ページの作業のために WebDAV クライアントを利用する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Finder (OS X)、エクスプローラ (Windows)、Dolphin (Linux) などのファイルマネージャー、または CyberDuck などの他の WebDav 互換ローカルクライアントを使用して Confluence でページや添付ファイルの作成、移動、削除を行います。

たとえば、多くのページを削除する必要がある場合、ブラウザで 1 ページずつ削除する代わりに、ローカルのファイルマネージャー (Finder やエクスプローラなど) で一括削除できます。

ネイティブクライアントを介した Confluence へのアクセスは、WebDav プラグインによって提供されます。管理者が WebDav プラグインを無効にしている場合や、ローカルクライアントを使用して実行できるアクションを制限している場合があります。設定方法の詳細は、「WebDAV クライアントを Confluence 用に設定する」を参照してください。

ネイティブクライアントでのページとファイルの管理

一括操作を実行する場合、ネイティブクライアントを介して Confluence にアクセスすると便利です。様々な物の作成や移動ができるようになる前に、コンテンツの編成方法を理解しておくことは有益です。

ファイルシステム内の階層は次のようになっています。

  • スペースのタイプ (グローバルまたはパーソナル)
    • スペース (フォルダー名はスペースキーです)
      • ホームページ (および他のトップレベルのページ)
        • 子ページ (フォルダー名はページの名前です)
          • 添付ファイル (添付ファイルのファイル名)

基本的にファイル構造はスペースのページツリーと同じです。以下は、Finder での Confluence デモンストレーションスペースの外観です。

  1. Space Key
  2. Page title
  3. 添付ファイル

以下は、ブラウザよりもローカルクライアントでの実行を選択する場合もある操作です。

  • ページを別のスペースに移動
    ページフォルダーを選択して、フォルダーを他のスペースのフォルダーにドラッグします (スペース A からスペース B にドラッグ)。
  • 複数のページの削除
    削除するページフォルダーをすべて選択して、削除します。
  • 複数の添付ファイルをページから削除
    ページフォルダーに移動して、削除する添付ファイルを選択し、削除します。
  • 複数の添付ファイルのアップロード
    ページフォルダーに移動して、フォルダーにファイルをドラッグします (挿入ダイアログからも、複数のファイルを添付できます)。  
最終更新日 2018 年 1 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.