アドオンやプラグインを管理する

アドオンは個別にインストールされるコンポーネントで Conflunece に機能を提供します。 「プラグイン」と「アドオン」 の用語は時に同じ意味で使用されます。 

アドオン主に2つの種類があります:

  • システムアドオン - これらは、Confluence にバンドルされており、コア機能を提供します。 
  • ユーザがインストールしたアドオン - これらは通常マーケットプレースからダウンロードされ、 Atlassian またはサードパーティの開発者によって作成さたものとなります。 

 独自の Confluence 用アドオンの開発については、「Confluence Server 開発者向け ドキュメント」を参照してください。

ユニバーサル プラグイン マネージャー(UPM)

アドオンは、Universal Plugin Manager (UPM) で管理されています。UPMはほとんどの Atlassian アプリケーションに含まれ、アドオンを管理するための一元的なエクスペリエンスを提供します。UPM にアクセスするには Confluence ヘッダーにある  > [アドオン] に移動します。

UPM では以下のことが可能です :

  • 新しいアドオンの検索とインストールを Atlassian Marketplace で行う
  • アドオンのインストールまたは削除
  • アドオンの設定
  • アドオンとそのコンポーネント モジュールの 有効化または無効化
  • Coonfluence をアップグレードする前のアドオンの互換性の確認 

UPM にアクセスするには、Confluence 管理者権限が必要です。ユーザーがアドオンを見つけてリクエストする方法の詳細は、アドオンのリクエスト を参照してください。 

UPMの利用の詳細についてはユニバーサルプラグインマネージャーのドキュメントをご覧ください。 

アドオンの無効化とアンインストール

ユーザーがインストールしたアドオンで使用されていないものを、有効化、無効化、または削除できます。この方法については「アプリの無効化と有効化」をご覧ください。

アドオンを無効にすると、その機能はすぐに使用できなくなります。アドオンにマクロが含まれている場合、それらのマクロを含むページに「不明なマクロ」エラーが表示されます。これを回避するには、アドオンを無効にする前に、マクロの使用状況統計を確認して、サイトで使用されているマクロを確認します。

 > [一般設定] > [マクロ使用状況] に移動します。


最終更新日 2019 年 6 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.