バックアップの設定

Confluence automatically backs up your data daily at 2:00am, by performing a full site export.  The zipped  xml backup file is stored in the backups directory of your Confluence Home directory

The default naming convention for the backup files is 'backup-yyyy_MM_dd'. Confluence can write backups to both local and mapped network drives.

このページの内容:

選択可:

  • バックアップの命名形式を変更する。
  • 添付ファイルをバックアップに含めるまたは除外する。
  • 別の時間に実行されるよう、自動バックアップのスケジュールを変更する
  • バックアップ ファイルを別の場所に保存する (このオプションは既定では無効化されています。有効化する方法については以下を参照してください。) 

自動バックアップを設定するには、システム管理者グローバル権限が必要です。 


本番環境サイトでは、自動バックアップに依存せず、データベース、インストール ディレクトリ、およびホーム ディレクトリを手動でバックアップすることを強くお勧めします。

詳細は、「本番環境バックアップ ストラテジー」を参照してください。 

If you're running Confluence Data Center the default backup path will be <shared-home>/backups. You can find the location of your shared home in the confluence.cfg.xml file, look for the confluence.cluster.home property. 

自動バックアップの設定

Confluence バックアップを設定する手順

  1.  > [一般設定] > [バックアップ管理] に移動します。 
  2. 編集 を選択して、以下を実行します。
    • バックアップ ファイル名のプレフィックスを変更します。
    • 別の日付形式を使用します (「simple date format」に記載されている構文を使用してください)。
    • バックアップに添付ファイルを含めるか除外するかを選択します (既定では添付ファイルが含まれます)。
    • カスタムの場所にバックアップ を保存するよう選択します (この操作は既定では無効化されています。以下の「バックアップ パス設定の有効化」を参照)。
  3. 変更を保存します。

 

バックアップパス設定の有効化 

セキュリティ上の理由により、Confluence 管理コンソールからバックアップ ファイルの場所を変更する機能は既定で無効に設定されます。 

カスタム バックアップ パスを有効にするには:

  1. Confluence を停止します。 
  2. <confluence-home>/confluence.cfg.xml ファイルを編集します。 
  3. 次のプロパティの値を true に変更します。

    <property name="admin.ui.allow.daily.backup.custom.location">true</property>
  4. Confluence を再起動して変更内容を反映します。  
  5.  > [一般設定] > [バックアップ管理] へ移動して新しいパスを入力します。


ディレクトリは、ローカルドライブまたはマウントされたネットワークドライブ上のいずれかにする必要があります。マウントされたドライブが、仮想マシンイメージではなく、物理サーバー上にあることを確認してください。 

Confluence を新しいサーバーへ移行したり、アーキテクチャを変更した場合は、このパスを更新する必要があります。カスタム パスを有効化した場合、ホーム ディレクトリの場所を変更しても、バックアップ ファイル パスは自動更新されません。  

自動バックアップを無効化する

適切な本番バックアップ ストラテジーがある場合、ディスク容量を節約するため、自動バックアップを無効化する場合があります。 

自動バックアップを完全に無効化するには:

  1.  > [一般設定] > [スケジュール ジョブ] に移動します。
  2. [Confluence のバックアップ] ジョブの横にある [無効化] を選択します。

バックアップ スケジュールの変更

バックアップの頻度を変更、またはバックアップの 1 日での実行回数を変更するには:

  1.  > [一般設定] > [スケジュール ジョブ] に移動します。
  2. Confluence のバックアップ ジョブの隣にある 編集 を選択します。
  3. Cron 式を使用して、新しいスケジュールを入力します。 

スケジュールされたジョブに使用されるタイムゾーンは Confluence が実行されているサーバーから取得されます。 > [一般設定] > [システム情報] へ移動して、[システム時刻] を確認します。 

手動バックアップの設定

1 回限りのバックアップが必要な場合は、サイトのエクスポートを手動で実行できます。詳細は、「手動でサイトをバックアップする」を参照してください。 

これらのファイルは自動バックアップと同じ場所ではなく、temp ディレクトリに保存されます。<Confluence-home>/temp ディレクトリの場所を変更して、ZIP 圧縮された XML ファイルの場所を変更できます。この方法の詳細については、「Confluence ホームとその他の重要なディレクトリ」を参照してください。 

最終更新日 2018 年 9 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.