スペース権限の概要

各 Confluence スペースには、そのスペースでユーザーが実行できる操作を決定する、一連の独自の権限があります。 

スペース権限はスペース管理者によって設定されます。スペースを作成したユーザーが自動的にスペース管理者となるほか、他のユーザーにスペース管理者権限を付与することもできます。 


tip/resting Created with Sketch.

このページは、スペース権限に関するものです。Confluence では、ページ制限を設定できます。

スペース権限の編集

スペースの権限を変更するには、サイドバーの下部で [スペース ツール] > [権限] を選択し、[権限の編集] を選択して権限設定を変更します。

詳細は、「スペース権限の割り当て」を参照してください。 

権限の概要

スペースでは次の権限を割り当てることができます。

カテゴリ権限
すべて

表示: このスペース内のコンテンツにアクセスし、スペース ディレクトリやそのほかの場所 (ダッシュボード) からそれらを表示する権限です。 

自分の情報の削除: このスペースで自分が作成したページ、ブログ、添付ファイルおよびコメントを削除できます (他のユーザーがその後でコンテンツを編集したかは問いません)。 

ページ

ページの追加: スペース内で新しいページを作成したり、既存のページを編集したりできる権限です (ページの編集が制限されていない場合)。 

ページの削除: スペースのページを削除する権限です。 

ブログ

ブログの追加: スペース内で新しいブログ投稿を作成したり、既存のブログ記事を編集したりできる権限です (ブログ投稿の編集が制限されていない場合)。 

ページの削除: スペース内のブログ記事を削除する権限です。削除権限は、ページまたはブログを別のスペースに移動する場合にも必要となります。 

添付ファイル

添付ファイルの追加: スペース内のページまたはブログ投稿に添付ファイルを追加する権限です。 

添付ファイルの削除: スペース内のページまたはブログ記事から添付ファイルを削除する権限です。 

ページやブログの追加権限のみを持つユーザーは、エディターで既存の添付ファイルを挿入したり、エディターからファイルを削除してファイルがページやブログ投稿に表示されないようにすることができます。ただし、新しいファイルのアップロード、ファイルの新しいバージョンのアップロード、添付ファイル自体の削除はできません。  

コメント

コメントの追加: ページ、ブログ記事、添付ファイルにコメントを追加する権限です。  

コメントの削除: ページ、ブログ記事、添付ファイルのコメントを削除する権限です。 

制限

制限の追加: ページまたはブログ記事にページレベルの制限を適用する権限です。ページの表示または編集を制限することができます。 

制限の削除: ページまたはブログ投稿から制限を削除する権限です。 

メールメールの削除: スペースでアーカイブされたメール アイテムを削減する権限です。この機能はあまり使用されません。 
スペース

スペースのエクスポート: スペースのすべてのコンテンツを PDF、HTML、または XML 形式でエクスポートする権限です。単体のページのエクスポートとは異なります。単体ページは、それを表示できるすべてのユーザーがエクスポートできます。

管理: すべてのスペース管理ツール (権限、テンプレート、ルック アンド フィール、スペース全体の削除など) を利用できる権限です。 

権限画面は次のようになります。


スペース権限の仕組み

スペース権限は加算的です。ユーザーが個人または 1 つ以上のグループのメンバーとして権限を付与されている場合、Confluence はこれらの権限を組み合わせます。これは有効な権限とも呼ばれます。 
例:

Sasha は confluence-users グループと developers グループのメンバーです。confluence-users には "エクスポート" 権限がありますが、"制限" 権限はありません。developers グループには "制限" 権限がありますが、"エクスポート" 権限はありません。

Sasha は 2 つのグループのメンバーのため、コンテンツを制限およびエクスポートできます。権限は競合していないため、これらを組み合わせることで、このスペース内で Sasha に許可される操作が決まります。


Confluence Data Center を利用している場合、スペース管理者と Confluence 管理者は検査権限機能を使用して、他のユーザーの有効な権限を確認できます。 

スペース管理者の確認方法

スペースを作成したユーザーが自動的にスペース管理者となるほか、他のユーザーにスペース管理者権限を付与することもできます。 

スペースの管理者を見つけるには、次のいずれかを実行します。

  • スペースの [スペース ツール] > [概要] に移動します。
  • ヘッダーから [スペース] > [スペース ディレクトリ] を選択し、スペースの横にある [スペースの詳細] アイコンを選択します。

スペースへのすべての管理アクセスを誤って拒否すると、スペースへの管理アクセスを行えるユーザーがいなくなります。この場合、Confluence 管理者グローバル権限を持つユーザーにスペース権限の復元を依頼できます。

スペース管理者の権限

スペース管理者は次のように、スペースで多数の操作を実行できます。

  • ユーザーとグループ (および自分自身) への権限の付与
  • テンプレートの作成
  • ルック アンド フィールの変更
  • スペースを削除します
  • ページ制限 (自身が表示できないページを含む) の手動での削除
  • ウォッチャーを管理し、ページをウォッチしているユーザーを変更する 
  • 権限を検査し、ユーザーがスペースで実行できる操作を確認する (Data Center のみ)

Confluence 管理者が必ずしもスペース管理者であるとは限りません。このユーザーがスペース管理権限 (個人ユーザーまたはグループのメンバーとして) を持っていない場合、スペースへの権限を回復できます。これにより、そのユーザーにスペース管理権限が付与されます。 

最終更新日: 2020 年 2 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.