Confluence Server モバイル アプリ (ベータ版)

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

A native app for Confluence Server and Data Center is just around the corner.  

Our beta program has now ended

If you participated in the beta, thank you!  Your feedback was invaluable to us.

You can keep using the beta app for now, but to keep using the app long term you'll need to:

  • Upgrade your site to Confluence 6.8 once it's available
  • Update your app to version 1.x or later, once it's available in App or Play store.

Confluence をアップグレードせずにアプリをアップグレードしても、アプリは一時的に機能しますが、プッシュ通知などの新しい機能を利用することはできません。また、アプリでは必要な Confluence バージョンがあるかどうかが確認されるため、一度ログアウトすると再度ログインすることはできなくなります。

前提条件

Confluence 要件

ユーザーが Confluence Server アプリを試用するには以下を実行する必要があります。

  • ご利用の Confluence サイトを Confluence 6.5 以降にアップグレードする
  • Confluence Mobile プラグイン を手動でバージョン 2.0.3 以降に更新する
  • Confluence Inline Tasks プラグイン を手動でバージョン 7.3.0 以降に更新する
  • サイトで SSL を使用していること、および証明書が信頼できる認証局のものであることを確認する

Confluence Mobile プラグインと Confluence Inline Tasks プラグインはシステム アドオンで、Marketplace から入手できます。したがって、Confluence とは独立して更新可能です。これは最新の API にアクセスできることを確認するためであり、ベータ版でのみ必要です。  

デバイス要件

アプリケーションを使用するには、以下のいずれかのデバイスが必要です。

  • Android 4.4 (KitKat) 以降
  • iOS 11 以降 (iPhone、iPad または iPod Touch)

サイトが匿名ユーザーを許可している場合でも、アプリを使用するにはログインする必要があります。

ベータ版フェーズの完了後、ユーザーはアプリのアップデートを継続して受け取るために、このアプリを削除し、App Store または Play Store から最終版のアプリをインストールする必要があります。

アドオンの更新方法

Confluence 6.5 を稼働していて、Confluence Mobile プラグインの必要最小バージョン (2.0.3) または Confluence Inline Tasks プラグインの必要最小バージョン (7.3.0) を使用していない場合も、アプリは正常に動作します。 

これらのシステム アドオンを手動で更新する手順:

  1. Marketplace から各アドオンの最新バージョンをダウンロードします。
  2. Go to  > Add-ons.
  3. [アドオンのアップロード ] を選択して Marketplace からダウンロードした Confluence Mobile Plugin の JAR ファイルをアップロードします (または、URL フィールドに Marketplace からのダウンロード URL を入力することもできます)。
  4. Confluence Inline Tasks plugin の JAR ファイルに対してこのプロセスを繰り返します。 
  5. Confluence が上記にリストしたバージョンを実行していることを確認します。 

ベータ版フェーズの完了後、Confluence をもう一度アップグレードして、最終版の Confluene アプリと互換性のあるバージョンにする必要がある可能性があります。  

管理者向けの考慮事項

ユーザーがアプリを使用できるようにするかどうかを決定する際には、次のような点を考慮する必要があります。

VPN およびファイアウォール

パブリック インターネットから Confluence サイトにアクセスできない場合、ユーザーはデバイスをあなたのネットワークまたは仮想プライベート ネットワーク (VPN) に接続してアプリを使用する必要があります。

モバイル アプリが使用可能になったことをユーザーに知らせる際に、ご使用の VPN への接続方法をステップバイステップ方式で説明することをお勧めします。Atlassian サポートではこの接続方法に関するヘルプは提供できません。  

SSL が必須であること

アプリは HTTPS 接続のみを許可するため、アプリを使用するには SSL を使用するようにサイトを設定しておく必要があります。 

以下の場合はアプリにログインできません。

  • 自己署名証明書を使用している
  • 認証局 (CA) が未知であるか、Android または iOS が既定で信頼する認証局でない (まだ信頼されていない新しい CA、プライベート CA など)
  • 証明書チェーンに影響を与える中間 CA が証明書に含まれていない  

この問題の解決策については、ナレッジベースの記事を参照してください。 

クラウド サービス

現時点では、アプリはクラウド ベースのサービスを使用していません。今後、機能の追加に伴ってそのような変更がある場合には、別途情報をご提供します。 

ログインと認証

アプリは、外部ユーザー ディレクトリや SAML シングル サインオンなど、すべての一般的な Confluence ユーザー管理設定をサポートしています。サイトが匿名ユーザーを許可している場合でも、アプリを使用するにはログインする必要があります。  

モバイル デバイス管理 (MDM)

現時点では、モバイル デバイス管理 (MDM) またはアプリ管理ソリューションはサポートしていません。 

サード パーティのアドオンおよびデザインのカスタマイズ

このモバイル アプリは、ページの表示、作成、編集、およびページ上でのコラボレーションを簡単に実行する軽量な方法を提供します。このアプリでは、ブループリント、カレンダー、ワークフローなど、アドオンが提供する機能を含む複雑な対話方式の処理はできません。サード パーティがアドオンでマクロをモバイル向けにレンダリングしている場合、一部のサード パーティ製マクロを利用できる可能性があります。 

