権限を個人ユーザーに付与したい場合。 
  • 新しいスペースを複数作成し、既存のスペースの権限をテンプレートとして使用したい場合。

サイト内で権限を効率的に管理する方法として、グループを使用することをおすすめします。誰かが新しくチームに加わったときには、彼らを適切なグループのメンバーにするか、権限の一括追加オプションを使用して、すべてのスペースへの権限を個人ユーザーに付与することをおすすめします。 

グループへの権限の一括適用

これを有効化するには、Confluence 管理者またはシステム管理者グローバル権限が必要です。 

複数のスペースでグループに同じ権限を付与するには、次の手順を実行します。

  1. > [一般設定] > [権限の検査] に進みます。
  2. [グループ] タブに移動します。
  3. グループの名前を入力します。
  4. 開始点として使用したいスペースの名前を入力します。 
  5. [表示] を選択してからクリックして詳細なビューを表示します。 
  6. 編集を選択する。
  7. 適切な権限が選択されていることを確認します。これらがコピー元の権限となります。
  8. これらの権限のコピー先となるスペースの名前を入力します。スペースはいくつでも追加できます。 
  9. [適用] を選択します。 
  10. 確認ダイアログをクリックして、すべてのスペースが正常に更新されたことを確認します。 

スクリーンショット: 1 つのグループとスペースの権限の詳細なビュー。[その他のスペースに適用] フィールドに複数のスペースが表示されています 

ユーザーへの権限の一括適用

これを実行する前に、権限を調べ、権限がどのように付与されているか (個人ユーザーまたはグループ経由) に特に注意して、更新を予定しているスペースでユーザーに付与されている権限を確認することをおすすめします。多くの場合、変更を個人ユーザーに一括適用するのではなく、ユーザーのグループ メンバーシップまたはグループに付与されたスペース権限を変更することが最適なアプローチです。 

これを有効化するには、Confluence 管理者またはシステム管理者グローバル権限が必要です。 

ユーザーに複数のスペースで権限を付与するには、次の手順を実行します。

  1. > [一般設定] > [権限の検査] に進みます。
  2. ユーザーの名前を入力します。
  3. 開始点として使用したいスペースの名前を入力します。 
  4. [表示] を選択してからクリックして詳細なビューを表示します。 
  5. ユーザーの有効な権限が表示されます。これらの権限は、個人の権限とグループの権限を組み合わせたものです。[編集] を選択します。
  6. 適切な権限が選択されていることを確認します。これらがコピー元の権限となります。
  7. これらの権限のコピー先となるスペースの名前を入力します。スペースはいくつでも追加できます。 
  8. [適用] を選択します。 
  9. 確認ダイアログをクリックして、すべてのスペースが正常に更新されたことを確認します。 


一般に、権限を管理する際はグループを使用することをおすすめします。ユーザーに権限を一括適用することを決定した場合、次の点を認識しておく必要があります。

  • このメソッドを使用した場合、権限は個人ユーザーとしてのみ付与できます。 
  • ユーザーがグループのメンバーとして保有している権限は変更されません。たとえば、エクスポート権限を持つグループのユーザーに、エクスポート権限を持たない権限を一括適用した場合、彼らは引き続きエクスポート権限を持ちます。個人ユーザーの権限を変更しても、グループの権限はオーバーライドされません。 
  • [編集] をクリックすると、チェックボックスにはユーザーの現在有効な権限が反映されます。つまり、個人ユーザーとして保有しているすべての権限と、グループのメンバーとして保有しているすべての権限を組み合わせた権限です。[適用] をクリックすると、これらの権限が個人ユーザーに適用されます。ユーザーがグループのメンバーとしてすでに持っている権限を重複して付与することになる場合があります。 

トラブルシューティングと既知の問題

キャッシュの一般的な問題

Confluence は権限情報をキャッシュします。これは、ページを表示できるユーザーを確認したときや、権限を検査したときに結果をすばやく返すために役立ちます。製品ではユーザーや権限の変更に伴い、キャッシュを継続的に更新します。ただし、キャッシュが適切に更新されない 2 つのシナリオがあることを把握しています。サイトをインポートした場合と、ユーザー ディレクトリの追加、無効化、または順序変更を行った場合です。 

これが発生した場合、Confluence でキャッシュを強制的に再構築する最適な方法は、Inspect permissions - gatekeeper プラグインを無効にしてから再有効化することです。キャッシュは起動時に作成されるため、Confluence を再起動することもできます。 

Internet Explorer 11 でエクスポート オプションが制限される

Internet Explorer 11 ではエクスポート ダイアログに既知の問題があります。このダイアログは、ドロップダウン メニューのいずれかを選択すると、断続的にフリーズすることが知られています。これを回避するには、[区切り記号] および [以下を使用してスペースのリストを表示] フィールドで既定値を使用するか、別のブラウザでエクスポートを完了します。 

グループの権限を点検すると、直接権限のみが表示される

外部ディレクトリがネストされたグループ (グループが別のグループのメンバー) を持っているときにグループの権限を点検すると、そのグループに直接付与された権限 (親グループのメンバーであることによって付与された有効権限は含まない) のみを表示できます。ユーザーを検索した場合は、親グループによって付与された権限を含む、有効な権限が常に表示されます。 

権限のないスペースを除外すると、大規模なサイトで時間がかかることがある

グローバルの [権限を点検] 画面で、[選択したユーザーに対して権限のないスペースを表示しない] を選択し、他のフィルターを指定していない場合 (ユーザー、グループ、スペースの指定など)、クエリが結果を返すまでに数分かかることがあります。これは特に、ユーザーやスペースの数が非常に多いサイトで当てはまります。 

最終更新日 2020 年 8 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.