既定言語の選択

 管理者は、Confluence サイトのすべてのスペースに適用するデフォルトの言語を定義できます。個人ユーザーは自分のセッションの言語設定を選択できます。

既定の言語設定

Confluence サイトで既定の言語を変更するには:

  1. 設定アイコン を選択し、[一般設定] を選択します。
  2. 左側のパネルの '設定'セクションで 言語 を選択します。
  3. 編集を選択し、Confluence サイトの規定言語として使用する言語を選択します。

Confluence には以下の言語がインストールされており、すぐに使用することができます。

  • Čeština (Česká republika | チェコ共和国)
  • Dansk (Danmark | デンマーク)
  • Deutsch (Deutschland | ドイツ)
  • Eesti (Eesti | エストニア)
  • 英語 (UK)
  • 英語 (US)
  • Español (España | スペイン)
  • Français (France)
  • Íslenska (Ísland | アイスランド)
  • Italiano (Italia | イタリア)
  • Magyar (Magyarország | ハンガリー)
  • Nederlands (Nederland | オランダ)
  • Norsk (Norge | ノルウェー)
  • Polski (Polska | ポーランド)
  • Português (Brasil | ブラジル)
  • Română (România | ルーマニア)
  • Slovenčina (Slovenská republika | スロバキア共和国)
  • Suomi (Suomi | フィンランド)
  • Svenska (Sverige | スウェーデン)
  • Русский (Россия | ロシア)
  • 中文 (中国 | 中国)
  • 日本語 (日本 | 日本)
  • 한국어 (대한민국 | 韓国)

言語に影響を及ぼすその他の設定

ユーザーは個々に、Confluence が表示するスクリーンテキストとメッセージの言語を選択できます。サポート対象の言語は Confluence サイトにインストール済み 言語パックにより異なりますので注意してください。

セッションで使用する言語は以下の設定により異なります。上から下への優先順位となります。

  • ユーザー プロファイルで定義した言語設定。有効にするにはこの設定にログインする必要があるので注意してください。
  • Confluence ログイン画面の下部にあるオプションをクリックして選択した言語。Confluence はこの値をクッキーに保存します。クッキーの期限が切れると、設定の期限も切れます。 

  • ブラウザで設定した言語。ブラウザは言語の優先順位の一覧を含むヘッダーを送信します。Confluence は一覧で最初に該当するサポート言語を使用します。Confluence 管理者は confluence.browser.language.enabled システム プロパティfalse に設定することで、このオプションを無効にできます。 

  • Confluence サイト管理者が定義したサイトの既定言語。 

翻訳用にユーザーインターフェイスのキー名を表示する

This feature is useful if you are troubleshooting translations of the Confluence user interface. After opening the Confluence dashboard, you can add the following action to the end of your Confluence URL:

?i18ntranslate=on


例: http://myconfluencesite.com?i18ntranslate=on

これにより、ユーザーインターフェイスの各要素は特別なキー名を表示するようになります。このため、ユーザーインターフェイス内の各キーのコンテキストを見つけやすくなります。 

キー名は '稲妻' のグラフィック付きで表示されます。スペース サイドバーの例は次のとおりです。

翻訳ビューをオフにするには、以下を Confluence URL の末尾に追加します。

?i18ntranslate=off

最終更新日 2020 年 1 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.