Confluence アップグレード マトリクス

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問



Confluence のアップグレードについて、チームに最適なバージョンをお探しですか? このページのマトリクスを使用して、バージョン間の機能、クリティカルなバグの修正状況、およびアップグレードの技術的な手順を比較できます。また、シームレスなアップグレードの実現のため、特定のアップグレード パスも記載しています。

アップグレードの準備が完了している場合、Confluence のアップグレードにアクセスして、手順をご確認ください。 

About Long Term Support releases

長期サポート リリースは、2 年間のサポート期間中を通じて、バックポートされた重大なセキュリティ更新プログラムと重大なバグ修正プログラムを利用できる機能リリースです。年に 1 度だけアップグレードできる場合、長期サポート リリースへのアップグレードをご検討ください。詳細情報

長期サポート リリースは以前にはエンタープライズ リリースと呼ばれていました。

このページの内容

主要な機能

6.13
(LTS)

6.13 is a Long Term Support release. Learn more 
  • ユーザー アカウントの削除
  • PDF エクスポートの改善
  • AdoptOpenJDK 8 のサポート
  • Migration Assistant for Confluence
  • PDF エクスポートにページ番号を簡単に追加 (6.13.3 以降)
  • オフィスでの編集と Companion アプリの使用とを選択可能 (6.13.6 以降)

リリース ノート
6.14
  • 検索 UI の改善
  • エディタのアップグレード
  • ユーザーのプロファイル画像の削除
  • PDF エクスポートにページ番号を簡単に追加
リリース ノート
6.15
  • スペース カテゴリで検索を絞り込み
  • バックアップおよび復元画面の変更
リリース ノート
7.0
  • Synchrony データの自動削除
  • 各拠点でのパフォーマンスの問題を軽減するための CDN サポート
  • アップグレード前のプランニング ツール
リリース ノート
7.1
  • Java 11 のサポート
  • 単一ページのコピー時に添付ファイルを除外
  • ラベル別コンテンツ、変更履歴、およびスペース一覧マクロの改善
  • Office で編集機能の延長サポート
リリース ノート
7.2
  • クラスタをセットアップすることなく Data Center 機能を利用
  • MySQL 8 サポート
リリース ノート
7.3
  • ファイルの編集をさらに制御
  • Companion アプリでのセッションベースの仮想デスクトップのサポート
  • ページを参照できるユーザーを確認して確実に共有
  • 高度な権限管理で管理を簡単に行う
  • レート制限によるシステムの保護
リリース ノート
7.4

7.4 is a Long Term Support release. Learn more

リリース ノート
7.5
  • 高度な監査
  • OpenID でのシングル サインオン
  • 表のセル色の追加
  • ウィジェット コネクタの改善
リリース ノート
7.6
  • Additional audit log events
  • Companion アプリの信頼済みドメイン
リリース ノート
7.7
  • Webhook
  • Reindex in a cluster
  • エディタのアップグレード
  • アクセシビリティの改善
  • New audit log filters and file retention settings
  • ジャストインタイム ユーザー プロビジョニング

リリース ノート
7.8
  • Search performed audit log event
  • Disabled macros keep their body content
  • ページ プロパティ レポート マクロのラベル上限を引き上げ
リリース ノート

致命的なバグの修正

6.13
(LTS)

6.13 is a designated Long Term Support release, meaning it offers backported critical security, stability, data integrity, and performance fixes while this version is supported . Learn more  

要約
Loading...
Refresh

6.13.x でのすべてのバグ修正
6.14

要約
Loading...
Refresh

6.14.x でのすべてのバグ修正
6.15

要約
Loading...
Refresh

6.15.x でのすべてのバグ修正
7.0

要約
Loading...
Refresh

7.0.x でのすべてのバグ修正
7.1

要約
Loading...
Refresh

7.1.x でのすべてのバグ修正
7.2

要約
Loading...
Refresh

7.2.x でのすべてのバグ修正
7.3

要約
Loading...
Refresh

7.3.x でのすべてのバグ修正
7.4

要約
Loading...
Refresh

7.4.x でのすべてのバグ修正
7.5

要約
Loading...
Refresh

7.5.x でのすべてのバグ修正
7.6

要約
Loading...
Refresh

7.6.x でのすべてのバグ修正
7.7

要約
Loading...
Refresh

7.7.x でのすべてのバグ修正
7.8

要約
Loading...
Refresh

7.8.x でのすべてのバグ修正

サポート対象プラットフォームの変更

6.13
(LTS)

