HTML インクルードマクロ

マクロ

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

HTML インクルードマクロを使用すると、Confluence ページに外部 HTML ファイル(ウェブページ)のコンテンツをインクルードできます。

HTML マクロは既定値では無効になっています。

このマクロは、管理者によって有効化されている場合にのみ利用可能です。このマクロを有効にすると、Confluence サイトがクロスサイトスクリプティング攻撃に対して脆弱になります。

HTML インクルードマクロを使用する

ページに HTML インクルードマクロを挿入する方法

  1. エディタのツールバーで、[挿入] > [その他のマクロ] を選択します。
  2. 対象のマクロを見つけて、選択します。

オートコンプリートを活用して素早く入力: {」とマクロ名の先頭を入力すると、マクロ候補の一覧が表示されます。この例では、cheese マクロを挿入します。

既存のマクロを編集する方法: マクロのプレースホルダをクリックして、[編集] を選択します。これによりマクロの詳細を開き、マクロのパラメーターを編集できます。

パラメータ

パラメータは、マクロ出力の内容や形式を制御するために設定するオプションです。Confluence の保存形式または wiki マークアップで使用されるパラメータ名がマクロ ブラウザで使用されるラベルと異なる場合、以下の一覧に括弧付きで表示されます (example)。

パラメータ 必須 既定 説明
HTML ページの URL
(url
はい なし インクルードするページの URL。

HTML インクルードマクロを有効化する

HTML インクルードマクロは既定値では無効になっています。このマクロを有効化するには、Confluence 管理者権限またはシステム管理者権限が必要です。

(warning) このマクロを有効にすると、Confluence サイトがクロスサイトスクリプティング攻撃に対して脆弱になります。すべてのユーザーがこの攻撃を試みない確信がある場合のみ、このマクロを有効化してください。セルフサインアップ、または匿名ユーザーのコンテンツ作成を許可している場合、このマクロは無効化したままにしておくことを強くおすすめします。

HTML インクルードマクロを有効化するには:

  1. > [アドオン] に進みます。

  2. ドロップダウンからシステム を選択し、Confluence HTML マクロ アドオンを検索します。
  3. アドオンを展開し、html-include (html-include-xhtml)モジュールを有効化します。

管理者はwhitelistの使用を選択し、HTML インクルードマクロに表示される URL を制限することもできます。

トラブルシューティング

  • 管理者は信頼できる URL の whitelistを定義できます。URL が whitelist にない場合、HTML インクルードマクロがエラーメッセージを表示します。
  • You can only use the HTML Include macro for pages with absolute links. If you use the macro to include an HTML page that has relative links, you will see a 'Page Not Found' error. See CONF-6567 - Getting issue details... STATUS .

Wiki マークアップの例

以下の例は、エディタ外部 (スペースのサイドバー、ヘッダー、フッターのカスタム コンテンツなど) でマクロを追加する場合に便利です。

マクロ名: html-include

マクロ本体: なし。

{html-include:url=http://www.example.com}

最終更新日 2019 年 6 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.