Confluence Data Center をアップグレードする

このページでは既存の Confluence クラスタのアップグレードについて説明します。

Confluence の既存のクラスタ化インスタンスをまだ実行していない場合は、Confluence Data Center への移行を参照してください。

このガイドでは以下の用語について説明します:

  • インストール ディレクトリ - 各ノードに Confluence をインストールしたディレクトリ。
  • ローカルのホームディレクトリ - 各ノードのホームディレクトリまたはデータディレクトリ(クラスタ化されていないディレクトリ。 Confluence では、単にホームディレクトリと呼ばれます) 。
  • 共有ホームディレクトリ - クラスタの同一パスを経由してすべてのノードにアクセス可能なディレクトリ。Confluence 5.4 またはそれ以前バージョンからのアップグレードの場合は、アップグレードの一環としてこのディレクトリを作成します。  
  • Synchrony ディレクトリ - これは Synchrony をダウンロードしたディレクトリ(confluence ノードや独自のノード上にあります)です。


Currently using Confluence Server? Learn more about the benefits of Confluence Data Center.

このページの内容:

1. バックアップ

アップグレードを実行する前に、Confluence ホームディレクトリ、インストール ディレクトリ、およびデータベースのバックアップを取っておくことを強く推奨します。

バックアップを取るべき具体的なファイルとディレクトリについては、Confluence のアップグレードを参照してください。

2. クラスタの停止

アップグレードを開始する前に、クラスタ内のすべてのノードを停止する必要があります。 

アップグレードがすべてのノードで完了するまでは、ロードバランサーの設定を Confluence からトラフィックをリダイレクトするようにしておくことをお勧めします。

3.1 つ目のノードをアップグレードする

1 つ目のノードをアップグレードするには:

  1. ディレクトリ(新しいインストールディレクトリ。既存のインストール ディレクトリとは異なる必要があります)にファイルを抽出(解凍)する
  2. <Installation-Directory>\confluence\WEB-INF\classes\confluence-init.properties  ファイルで次の行を更新し、対象のノードの既存のローカル ホーム ディレクトリを指すようにします。
  3. 既存の Confluence インストール ディレクトリから新しいインストール ディレクトリの confluence/WEB-INF/lib に、jdbc ドライバの jar ファイルをコピーします。
    jdbc ドライバは <Install-Directory>/common/lib または <Installation-Directory>/confluence/WEB-INF/lib ディレクトリにあります。 
  4. その他の必要なカスタマイズを旧バージョンから新バージョンに直ちにコピーします(Confluence をデフォルトのポートで実行していない場合、または外部でユーザーを管理している場合、関連ファイルをアップデートおよびコピーする必要があります - 詳細はConfluence を手動でアップグレードするを参照してください)。
  5. Confluence を起動し、次のステップに進む前に、ログインできるか、ページを閲覧できるか、確認してください。この時点ではページを編集しようとしないでください。 

残りのノードをアップグレードする前に、この時点で旧バージョンから新バージョンへ追加のカスタマイズも再適用してください。

4. Synchrony のセットアップ

(warning) This step is only required the first time you upgrade from Confluence 5.x to Confluence 6.x.


Synchrony クラスタのセットアップ...

 

Collaborative editing requires Synchrony, which runs as a separate process. You can deploy Synchrony on the same nodes as Confluence, or in its own cluster with as many nodes as you need. 

この例では、独自のクラスタで Synchrony を実行していると仮定します。クラスタ ノードを設定する場合、各 Synchrony クラスタ ノードの IP アドレスまたはマルチキャスト アドレスを提供することができます。

  1. Create a Synchrony directory on your first node and copy synchrony-standalone.jar from your Confluence <home-directory> to this directory. 
  2. Copy your database driver from your Confluence <install-directory>/confluence/web-inf/lib to an appropriate location on your Synchrony node.
  3. 次のコマンドを使用して Synchrony ディレクトリに変更し、Synchrony を起動します。
    リストされているすべてのシステム プロパティをすべて私、表示されている値を置き換える必要があります。

    Synchrony コマンドを起動する...

    In a terminal / command prompt, execute the following command, replacing <values> with appropriate values for your environment. Scroll down for more information on each of the values you will need to replace.

     

    java 
    -Xss2048k 
    -Xmx2g
     
    # To set the classpath in Linux  
    -classpath <PATH_TO_SYNCHRONY_STANDALONE_JAR>:<JDBC_DRIVER_PATH> 
     
    # To set the classpath in Windows 
    -classpath <PATH_TO_SYNCHRONY_STANDALONE_JAR>;<JDBC_DRIVER_PATH> 
     
    # Remove this section if you don't want to discover nodes using TCP/IP
    -Dcluster.join.type=tcpip 
    -Dcluster.join.tcpip.members=<TCPIP_MEMBERS> 
     
    # Remove this section if you don't want to discover nodes using multicast
    -Dcluster.join.type=multicast
     
    # Remove this section if you don't need to discover nodes in AWS
    -Dsynchrony.cluster.impl=hazelcast-micros
    -Dcluster.join.type=aws
     
    -Dsynchrony.bind=<SERVER_IP> 
    -Dsynchrony.service.url=<SYNCHRONY_URL> 
    -Dsynchrony.database.url=<YOUR_DATABASE_URL> 
    -Dsynchrony.database.username=<DB_USERNAME> 
    -Dsynchrony.database.password=<DB_PASSWORD>  
     
    synchrony.core 
    sql

    (warning) Remember to remove all commented lines completley before you execute this command, and replace all new lines with white space. You may also need to change the name of the synchrony-standalone.jar if the file you copied is different to our example.

