Confluence Data Center をアップグレードする

このページでは既存の Confluence クラスタのアップグレードについて説明します。

Confluence の既存のクラスタ化インスタンスをまだ実行していない場合は、Confluence Data Center への移行を参照してください。

このガイドでは以下の用語について説明します:

  • インストール ディレクトリ - 各ノードに Confluence をインストールしたディレクトリ。
  • ローカルのホームディレクトリ - 各ノードのホームディレクトリまたはデータディレクトリ(クラスタ化されていないディレクトリ。 Confluence では、単にホームディレクトリと呼ばれます) 。
  • 共有ホームディレクトリ - クラスタの同一パスを経由してすべてのノードにアクセス可能なディレクトリ。Confluence 5.4 またはそれ以前バージョンからのアップグレードの場合は、アップグレードの一環としてこのディレクトリを作成します。  
  • Synchrony ディレクトリ - これは Synchrony をダウンロードしたディレクトリ(confluence ノードや独自のノード上にあります)です。


現在 Confluence Server をお使いの場合は、Confluence Data Center のメリットについてご確認ください。

このページの内容:

1. バックアップ

アップグレードを実行する前に、Confluence ホームディレクトリ、インストール ディレクトリ、およびデータベースのバックアップを取っておくことを強く推奨します。

バックアップを取るべき具体的なファイルとディレクトリについては、Confluence のアップグレードを参照してください。

2. クラスタの停止

アップグレードを開始する前に、クラスタ内のすべてのノードを停止する必要があります。 

アップグレードがすべてのノードで完了するまでは、ロードバランサーの設定を Confluence からトラフィックをリダイレクトするようにしておくことをお勧めします。

3.1 つ目のノードをアップグレードする

1 つ目のノードをアップグレードするには:

  1. ディレクトリ(新しいインストールディレクトリ。既存のインストール ディレクトリとは異なる必要があります)にファイルを抽出(解凍)する
  2. <Installation-Directory>\confluence\WEB-INF\classes\confluence-init.properties  ファイルで次の行を更新し、対象のノードの既存のローカル ホーム ディレクトリを指すようにします。
  3. 既存の Confluence インストール ディレクトリから新しいインストール ディレクトリの confluence/WEB-INF/lib に、jdbc ドライバの jar ファイルをコピーします。
    jdbc ドライバは <Install-Directory>/common/lib または <Installation-Directory>/confluence/WEB-INF/lib ディレクトリにあります。 
  4. その他の必要なカスタマイズを旧バージョンから新バージョンに直ちにコピーします(Confluence をデフォルトのポートで実行していない場合、または外部でユーザーを管理している場合、関連ファイルをアップデートおよびコピーする必要があります - 詳細はConfluence を手動でアップグレードするを参照してください)。
  5. Confluence を起動し、次のステップに進む前に、ログインできるか、ページを閲覧できるか、確認してください。この時点ではページを編集しようとしないでください。 

残りのノードをアップグレードする前に、この時点で旧バージョンから新バージョンへ追加のカスタマイズも再適用してください。

4.Synchrony のセットアップまたはアップグレード

Confluence 5.x から Confluence 6.x へ初めてアップグレードするときには、次のように Synchrony ノードをセットアップする必要があります。 

Synchrony クラスタのセットアップ...

 

この例では、独自のクラスタで Synchrony を実行していると仮定します。
 
  1. Grab the <install-directory>/bin/synchrony directory from your first Confluence node and move it to your Synchrony node.  We'll call this your <synchrony-home> directory.
  2. Copy synchrony-standalone.jar from your Confluence local home directory to your <synchrony-home> directory. 
  3. Copy your database driver from your Confluence <install-directory>/confluence/web-inf/lib to your <synchrony-home> directory or other appropriate location on your Synchrony node.
  4. Edit the <synchrony-home>/start-synchrony.sh or start-synchrony.bat file and enter details for the parameters listed under Configure parameters.
    See Configuring Synchrony for Data Center for more information on the required parameters and some and optional properties that you can also choose to specify.
  5. Start Confluence then head to 
    http://<SERVER_IP>:<SYNCHRONY_PORT>/synchrony/heartbeat
    to check that Synchrony is available
  6. Copy your <synchrony-home> directory to each Synchrony node. As each node joins you'll see something like this in your console.

    Members [2] {
    	Member [172.22.52.12]:5701
    	Member [172.22.49.34]:5701 
    }
    
  7. Synchrony 用にロード バランサを設定します。
    ロード バランサは WebSockets (例: NGINX 1.3 以降、Apache httpd 2.4、IIS 8.0 以降) をサポートする必要があります。Synchrony が Web ブラウザからの XHR リクエストを承認できるよう、ロード バランサで SSL 接続をターミネートする必要があります。 

既に Confluence 6.x を実行している場合は、Synchrony ノードをアップグレードする必要があります。

  1. Grab the new synchrony-standalone.jar from the <local-home> directory on your upgraded Confluence node.
  2. 新しい synchrony-standalone.jar をそれぞれの Synchrony ノードにコピーして通常どおり Synchrony を起動します。 

5. ノード 1 で Confluence を開始する

この例では、「Data Center 用の Synchrony の設定」に示すように、Synchrony と Confluence に同じロード バランサを使用していると想定しています。

  1. ノード 1 で Confluence を起動し、次のシステム プロパティを Confluence に渡して Synchrony クラスタの場所を Confluence に伝えます。

    -Dsynchrony.service.url=http://<synchrony load balancer url>/synchrony/v1

    For example http://yoursite.example.com/synchrony/v1. You must include /v1 on the end of the URL.

    Synchrony がロード バランサを使用しない単体のノードとして設定されている場合、代わりに以下を使用します。

    -Dsynchrony.service.url=http://<synchrony ip or hostname>:<synchrony port>/synchrony/v1

    For example http://42.42.42.42:8091/synchrony/v1 or http://synchrony.example.com:8091/synchrony/v1

    You may want to add this system property to your <install-directory>/bin/setenv.sh or setenv.bat so it is automatically passed every time you start Confluence. See Configuring System Properties for more information on how to do this in your environment.

  2.  > [一般設定] > [共同編集] に移動し、この Confluence ノードが Synchrony に接続できることを確認します。

    注: コンテンツの作成をテストするには、ロード バランサ経由で Confluence にアクセスする必要があります。ノードに直接アクセスする場合、ページを作成または編集することはできません。

6.Confluence を残りのノードにコピーする

次は、アップグレードした Confluence ディレクトリをクラスタ内の他のノードに複製します。  

  1. Confluence を 1 つ目のノードで停止します。
  2. 1 つ目のノードから次のノードに、インストール ディレクトリとローカル ホーム ディレクトリをコピーします。
    ローカルのホーム ディレクトリへのパスが別のノードにある場合、confluence-init.properties を編集して適切な場所を指すようにします。 
  3. Confluence を起動し、このノードでログインできるか、ページを閲覧できるかを確認してください。
  4. 次のノードに進む前に、このノードで Confluence を停止します。 

残りの各ノードに対し、同様のプロセスを繰り返します。 

7.Confluence を起動し、クラスタ接続を確認する 

一旦すべてのノードをアップグレードし終わったら、各ノードで Confluence Data Center を 1 つずつ起動してください(複数のノードで同時に起動すると、深刻な障害を引き起こすおそれがあります)。

クラスタ監視コンソール ( > [一般設定] > [クラスタリング]) では、アクティブなクラスタ ノードについての情報を参照できます。クラスタが正しく実行されている場合、各ノードの詳細を見ることができます。 

最終更新日 2018 年 9 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.