Jira レポート ブループリント

JIRA レポート ブループリントを使用すると、JIRAソフトウェアプロジェクトやリリースの進捗状況を伝える、読みやすいレポートを作成できます。JIRA 課題一覧を生成する変更ログレポートか、進捗状況を視覚的に伝える図表を含んだステータスレポートのいずれかを選択できます。

スペースで初めて Jira レポート ブループリントを使用すると、Confluence によりインデックス ページが作成され、スペースのサイドバーにショートカットが追加されます (既定のテーマを使用している場合)。

tip/resting Created with Sketch.

空白ページを素早く作成するには、ヘッダーの作成ボタンをクリックします。テンプレートからページを作成するには、テンプレートから作成ボタンをクリックします。

  1. 空白ページの作成
  2. テンプレートによる作成

Jira レポート ブループリントを使用するには、Confluence と Jira アプリケーション (Jira Software など) がアプリケーション リンクを介して接続されている必要があります。

変更ログの作成

このページの内容:

変更ログ レポートには、JIRA アプリケーションの課題一覧が表示されます。このリストは静的にもできるし、JIRA における課題のステータスの変更を自動的に反映させることもできます。 

静的な変更ログを作成するには:

  1. Choose Create from template  in the Confluence header
  2. JIRA レポート を選択し、次へ をクリックします。
  3. [変更履歴] を選択し、[次へ]  を押します。
  4. 変更ログに必要な情報を入力し、 作成 を押します

レポート ページが作成され、サンプル テキストと、選択したプロジェクトや修正バージョンのすべての課題を課題タイプに応じて整理した一覧が表示されます。この課題一覧は静的です。課題が更新されても一覧は更新されず、Jira へのアクセス権や対象のプロジェクトの表示権限を持たないユーザーにも表示されます。 

スクリーンショット:シンプルモードで変更ログを作成する。

スクリーンショット: 変更履歴に表示される Jira 課題の静的な一覧。

動的な変更ログを作成する方法

  1. Choose Create from template  in the Confluence header
  2. JIRA レポート を選択し、次へ をクリックします。
  3. 変更ログ を選択し、 次へ を押します。
  4. 詳細設定に切り替え を選択します
  5. JQL クエリを入力するか、Jira 検索の URL に貼り付けます (JQL の使用については Jira ドキュメントをご参照ください)。
  6. 作成 を押します

サンプル テキスト、および課題を表示するように設定された Jira 課題マクロを含む、レポート ページが作成されます。マクロは動的で、課題の更新にあわせて更新されます。表示されている情報を変更する方法の詳細については、「 Jira 課題マクロ」を参照してください。  

スクリーンショット: 変更履歴に表示される Jira 課題の動的な一覧。


ステータス レポートの作成

ステータス レポートは、Jira プロジェクトや修正バージョンの進捗状況を、ステータス、優先度、コンポーネント、および課題タイプに応じて円グラフで表示します。ステータス レポートは Jira チャート マクロを使用し、動的です。 

ステータス レポートを作成する方法

  1. Choose Create from template  in the Confluence header
  2. JIRA レポート を選択し、次へ をクリックします。
  3. ステータス レポート を選択し、 次へ を押します
  4. レポートに必要な情報を入力し、作成 を押します

サンプル テキスト、および Jira グラフ マクロを使用した一連の円グラフを含む、レポート ページが作成されます。マクロは動的で、Jira の課題の更新にあわせて更新されます。詳細については、「Jira グラフ マクロ」を参照してください。 

変更ログと同様に、詳細モードに切り替えて、JQL を使用したり、Jira の URL を貼り付けて課題を検索したりして、レポートに表示できます。 

スクリーンショット:ステータス レポートからの抜粋。

このブループリントをカスタマイズする

このブルー プリントで使用されるテンプレートをカスタマイズできます。変更履歴は、スナップショット Jira レポート テンプレート (課題の静的な一覧) と動的な Jira レポート テンプレートを使用し、ステータス レポートはステータス レポート テンプレートを使用します。「ブループリント テンプレートをカスタマイズする」を参照してください。変数は Jira 課題マクロと Jira グラフ マクロを表します。これらのマクロは編集できませんが、ページ内で移動させたり、グラフをすべて含めたいわけではない場合は削除したりすることができます。

ページ テンプレート の編集を選択して、ページの書式設定や見出し、説明テキストを修正することも可能です。テンプレートでの説明テキスト使用の詳細については、説明テキストを参照してください。 


最終更新日 2018 年 1 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.