    上記のコマンドで提供する必要のある各値に関するその他の情報。

    必須かどうか 説明
    <PATH_TO_SYNCHRONY_STANDALONE_JAR>
    はい This is the path to the synchrony_standalone.jar that you copied in step 1. For example <synchrony-directory>/synchrony_standalone.jar
    <JDBC_DRIVER_PATH>
    はい This is the path to your database driver. For example <synchrony-directory>/postgresql-9.2-1002.jdbc.jar.
    <TCPIP_ MEMBERS> Yes, if TCP/IP TCP/IP を使用してノードを検出するようせんたくした場合、各クラスターノードの IP アドレスのコンマ区切りリストを提供します。
    <SERVER_IP>
    はい This is the public IP address or hostname of this Synchrony node. It could also be a private IP address - it should be configured to the address where Synchrony is reachable by the other nodes.
    <SYNCHRONY_URL> はい This is the URL that the browser uses to contact Synchrony. Generally this will be the full URL of the load balancer Synchrony will run behind plus the Synchrony context path, for example http://yoursite.com:8091/synchrony. Note that it does not end with /v1, unlike the synchrony.service.url system property passed to Confluence. If this URL doesn't match the URL coming from a users' browser, Synchrony will fail.
    <YOUR_DATABASE_URL>
    はい This is the URL for your Confluence database. For example jdbc:postgresql://localhost:5432/confluence. You can find this URL in <local-home>/confluence.cfg.xml.
    <DB_USERNAME>
    <DB_PASSWORD>
    はい The username and password for your Confluence database user. Sensitive information (like these database credentials) may be provided using environmental variables, rather than via the command line. Any dots (".") in variable names (identifiers) will need to be replaced with underscores ("_"). 

    When you start Synchrony we also pass default values for a number of additional properties. You can choose to override these values by specifying these optional properties when you start Synchrony. See Configuring Synchrony for Data Center for more information.

    (warning) You can use this info to create your own script to run Synchrony, or follow the steps in this guided example to create a service script - Run Synchrony-standalone as a service on Linux.

     

  4. To check that Synchrony is accessible, you can go to:
    http://<SERVER_IP>:<SYNCHRONY_PORT>/synchrony/heartbeat
  5. このプロセスを繰り返して、Synchrony クラスタの各ノードで Synchrony を起動します。
    各ノードが結合すると、表示はこのコンソール内のようになります。

    Members [2] {
    	Member [172.22.52.12]:5701
    	Member [172.22.49.34]:5701 
    }
    
  6. Synchrony 用にロードバランサを設定します。
    ロードバランサは WebSockets (例: NGINX 1.3 以降、Apache httpd 2.4、IIS 8.0 以降) およびセッション アフィニティをサポートする必要があります。Synchrony が Web ブラウザからの XHR リクエストを承認できるよう、ロードバランサで SSL接続を終了させる必要があります。 

5. ノード 1 で Confluence を開始する

この例では、「Data Center 用の Synchrony の設定」に示すように、Synchrony と Confluence に同じロード バランサを使用していると想定しています。

  1. ノード 1 で Confluence を起動し、次のシステム プロパティを Confluence に渡して Synchrony クラスタの場所を Confluence に伝えます。

    -Dsynchrony.service.url=http://<synchrony load balancer url>/synchrony/v1

    For example http://yoursite.example.com/synchrony/v1. You must include /v1 on the end of the URL.

    Synchrony がロード バランサを使用しない単体のノードとして設定されている場合、代わりに以下を使用します。

    -Dsynchrony.service.url=http://<synchrony ip or hostname>:<synchrony port>/synchrony/v1

    For example http://42.42.42.42:8091/synchrony/v1 or http://synchrony.example.com:8091/synchrony/v1

    You may want to add this system property to your <install-directory>/bin/setenv.sh or setenv.bat so it is automatically passed every time you start Confluence. See Configuring System Properties for more information on how to do this in your environment.

  2. Head to  > General Configuration > Collaborative editing to check that this Confluence node can connect to Synchrony. 

    Note: to test creating content you'll need to access Confluence via your load balancer.  You can't create or edit pages when accessing a node directly.

6.Confluence を残りのノードにコピーする

次は、アップグレードした Confluence ディレクトリをクラスタ内の他のノードに複製します。  

  1. Confluence を 1 つ目のノードで停止します。
  2. 1 つ目のノードから次のノードに、インストール ディレクトリとローカル ホーム ディレクトリをコピーします。
    ローカルのホーム ディレクトリへのパスが別のノードにある場合、confluence-init.properties を編集して適切な場所を指すようにします。 
  3. Confluence を起動し、このノードでログインできるか、ページを閲覧できるかを確認してください。
  4. 次のノードに進む前に、このノードで Confluence を停止します。 

残りの各ノードに対し、同様のプロセスを繰り返します。 

7.Confluence を起動し、クラスタ接続を確認する 

一旦すべてのノードをアップグレードし終わったら、各ノードで Confluence Data Center を 1 つずつ起動してください(複数のノードで同時に起動すると、深刻な障害を引き起こすおそれがあります)。

The Cluster monitoring console ( > General Configuration > Clustering) includes information about the active cluster nodes. When the cluster is running properly, you should be able to see the details of each node. 

最終更新日 2018 年 8 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.