ふりかえりブループリント

ふりかえりブループリントは、プロジェクトの後か、スプリントの終了時に、チームが経てきた成功と機会を追跡するのに役立ちます。うまくいった点や改善が必要な点を文書化するのに、このブループリントを使用し、将来に向けてアクションを割り当てます。

スペースで初めてふりかえりページを作成すると、Confluence によって自動的ンに「インデックス」ページ (スペース内のすべての振り返りがリストされるページ) が作成され、スペース サイドバーへショートカットが追加されます。

tip/resting Created with Sketch.

空白ページを素早く作成するには、ヘッダーの作成ボタンをクリックします。テンプレートからページを作成するには、テンプレートから作成ボタンをクリックします。


  1. 空白ページの作成
  2. テンプレートによる作成

ふりかえりブループリントを作成するには

  1. Confluence ヘッダーで [テンプレートから作成] を選択します。
  2. ふりかえり を選択し、次へをクリックします
  3. 参加者を追加し、必要に応じてタイトルを変更してから、[作成]をクリックします。
    ふりかえりダイアログ

スクリーンショット:「ふりかえり」テンプレート ページ



ふりかえりブループリントは、次の Confluence 機能を使用しています。

tip/resting Created with Sketch.

スプリントのふりかえりとデモ ページ (BOSS など) の作成記事で、ふりかえりブループリントの便利な使用方法についてご覧ください。

ブループリントのカスタマイズ

どのチームもふりかえりミーティングを違ったやり方で実施します。ふりかえりブループリント テンプレートをカスタマイズして、チームの文化や習慣に合わせることができます。以下のカスタマイズが可能です。以下のことが可能です。

  • 見出しと事前入力テキストを編集する
  • 説明テキストを追加して特定の情報を取り込む
  • セクションやコンテンツを追加する

詳細については、「ブループリント テンプレートをカスタマイズする」を参照してください。

最終更新日 2018 年 1 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.