Confluence 評価版から実稼働インストールまで

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Confluence を評価版で試し、準備が整ったら本番環境の利用を開始したいときは?このページではおおまかな手順を説明します。

仮定 :

  • このページでは、Confluence サイトから評価版をインストールする方法から説明を開始します。Confluence の評価が既に終わっている場合は、ステップ 1 から 3 をスキップして次にお進みください。
  • インストールする本番環境用 Confluence はインストール版 Confluence です。Confluence クラウドではありません
  • Confluence クラウドでは出来ませんが、インストール版では Confluence の評価も行えます。

Confluence の評価のために Confluence Cloud をご利用中の場合は、「Confluence Cloud から Confluence サーバーへの移行」を参照してインストール版に移行してください。

ステップ 1. 評価版 Confluence サイトのセットアップ

すでに評価用 Confluence サイトをセットアップ済みの場合、このステップをスキップして次にお進みください。

インストールとセットアップ手順の概要は以下の通りです。データーベースの選択に重点を置いています。

Confluence をインストールする:

  1. Confluence ダウンロードサイトから自動インストーラーをダウンロードします。
    注意:評価用に Mac 等他のサポート対象ではないプラットフォームをご利用の場合は、ZIP ファイルからインストールする必要があります。詳細はフル インストール ガイドを参照してください。
  2. インストーラーを実行し、Express インストールまたは Custom インストールを選択します。よくわからない場合はExpress インストールを選択してください。
    • Express オプションを選択すると、Confluence がデフォルト設定の状態でインストールされます。
    • Custom オプションを選択すると、Confluence インストール先ディレクトリ、ホーム(データ)ディレクトリ、ポート、その他のオプションを選択できます。
  3. プロンプトを実行したら、セットアップを行うブラウザで Confluence を開くオプションを選択します。

データベースを含む Confluence のセットアップを行う:

  1. ブラウザのセットアップウィザードのプロンプトにしたがって、Confluence ライセンスを取得します。
  2. インストール種別をトライアル用または本番環境用から選択します。よくわからない場合は、トライアル用インストールを選択してください。
    • トライアル用オプションを選択すると、デフォルト設定の Confluence が、自動的にセットアップされる組み込みデータベースと共にインストールされます。Confluence を本番環境で実行する前に、外部データベースに移行する必要があります(詳細情報については以下を参照してください)。 

ステップ 2.評価サイトにユーザーとコンテンツを追加

すでに Confluence の評価を終了している場合、このステップをスキップして次にお進みください。

Confluence セットアップ中の選択内容によって、評価サイトにサンプルコンテンツが表示されます。サンプルページ、ブログの投稿、添付ファイルは「デモンストレーション スペース」に表示されます。このスペースは、以下の条件で表示されます。

  • 「トライアルのインストール」を選択します。
  • あるいは「本番環境用インストール」を選択し、続けて「サンプルサイト」を選択をする。

サンプルコンテンツはアップデート可能です。また、ご自身で作成して追加することも可能です。また、皆を招待してサイトに参加させることもできます。

本番環境サイトに移動するときは、新しいサイトにコピーするコンテンツとユーザーを選択できます。

評価サイトにコンテンツを作成:

  • スペース > スペースの作成を選択し、スペースを追加します。スペースはライブラリページのような機能になります。
  • 作成を選択し、ページと投稿ブログを追加します。

ユーザーを追加する方法: 歯車アイコンを選択してから、[ユーザー管理] を選択します。

ステップ 3.興味のあるアドオンを評価用に探す

すでに Confluence の評価を終了している場合、このステップをスキップして次にお進みください。

アドオンはプラグインとも呼ばれ、ご利用の Confuence サイトの機能を拡張させます。中には無料の機能もあります。多くの業務用アドオンは評価期間中、無料でご利用になれます。

Atlassian Marketplaceを検索し、アドオンをダウンロードできます。アドオンは、Atlassian Marketplace にアクセスできる Confluence インターフェースからも検索できます。

Confluence ユーザーインターフェースから便利なアドオンを検索:

  1. 歯車アイコン を選択し、[アドオン] を選択します。
  2. 新しいアドオンを検索を選択します。

ステップ 4.本番環境用 Confluence サイトのセットアップ

評価用サイトから本番環境用サイトへの移動の準備が整ったら、本番環境用のデータベースへの移行が必要になります。新しいデータベースを使用した新しい Confluence をインストールし、Confluenceを構築し、評価用サイトから新しいサイトへデータをコピーします。また、重要な構成設定を確認し、バックアップストラテジーを定義する必要があります。下記の指示にしたがって必要なステップを進めてください。

データを本番環境用データベースに移行:

  1. 信頼性とバックアップ性を重視し、データベースを慎重に選択します。サポート対象のデータベース を参照してください。何を選択すればよいかよくわからない場合は、PostgreSQL の選択を推奨します。
  2. 他のデータベースへの移行ガイドを参照しながら、新しいデータベースと Confluence サイトをインストールします。 ガイドでは以下のステップを説明しています:
    • データベースサーバーのセットアップ
    • ご利用のデータベースサーバーに Confluence データベース(スキーマ)を追加
    • 本番環境として準備の整った新しい Confluence サイトのインストール
    • Confluence データを評価用サイトから新しい本番環境用サイトへコピー

重要な configuration オプションをご利用の本番環境サイトに設定:

バックアップ ストラテジーを定義:

デフォルトでは、Confluence はコンテンツとユーザーデータの XML バックアップを日次で作成します。 Confluence の評価時はこの設定が適しています。本番環境サイトに移動した場合は、もっと堅牢なバックアップ プロシージャと技術が必要です。本番環境バックアップ ストラテジーを参照してください。

最終更新日 2018 年 5 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.