マクロ

このページの内容

このセクションの項目

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

マクロは、Confluence ページの機能の拡張に役立ちます。マクロを使用することで、別の機能を追加したり、動的コンテンツを組み込んだりすることができます。例えば、添付ファイル マクロを使用すると、ページに添付されたファイルをリストすることができます。また、ウィジェット コネクタマクロを使用すると、YouTube ビデオや Twitter フィードのようなものを組み込むことができます。

マクロをページに追加する

マクロブラウザを使用してマクロを組み込む

ページにマクロを追加するには:

  1. エディタのツールバーで、[挿入] > [その他のマクロ] を選択します。
  2. 対象のマクロを見つけて、選択します。

オートコンプリートを活用して素早く入力: {」とマクロ名の先頭を入力すると、マクロ候補の一覧が表示されます。この例では、cheese マクロを挿入します。

既存のマクロを編集する方法: マクロのプレースホルダをクリックして、[編集] を選択します。これによりマクロの詳細を開き、マクロのパラメーターを編集できます。

このページの内容:

マクロ パラメータ

多くのマクロには、マクロの出力の制御に使用できるオプションのパラメーターがあります。

例えば、添付ファイルマクロにはオプションのパラメーターが2つあり、次のことが可能です。

  • 表示される添付ファイルのファイル形式の指定
  • 表示される添付ファイルの旧バージョンが必要かどうかを選択

マクロ プレースホルダー

マクロ プレースホルダーはエディタ内に表示され、ページにマクロを追加した場所を示します。

ページの編集時に次の操作が可能です。

  • マクロ プレースホルダーをダブルクリックして (またはプレースホルダーをクリックして編集を選択)、マクロ ダイアログウィンドウを開き、マクロのパラメータを編集する
  • マクロ プレースホルダーを選択して、マクロのカット、コピー、貼り付けを実行する

Confluence のマクロ

以下は、Confluence に現在バンドルされているマクロの一覧です。マクロ名をクリックすると、オプションのパラメーターや例など、使用方法の詳細が表示されます。

独自のマクロを作成する

システム管理者権限のあるユーザーはユーザーマクロを作成できます。「ユーザーマクロの記述」を参照してください。

さらに複雑なものを作成したい場合は、独自のプラグインを開発できます。「Confluence プラグインの記述」を参照してください。

Marketplace から他のマクロを取得する

Marketplaceには、アトラシアンやサードパーティの多種多様なマクロがあります。アドオンとして配布されており、Confluence 管理者がインストールできます。

マクロ使用率の統計

Confluence 管理者はサイト内でのマクロの使用頻度を確認できます。

マクロの使用頻度を確認するには、 > [一般設定] > [マクロ使用率] を参照してください。これは、現在のスペース内での各マクロの使用頻度の一覧を示します (アーカイブされたスペースのページで使用されるマクロや、無効なアドオンによって提供されるマクロは含みません)。

最終更新日 2018 年 1 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.