Confluence Data Center の制限付き機能

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Confluence Data Center では、一部の機能が無効化または制限されています。これは、クラスターの整合性とパフォーマンスを確保するためです。 

現在、制限されている機能は、以下のとおりです。

制限される機能 Data Center の状況 説明

ワークボックス プラグイン


5.7 から利用可能

ワークボックス は、Confluence ページのウォッチ、共有、メンションから収集された通知を表示します。この機能は、クラスタ全体で通知を正しく処理するために、Confluence Data Center 5.6 では無効になっています。

無効になっているプラグインには、ワークボックス共通プラグイン、ワークボックス Jira プロバイダ プラグイン、ワークボックス Confluence プロバイダ プラグイン、ワークボックス ホスト プラグインが含まれます。これらのプラグインをユニバーサル プラグイン マネージャーで有効にすることはできません。

Confluence クイック リロード プラグイン


5.6.3 から利用可能

クイック リロード機能は、現在表示しているページに新しいコメントが追加されると、ユーザーにそのことを通知します。

この機能は、パフォーマンス上の理由から、Confluence Data Center 5.6 および 5.6.1 で無効になっています。Confluence クイック リロード プラグインをユニバーサル プラグイン マネージャーで有効にすることはできません。

See CONF-34680 - Getting issue details... STATUS for more info.

アプリケーション リンク認証:

  • 基本的なアクセス(HTTP)
  • 信頼できるアプリケーション

制限

他のアプリケーション(たとえば、Jira)への アプリケーション リンク を作成する場合、基本 HTTP 認証や信頼されたアプリケーション認証は、Confluence Data Center ではサポートされません。

すべてのアプリケーションのリンクは、クラスタ内の OAuth 認証を使用する必要があります。

Confluence 使用状況統計プラグイン

無効
Confluence 使用状況統計プラグインは、スペースのスペース アクティビティ情報(統計)を提供します。この機能は Confluence サーバーでは既定で無効になっており、Confluence Data Center で有効にするべきではありません。
スケジュール設定されたジョブの履歴とステータス
制限

Confluence Data Center 管理コンソールのスケジュール設定されたジョブ ページで、各ジョブの最終実行時間や履歴にアクセスすることはできません。また、このページは各ジョブの設定状態(スケジュール設定済みまたは無効)だけを表示し、ジョブが進行中であるかどうかは表示しません。

既定でログイン情報を記憶する
制限

ユーザーがノード間をシームレスに移動できるようにするため、ログイン ページのログイン情報の記憶機能が既定で有効になっていて表示されない点にご注意ください。cluster.login.rememberme.enabled システム プロパティを使用して既定設定を上書きし、チェックボックスを表示できます。これにより、現在のノードが利用できない場合、他のノードにログインするようユーザーに促すプロンプトが表示されます。

最終更新日 2018 年 3 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.