次の製品のサポートを終了

  • PostgreSQL 9.3

次の製品のサポートを開始

  • AdoptOpenJDK 8
サポート対象プラットフォーム
6.14変更なしサポート対象プラットフォーム
6.15変更なしサポート対象プラットフォーム
7.0

変更なし

サポート対象プラットフォーム
7.1

次の製品のサポートを開始

  • Java 11
サポート対象プラットフォーム
7.2

次の製品のサポートを開始

  • MySQL 8
サポート対象プラットフォーム
7.3

次の製品のサポートを開始

  • PostgreSQL 10
  • Oracle 19c
サポート対象プラットフォーム
7.4

次の製品のサポートを終了

  • PostgreSQL 9.4
  • MySQL 5.6 
  • Oracle 12c R1
  • Microsoft SQL Server 2012
サポート対象プラットフォーム
7.5

次の製品のサポートを終了

  • Internet Explorer 11
  • PostgreSQL 9.5
  • Microsoft SQL Server 2014
サポート対象プラットフォーム
7.6変更なしサポート対象プラットフォーム
7.7変更なしサポート対象プラットフォーム
7.8変更なしサポート対象プラットフォーム

Confluence の古いバージョンからのアップグレードを行う予定で、サポート対象プラットフォームに共通のものがない場合、現在のプラットフォームのバージョンと次のものの両方をサポートする中間バージョン経由でのアップグレードが必要になる場合があります。たとえば、Oracle 11g で Confluence 5.4 を実行していて、Oracle 12c のみがサポートされる Confluence 6.x にアップグレードしたい場合、次のように、Oracle 11g と 12c の両方をサポートする Confluence 5.7 経由でのアップグレードを行う必要があります。

  1. Confluence を 5.7 にアップグレード
  2. Oracle を 12c にアップグレードして動作に問題がないことを確認
  3. Confluence を 6.x にアップグレード 

テクニカル アップグレード ノート

次の表はアップグレード ノートの概要です。アップグレード前にアップグレード ノートを個別に確認する必要があります。 

6.13
(LTS)

6.13 is a Long Term Support release. Learn more 
  • PDF エクスポートのスタイルが改善されました。一部の動作が変更されました。完全なアップグレード ノートをご確認ください。
  • Linux で AdoptOpenJDK を使用して Confluence を実行する場合の既知の問題があります。フォント構成パッケージのインストールが必要な場合があります。
  • 新しい「エンタープライズ規模の Confluence インスタンスでの AWS の推奨インフラストラクチャ」により、適切な環境を計画したり、現在のインスタンスがコンテンツおよびトラフィックのサイズに適しているかどうかを確認したりすることができます。
  • 6.13.6 では、オフィスでの編集機能 (Confluence 6.11 で Companion アプリによって置き換え) を再有効化するためのシステム プロパティが追加されました。

アップグレード ノート
6.14
  • 新しいユーザーが初めてログインするときに、プロフィール写真をアップロードしたり、スペースをウォッチしたりする必要がなくなりました。
  • 新しいスケジュール ジョブは、CONFANCESTORS テーブルの問題を日次で確認します。
アップグレード ノート
6.15
  • "リンクの共有" ブループリントでは、URL をホワイトリストに登録する必要があります。
  • Wiki マークアップは検索結果でレンダリングされなくなります
アップグレード ノート
7.0
  • Synchrony テーブルはアップグレード中に切り捨てられます。このアップグレード タスクの実行には時間がかかる場合があります。
  • サポート対象外の CDN ダーク機能が削除されました。
  • 多数のマクロとガジェットのサポートを終了し、それらをマクロ ブラウザから削除しました。
  • Configuring a mail server in the Confluence distribution has changed.
アップグレード ノート
7.1
  • Java 11 ではいくつかの Java 8 引数が認識されません。Java 11 への切り替えを予定している場合、起動時の問題を回避するために、ファイルまたは Java オプションをコピーして置き換えるのではなく、カスタマイズを手動で適用してくださお。  
  • スペース一覧マクロは既定で現在のスペースのみを表示するようになりました。
アップグレード ノート
7.2
  • チャート マクロにサイズ制限を追加しました。
  • MySQL 8 へのアップグレードを計画している場合、データベース ドライバを切り替える必要があります。
アップグレード ノート
7.3
  • ページ ツリーに最初に表示するページの数が制限されるようになりました。
  • Companion アプリ 0.6.2 以前は Confluence 7.3 では機能しません。1.0.0 にアップグレードしてください。
  • Java 11 がインストーラーで使用できるようにバンドルされるようになりました。
アップグレード ノート
7.4

