セットアップウィザードで Jira 統合を設定する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、Confluence セットアップウィザードで Jira へ接続するステップをを説明します。

既に Jira アプリケーションを使用している場合、Confluence でユーザーを別に維持する代わりに、ユーザー管理を Jira に代行させる選択が可能です。 

Jira アプリケーションのどのグループを Confluence にログインできるようにするかを指定できます。各アプリケーションでライセンス階層が同じである必要はありません。 

セットアップ プロセス終了後、Confluence を Jira に接続できますが、この段階で設定するほうがはるかに速く、容易です。 

以下で、Confluence のユーザー管理を代行させることができます。

  • Jira 4.3 以降
  • Jira Core 7.0 以降
  • Jira Software 7.0 以降
  • Jira Service Desk 3.0 以降 

セットアップウィザードで Jira アプリケーションに接続する

以下の情報を入力します:

  • Jira ベース URL - ご使用の Jira サーバーのアドレス。例: http://www.example.com:8080/jira/http://jira.example.com

  • Jira 管理者ログイン- ご使用の Jira アプリケーションで Jira システム管理者グローバル権限を持つユーザーアカウントのユーザー名とパスワード。

    Confluence は、このユーザー名とパスワードを使用してローカル管理者アカウントも作成します。Jira が使用できない場合でもこのアカウントで Confluence にアクセスできます。このシングルアカウントは、Confluence の内部ユーザー ディレクトリに保管されるため、Jira でパスワードを変更しても、Confluence 側で自動的に更新されることはありません。
  • Confluence ベース URL - この URL を使用して、Jira はご使用の Confluence サーバーにアクセスします。ここで指定する URL は、Jira アプリケーションに接続するために、Confluence で指定されたベース URL をオーバーライドします。
  • ユーザー グループ - これらの Jira グループのメンバーには、Confluence の使用が許可されることになります。これらのグループのメンバーは、Confluence の「使用可」権限を付与され、Confluence ライセンスでカウントされます。既定のユーザー グループ名は、次のように Jira バージョンによって異なります。
    • Jira 6.4 以前: jira-users 
    • Jira Software 7.x 以降: jira-software-users
    • Jira Core 7.x 以降: jira-core-users
    • Jira Service Desk 3.x 以降: jira-servicedesk-users
  • 管理グループ – Confluence への管理アクセス権を持つメンバーを含む Jira グループを 1 つ以上指定します。既定のグループは jira-administrators です。これらのグループは、Confluence でシステム管理者および Confluence 管理者のグローバル権限を付与されます。

トラブルシューティング

Confluence から Jira への接続で問題が生じている場合は、次のトラブルシューティング情報を問題解決に役立ててください。  

セットアップ プロセス完了後に Confluence に誰もログインで きない場合、ピープルが指定した Jira グループのメンバーであるかどうか確認します。これらのグループのメンバーにのみ、「使用可」Confluence 権限が付与されます。 

セットアップウィザードでのエラー 原因 ソリューション

アプリケーション リンクの作成に失敗したか、

アプリケーション リンクの認証に失敗しました

セットアップウィザードは、Jira とのピアツーピア・アプリケーションリンクの登録を完了できませんでした。Jira 統合は部分的にのみ構成されます。 以下の手順に従って、一部の設定を削除してから、再度 Jira に接続ステップを試します。
共有ユーザー管理に関して Jira での Confluence 設定登録に失敗しました セットアップウィザードは、ユーザー管理用の Jira とのピアツーピア・アプリケーションリンクの登録を完了できませんでした。ピアツーピアのリンクは正常に作成されましたが、統合は部分的にのみ構成されました。 以下の手順に従って一部の設定を削除してから、再度 Jira に接続ステップを試します。
Crowd 認証の設定エラー セットアップ ウィザードは Jira とのピアツーピア リンクを正常に確立しましたが、config.xml ファイルでユーザー管理用のクライアント / サーバー間のリンクを保持できませんでした。これはディスクの容量不足など、環境が原因である可能性があります。 設定ファイルをディスクに保存できないようにしている問題を修正してから、以下の手順に従って一部の設定を削除し、その後で再度 Jira に接続ステップを試します。
Crowd 認証の再ロードエラー このセットアップウィザードはアプリケーションと Jira の統合を完了しましたが、Jira ユーザーとアプリケーションの同期を開始できませんでした。

Confluence を再起動します。セットアップウィザードを使用して続行できるはずです。できない場合、Atlassian サポートにお問い合わせください。

java.lang.IllegalStateException: JIRA/Crowd でアプリケーションを作成できませんでした (コード: 500)

セットアップウィザードは、アプリケーションと Jira の統合を完了できませんでした。リンクは部分的に構成されます。問題は Jira で、<application> URL のユーザー管理設定が既に存在していることが原因です。

以下の手順に従って一部の設定を削除してから既存のリンクとの競合を解決し、再度 Jira に接続ステップを試します。

一部の設定を削除する

障害が生じた場合、もう一度試す前に、Jira にログインして一部の連携を削除する必要があります。具体的な手順は Jira アプリケーションとバージョンにより異なりますが、以下のように、基本はすべてのバージョンで同じです。

  • システム管理者権限を持つユーザーとして Jira にログインします。
  • 管理者画面で、アプリケーションリンクに進みます。
  • Confluence サーバーのベース URL と一致するアプリケーションリンクを削除します。
  • ユーザー管理画面で、Jira ユーザー サーバーに進みます。
  • ユーザー管理のために Jira を使用できるアプリケーションの一覧から、Confluence サーバーの名前およびベース URL と一致するリンクを削除します。 

    同じホストで稼働している複数のサーバーがある場合

    同じホスト上で稼働している同じタイプの複数のサーバーがあるためにご使用の Confluence サーバーと一致するリンクがわからない場合、各サーバーの横にリストされているアプリケーション ID を確認できます。 

    新しい Confluence サイトのアプリケーション ID を見つけるには、<baseUrl>/rest/applinks/1.0/manifest に進みます (<baseurl> は、Confluence サイトのベース URL です)。アプリケーション ID は <ID> 要素に一覧表示されます。

  • Confluence セットアップウィザードに戻り、Jira に接続ステップを再度実行します。  

それでもセットアップウィザードを使用して Jira と Confluence を接続できない場合、このステップをスキップして、Confluence セットアップ プロセスが完了してから、手動で Jira と Confluence 間のリンクを設定する必要があるかもしれません。「ユーザー管理用の Crowd または Jira へ接続する」を参照してください。 

最終更新日 2018 年 1 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.