サイトで行ったテーマまたはルック アンド フィールのカスタマイズはアプリには反映されません。 

ベータ版の終了後に必要な措置

ベータ版プログラムが終了し、アプリが一般に利用可能になったら、ユーザーはデバイスからベータ版アプリを削除して、App Store または Play Store から最終版アプリをインストールする必要があります。これにより、引き続きアプリの更新を受け取ることがでます。  

最終版アプリで後続の Confluence バージョンが必要になる場合、その時点でご使用の Confluence サイトをアップグレードする必要が生じる可能性があります。 

アプリについて

Android 版 Confluence Server

どのような機能があり、アプリで何ができるかについて説明します。

  • ページの作成と編集
    顧客とやり取りしながら簡単なページを作成したり、既存ページの入力ミスを素早く修正したりすることができます。作成および編集機能により、どこにいても重要な作業を行うことが可能です。
  • 最も必要なときに通知
    メンション、コメントの返信、ページ共有、およびタスクが割り当てられたときに通知を受け取ることで、本当に必要な時に素早く対応できるようにします。
  • 外出先でもコラボレーション
    どこにいても、ページにコメントを追加して、作業を進めることができます。ページにいいね!を付けて支持を示したり、メールや他のアプリを介してページを共有します。
  • 素早く作業に戻る
    最近の作業タブを使用すると、最近表示したページを素早く見つけられます。昨日追加したミーティング議事録や、少し前に読んでいたブログ記事もあります。
  • 任意のスペースへアクセスし、ページ ツリーを使用して参照する
    スペースタブからは、自分のスペースや、サイト上の他のスペースにアクセスすることができます。スペースを選択し、使い慣れた Confluence ページ ツリーを使用して参照します。

アプリをさらに便利にするアイデアをお持ちであれば、ぜひ共有してください。みなさまからのフィードバックをお待ちしております。デバイスをシェイク (または[設定] > [フィードバック]へ移動) してご意見をお寄せください。

制限と既知の問題

  • 一部のページ マクロは、アプリやモバイル Web には表示されません。お使いのブラウザーでページを表示する (または、デバイスのフル デスクトップ モードに切り替える) 必要があります。
  • アプリはデバイスにプッシュ通知を送信しません。
  • 現時点では、アプリは画像およびファイルのアップロードに対応していません。 
  • アプリでは、(メールまたは他のアプリからの) Confluence ページへのリンクを自動的には開きません。

iOS 版 Confluence Server

iOS 版 Confluence Server は iPhone および iPad 向けのユニバーサル アプリのため、業務に最適なデバイスをお選びいただけます。ページを作成または編集するのに iPhone だと操作が難しい場合は、iPad に切り替え、大きな画面とキーボードを活用できます。また、iPad で分割ビューを使用し、他のアプリと並べて作業することもできます。

どのような機能があり、アプリで何ができるかについて説明します。

  • ページの作成と編集
    顧客とやり取りしながら簡単なページを作成したり、既存ページの入力ミスを素早く修正したりすることができます。作成および編集機能により、どこにいても重要な作業を行うことが可能です。
  • 最も必要な時に通知を受け取る
    新しいページや投稿、コメント、メンション、ページの共有、いいね!、およびタスクが自分に割り当てられた場合などに通知を受け取り、チームの動向を常に把握できます。
  • 素早く作業に戻る
    最近の作業タブは、最近表示または作成したページを提供します。昨日追加したミーティング議事録や、少し前に読んでいたブログ記事もあります。
  • 任意のスペースにアクセスし、ページ ツリーを使用して参照する
    スペースタブからは、自分のスペースやサイト上の他のスペースにアクセスできます。スペースを選択し、使い慣れた Confluence ページ ツリーを使用して参照します。スペース リストからはマイスペースにスペースを追加したり、重要でなくなったスペースを削除したりすることができます。
  • チームとのつながりを保つ
    アクティビティ フィードでは、サイト上のすべてのアクティビティを表示したり、スペース別にアクティビティをフィルタリングしたりすることができます。アプリからページにいいね!やコメントを付けたり、ページへのリンクを共有したりすることも可能です。 

アプリをさらに便利にするアイデアをお持ちであれば、ぜひ共有してください。みなさまからのフィードバックをお待ちしております。デバイスをシェイク (または[設定] > [フィードバック]へ移動) してご意見をお寄せください。

制限と既知の問題

  • 一部のページ マクロは、アプリやモバイル Web には表示されません。お使いのブラウザーでページを表示する (または、デバイスのフル デスクトップ モードに切り替える) 必要があります。
  • アプリはデバイスにプッシュ通知を送信しません。
  • 現時点では、アプリは画像およびファイルのアップロードに対応していません。 
  • アプリでは、(メールまたは他のアプリからの) Confluence ページへのリンクを自動的には開きません。

フィードバックをお寄せください

アプリの改善のために、ぜひフィードバックをお寄せください。フィードバックは次の方法でお送りいただけます。

  • アプリをシェイクするか、[設定] > [フィードバック] に進みます。
  • 弊社のフィードバック プロジェクトで、Jira の課題を作成します。
  • confluence-server-mobileatatlassian dot com. にメールを送信します (at を @ に置き換えてください)。 

アプリにログインする際に発生した問題や、アプリの使用に支障をきたすインフラストラクチャーおよび環境の問題については、特に情報をお待ちしています。 

最終更新日 2018 年 4 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.