外部ユーザー管理のサポートをリクエストする

このページでは、外部ユーザー管理に問題がある場合に、アトラシアン サポートチームに支援を依頼する方法について案内します。外部ユーザー管理には、ユーザーを管理するために Active Directory や他の LDAP サーバー、Atlassian Crowd、JIRA アプリケーションに接続することが含まれます。このページの情報は、 問題のトラブルシューティングと技術サポートの依頼に関する、より一般的なページの情報に追加するものです。

このような問題の原因は以下のとおりです。

  • LDAP サーバーが応答しない
  • アプリケーションパスワード適切に設定されていないため、LDAP サーバーまたは他のディレクトリが認証エラーを返す
  • その他の LDAP 設定が正しく設定されていない

外部ユーザー ディレクトリへの接続のトラブルシューティング

Confluence の外部ディレクトリの設定画面には、「設定のテスト」ボタンがあります。これは Active Directory およびその他の LDAP サーバーのユーザー管理の問題を診断するのに役立ちます。

ディレクトリの接続をテストする方法

  1. Choose the cog icon , then choose General Configuration under Confluence Administration
  2. 左側パネルの「ユーザーディレクトリ」をクリックします。
  3. 関連するディレクトリを編集します。
  4. 設定のテスト」をクリックします。
  5. テストの結果は画面の最上部に表示されます。

ユーザー管理とログインの問題のトラブルシューティングについては、ナレッジ ベース記事を参照してください。

上記のリソースが有効ではない場合、下記に進みます。

初回セットアップ時の問題

以下の情報を含めてサポート リクエストを起票します。

  • LDAP ブラウザをダウンロードし、LDAP ディレクトリの設定が正しいことを確認します。Atlassian では LDAP Studio を推奨しています。ユーザーおよびグループ DN のスクリーンショットを含めてください。
  • Confluence が起動でき。管理コンソールにアクセスできる場合は、ディレクトリ設定を確認します。「LDAP ディレクトリへの接続」を参照してください。すべての設定のスクリーンショットを添付してください。

複雑な認証またはパフォーマンスの問題

以下の情報を含めてサポート リクエストを起票します。

Confluence Server

Confluence にログインして管理コンソールにアクセスする

  • システム情報」画面のスクリーンショットを取得するか、ページを HTML として保存します。
  • ユーザーのログインに問題がある場合は、「グローバル権限」画面のスクリーンショットを取得します。
  • スペースやページの権限に問題がある場合は、関連するスペースの「スペース管理」に移動して「権限」画面のスクリーンショットを取得します。

Confluence 設定ファイル

  • カスタム認証を実装しているか、何らかの方法で seraph-config.xml または seraph-paths.xml を変更している場合、変更したファイルを提供してください。

ユーザー管理システム

  • LDAP サーバーの名前とバージョンを含めてください。
  • LDAP サーバーが動的または静的グループを使用していますか?
  • ディレクトリ設定を確認します。「LDAP ディレクトリへの接続」を参照してください。すべての設定のスクリーンショットを添付してください。

診断

  • プロファイリングを有効化します。「パフォーマンスのチューニング」を参照してください。
  • confluence/WEB-INF/classes/log4j.properties を編集して、ユーザー管理の詳細なログ出力を有効化します。
    以下のセクションを変更します。

    ###
    # Atlassian User
    ###
    #log4j.logger.com.atlassian.user=DEBUG
    #log4j.logger.com.atlassian.confluence.user=DEBUG
    #log4j.logger.bucket.user=DEBUG
    #log4j.logger.com.atlassian.seraph=DEBUG
    #log4j.logger.com.opensymphony.user=DEBUG
    

    行頭の「#」記号を削除し、以下のようにします。

    ###
    # Atlassian User
    ###
    log4j.logger.com.atlassian.user=DEBUG
    log4j.logger.com.atlassian.confluence.user=DEBUG
    log4j.logger.bucket.user=DEBUG
    log4j.logger.com.atlassian.seraph=DEBUG
    log4j.logger.com.opensymphony.user=DEBUG
    
  • 上記の両方を有効化したあと、Confluence への LDAP アカウント ログインを試し、問題発生時に生成されたログ ファイルのコピーを添付してください。このためには、内部ディレクトリを確認し、アトラシアンでの調査用に /log ディレクトリ全体を1 つのファイルに zip 化します。/logs ディレクトリは Confluence のホーム ディレクトリにあります。
最終更新日 2017 年 11 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.