サーバー ベース URL の設定

サーバーベース URL とは、ユーザーが Confluence にアクセスする際に経由する URL です。ベース URL は、ブラウザーが Confluence サイトを表示する URL と同じになるよう設定する必要があります

Confluence は、設定時にベース URL を自動的に検出しますが、URL を変更したり、異なる URL から Confluence の設定を行った場合には、公的にアクセス可能な URL にマニュアルで設定する必要があります。

この機能を実行するには システム管理者 権限が必要です。

サーバーベースURLの環境設定:

  1. Confluence 管理から設定アイコン > [一般設定] の順にクリックします。
  2. 左側のパネルにある一般設定を選択する。
  3. [編集] を選択します。
  4. 新しい URL を サーバー ベース URL テキストボックスに入力する。
  5. 保存を選択する

Confluence をインストールし、non-root のコンテキストパス内で実行する場合、(つまり、コンテキストパスを指定している)、サーバーベース URL にはこのコンテキストパスが含まれます。例えば、Confluence が以下の URL で実行している場合:

http://www.foobar.com/confluence

その場合、サーバーベース URL は以下のようになります:

http://www.foobar.com/confluence


注意

  • 異なる URL を使用する。異なるベース URL を設定したり、来訪者が他の URL を使用して Confluence にアクセスする場合、他のページを参照すると同時にエラーが生じる可能性があります。
  • コンテキストパスを変更する。ベース URL のコンテキストパスを変更する場合、以下の変更も行う必要があります。
    1. Confluence を停止します。
    2. Confluence インストール ディレクトリで、<installation-directory>\conf\server.xml を編集します。
    3. Context 要素の path 属性の値を変更して、コンテキスト パスを反映します。たとえば、Confluence をhttp://www.foobar.com/confluence で実行している場合、path 属性は以下のようにします。

      <context path="/confluence" docBase="../confluence" debug="0" reloadable'"false" useHttpOnly="true">

      この例では、コンテキスト パスとして /confluence を使用しています。/resources は Confluence によって使用されています。問題を防ぐため、コンテキスト パスとして使用することはできません。  

    4. ファイルを保存する。

    5. Confluence を再起動し、http://www.foobar.com/confluence でアクセスできるかどうかを確認します。

      注: 一部の Confluence バージョンでコンテキスト パスが変更されたときにリンクが破損する可能性のある既知の問題があります。詳細については、  CONFSERVER-55267 - Getting issue details... STATUS  をご参照ください。

  • プロキシ。プロキシの後ろで実行する場合、プロキシ名がベース URL とマッチしていることを確認します。例: proxyName="foobar.com" proxyPort="443" scheme="https"。これにより、情報が適切に渡されるようにします。アトラシアン アプリケーションのプロキシの詳細については、「Atlassian Server アプリケーションのプロキシ」をご覧ください。 
  • この情報は、{CONFLUENCE_INSTALLATION}\conf\server.xml Connector 要素に追加する必要があります。
最終更新日 2019 年 5 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.