  • 複雑な外部ディレクトリ セットアップを使用するサイトに影響する、権限の点検機能のいくつかの問題を解決しました。

アップグレード ノート
7.5
  • 既存の監査ログ イベントはアップグレード時に移行されます。詳細情報
  • ページ プロパティ レポート マクロは現在 500 ページに制限されています。
  • Word からのインポートで最大ファイル サイズを設定できるようになりました。
  • 共同編集の制限モードが削除されました。
  • JavaMail is now JakartaMail. This changes how you configure your mail server in the Confluence distribution.
アップグレード ノート
7.6
  • Change to the URL the mobile app login compatibility check uses. You may need to update your firewall or load balancer.
アップグレード ノート
7.7
  • ライセンス アップグレードの一環である、Data Center アプリの新しいチェック機能

  • New system properties for audit log, page properties report, and drop shadow image effect.
アップグレード ノート
7.8
  • You can't upgrade to 7.8.0 directly if you use the H2 database

  • Word and Excel conversion now handled by the external process pool

  • Allowlist and blocklist replace whitelist and blacklist in the Confluence UI

アップグレード ノート

プロキシまたは SSL、またはその両方での共同編集

共同編集は、リアルタイムでデータを同期する Synchrony によって動作しています。Synchrony は Confluence Server が別のプロセスとして実行し、Confluence が自動的に管理します。通常の状態では、管理者による手動の管理は不要です。

ただし、プロキシ構成への変更が必要な場合があります。Confluence 6.1 では大幅な改善が行われているため、共同編集を利用する場合はこのバージョン以降にアップグレードすることをおすすめします。 

Confluence 6.0 へのアップグレード...

共同編集を実装する準備が整っている場合、6.1.0 以降にアップグレードすることをおすすめします。6.1 では、プロキシや SSL を利用している環境で Synchrony を簡単に構成できる大幅な変更が行われています。

6.0.x へのアップグレードを検討している場合:

Confluence 6.1 以降へのアップグレード...

プロキシと SSL の考慮事項」を参照して、リバース プロキシや SSL 構成に変更が必要かどうかを確認します。さまざまな構成を利用できますが、プロキシ構成への変更が必要になるのは、そのうちのいくつかのもののみです。

問題が発生する場合は、「共同編集のトラブルシューティング」をご参照ください。


今すぐアップグレード



アップグレード パス

6.0 以降からのアップグレード

任意のタイミングで、7.x 以降のお好きなバージョンにアップグレードしていただけます。互換性や移行の準備については、上記のアップグレード ノートをご参照ください。

以下の表を使用して、現在のバージョンから最新バージョンの Confluence への最も効率的なアップグレード パスを決定します。

ご利用のバージョン

Confluence 7 への推奨アップグレードパス

2.7 以前2.7.4 へアップグレードした後、3.5.17 へアップグレードし、以降のパスに従います。
2.8 〜 3.43.5.17 にアップグレードし、以降のパスに従います。
3.5

5.0.3 にアップグレードし、以降のパスに従います。

4.0 〜 4.3 

5.10.x にアップグレードし、以降のパスに従います。

5.0 〜 7.xConfluence 7 の最新バージョンに直接アップグレードします。

(warning) 開始する前に、Confluence のアップグレードのすべての手順を実行済みであることを確認します。Confluence 7.x はメジャー アップグレードのため、完全なバックアップを作成して、本番サイトのアップグレードを行う前に非本番環境でのアップグレード テストを行うことが重要です。



tip/resting Created with Sketch.

アップグレード後のチェックリスト

Confluence インストールのアップグレードに必要な手順が完了したら、「Confluence のアップグレード後のチェックリスト」のすべての項目を確認し、すべてが期待どおりに動作していることを確認します。適切に動作していない機能がある場合、アップグレード ガイドで Confluence の既知の問題を確認し、記載内容に従ってアップグレードのトラブルシューティングを行います。

最終更新日 2019 年 9 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.