データセンターからサーバーへの移行

ここでは、Confluence Data Center (クラスタ化) から Server (非クラスタ) への移行方法を説明します。ここでは、既存のクラスタノードのひとつを新しい非クラスタ化のインストールに使用するものと仮定して説明します。 

必要な手順は、Confluence をクラスタで実行するかどうかによって異なります。

要件

  • Server に切り替えるには、Confluence Server ライセンスが必要になります。
  • Server ライセンスを適用する前に、読み取り専用モードを無効化する必要があります。 

クラスタ構成が不要になったが、引き続き Data Center 機能にアクセスしたい場合は、クラスタ化されていない (スタンドアロンの) Data Center インストールに戻ることができます。「スタンドアロン Data Center インストールへの移動」を参照してください。

クラスタ化された Data Center から Server への移動

Confluence をクラスタで実行していない場合、ライセンスを更新するだけで Confluence Server に切り替えることができます。利用している構成が不明な場合、 > [一般設定] > [クラスタ化] に移動します。クラスタ ノードが一覧に表示されている場合、Confluence はクラスタで実行されています。

  1. 読み取り専用モードが無効化されていることを確認します。 
  2. > [一般設定] > [一般設定] に移動します。
  3. "管理" 見出しの下のサイドバーから [ライセンス詳細] を選択します。
  4. Confluence Server のライセンス キーを入力します。 

Confluence を再起動する必要はありません。読み取り専用モード、SAML シングル サインオン、および CDN などの Data Center 固有の機能は利用できなくなります。 

Data Center 専用機能への影響

Data Center から Server に変更すると、Data Center の専用機能はすべて失われます。現在の Confluence サイトに与える影響の概要は次のとおりです。

機能結果

SAML シングル サインオン (SSO)

使用できなくなります。

変更される内容は次のとおりです。

  • SAML SSO ログインは機能しなくなります (ユーザーは常にログイン画面にリダイレクトされます)

  • SAML SSO が有効になる前に Atlassian アカウントのパスワードを持っていたユーザーは、ログインにそのパスワードを使用します。
  • SAML SSO が有効になったあとに参加したユーザーは、次回のログイン時に Atlassian アカウントのパスワードをリセットする必要があります。

Content Delivery network (CDN) のサポート

使用できなくなります。

変更される内容は次のとおりです。

  • 機能に関連するすべての API 呼び出しはブロックされます
  • CDN を構成したあとに Server ライセンスに戻すと、CDN は Confluence インスタンスが再起動されるまで引き続き動作します。

レート制限

使用できなくなります。

変更される内容は次のとおりです。

  • セットアップ済みのすべての制限は適用されなくなり、ライセンスをダウングレードした瞬間に、ユーザーは無制限に外部 REST API リクエストを作成できるようになります。

読み取り専用モード

使用できなくなります。

変更される内容は次のとおりです。

  • /accessmode は引き続き動作します
  • 機能をオンにするオプションは無効になります

プロセスのサンドボックス化

使用できなくなります。

  • リソース負荷の高いタスクが同じ Java プロセスで動作し、不安定性やパフォーマンスの問題を引き起こす可能性があります。
  • ライセンスをダウングレードすると、ただちに変更が適用されます。


クラスタ化された Data Center から Server への移動

Confluence をクラスタで実行している場合、切り替えの一環として、一部のインフラストラクチャに変更を加える必要があります。 

ここでは、既存のクラスタ ノードのひとつを新しい非クラスタ インストールに使用するものと仮定して説明します。このプロセスは、ノードが 1 つのみのクラスタを含む、すべてのクラスタ化されたインストールに適用されます。 

1. ノード 1 を除くすべてのノードで Confluence を停止

最初に、1 つを除いた各ノードで Confluence を停止します。この残りのノードをノード 1 と呼びます。この段階では他の変更を加えないでください。 

ホーム ディレクトリ (confluence\WEB-INF\classes\confluence-init.properties で構成) は引き続き、ローカルのホーム ディレクトリを指しています。

2. Confluence サーバーライセンスの入力

  1. > [一般設定] に移動します。
  2. 管理という見出し の下のサイドバーからライセンス詳細を選択します。
  3. Confluence サーバーのライセンスキーを入力します。

2. ノード 1 で Confluence を停止

ノード 1 で Confluence を停止します。Confluence はどのノードでも実行されていません。 

移行が完了するまでは Confluence にアクセスできないため、この時点で、Confluence からトラフィックをリダイレクトするようにロード バランサーを構成しておくことをおすすめします

3. ホームで共有されているクラスタのの項目をローカルのホームに戻す

  1. 1 つのノードで、<local home> ディレクトリに /shared-home という名のディレクトリを作成します (Data Center のインストール時にこのディレクトリを削除した場合)。
  2. 次のディレクトリとファイルを <shared home> ディレクトリから local home>/shared-home ディレクトリに移動します。
    • config
    • confluence.cfg.xml
    • dcl-document
    • dcl-document_hd
    • dcl-thumbnail
  3. <shared home> ディレクトリの残りのコンテンツを <local home> ディレクトリの root に移動します。

この時点で、クラスタの共有ホームディレクトリが空になっているはずです。 

(warning) ローカル ホーム ディレクトリの confluence.cfg.xml を誤って上書きしないようにご注意ください。共有ホーム ディレクトリの confluence.cfg.xml ファイルは、ローカル ホーム ディレクトリのものと異なるパラメータを持ちます。 

4. Confluence の起動

Confluence を起動します。セットアップ ウィザードにより、移行プロセスの開始が促されます。  

移行が完了したら、ユーザーが Confluence に再びアクセスできるようにロード バランサやプロキシに任意の変更を加えることができます。 

tip/resting Created with Sketch.

非クラスタ エディションで実行しているかどうかを確認するには、 > [一般設定] に進みます。"クラスター構成" ページは表示されないはずです。代わりに、Confluence Data Center に関する情報が表示されます。

最終更新日 2020 年 5 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.