Windows で Zip ファイルから Confluence をダウンロード

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このガイドでは、zip ファイル使用して、外部データベースのある本番環境に手動で Confluence をインストールする方法を説明します。

この方法では、インストールプロセスをユーザーが最大限制御できます。



Confluence をインストールするその他の方法: 

  • 評価版 - 無料トライアルをすぐに利用できます。
  • インストーラー – Windows インストーラーを使用して Confluence をインストールします。 
  • Linux – Confluence を Linux オペレーティングシステム上にインストールします

このページの内容:

はじめる前に

Confluence をインストールする前に、いくつかの質問に答える必要があります。 


サポートされているオペレーティングシステムと Java のバージョンを使用していますか?
これについて詳しく

サポート対象プラットフォーム ページでインストールする Confluence のバージョンを確認してください。このページでは、サポート対象のオペレーティングシステム、データベースおよびブラウザーに関する情報を提供しています。

参考情報

  • OSX への Confluence のインストールはサポートされていません。
  • OpenJDK はサポート対象外です。Oracle Java JRE または JDK をインストールする必要があります。
  • JDK (Java Development Kit) または JRE (Java Runtime Environment)のいずれかを使用することができます。
  • サポートされているのは、Confluence とバンドルされている Apache Tomcat のバージョンのみです。
Windows Service として Confluence を実行しますか?
これについて詳しく

Windows でサービスとして Confluence を実行するとは、Windows が起動されると、Confluence が自動的に始動することを意味します。

サービスとして Confluence を実行する場合は Windows インストーラーを使用してください。

Confluence をサービスとして実行しないことを選択する場合:

  • Confluence インストール ディレクトリの start-confluence.bat ファイルを実行して Confluence を開始します。
  • Confluence は、Confluence のインストールに使用された Windows ユーザーアカウントとして実行されます。または、専用ユーザーとして実行する選択もできます (このユーザーには、インストールディレクトリとホームディレクトリへの完全な読み取りおよび書き込みアクセス権限が必要です)。
  • サーバーが再起動される場合、Confluence を手動で再起動する必要があります。
ポート 8090 と 8091 は使用できますか?
詳細を読む...

Confluence はデフォルトで、ポート 8090 上で実行します。このポートが使用中の場合、インストーラーによって別のポートを選択するよう求められます。

共同編集に必要な Synchrony は、ポート 8091 で実行されます。このポートが既に使用されている場合は、Confluence インストールが完了した後で、Synchrony を実行するポートを変更する必要があります。Synchrony を実行するポートの変更方法については、共同編集の管理を参照してください。Synchrony がポートを利用できるようになるまで、ページを編集することはできません。

使用されるすべてのポートの概要については、「アトラシアン アプリケーションで使用するポート」を参照してください。

どのデータベースを使用することを計画していますか? 
これについて詳しく

本番で Confluence を実行するには、外部データベースが必要になります。インストールするバージョンのサポート対象プラットフォームページで、現在サポートされているデータベースのリストを確認してください。データベースをまだ用意していない場合、無料の PostgreSQL であればセットアップが簡単です。

参考情報

  • 開始前にデータベースをセットアップします。PostgreSQLOracleMySQL、および SQL Serverのステップ ガイドをご利用いただけます。
  • UTF-8 文字エンコーディングを使用します。詳細は、「文字エンコードの設定」を参照してください。
  • Oracle または MySQL を使用している場合、ご使用のデータベース用のドライバをダウンロードする必要があります。
  • 組み込みの H2 データベースはConfluence の評価用に使用できますが、本番環境で実行する前に別のデータベースに移行する必要があります。最初から外部データベースを使用するほうが手間が省ける場合もありもあります。

Confluence ライセンスをお持ちですか?

これについて詳しく

Confluence を使用するには、有効な Confluence サーバーライセンスが必要です。

参考情報

  • Confluence ライセンスをまだ購入していない場合は、セットアップ中に評価版ライセンスを作成できます。
  • ライセンスキーをお持ちの場合は、my.atlassian.com にログインして取得するようにプロンプトが出されます。または、セットアップ中にライセンスキーを手動で入力することもできます。
  • Confluence Cloud から移行する場合、新しいライセンスが必要です。

JAVA_HOME 変数が正しく設定されていますか?
これについて詳しく

Confluence をインストールする前に、サポート対象の Java バージョンを実行していることと、JAVA_HOME 環境変数が正しく設定されていることを確認します。

JAVA_HOME 変数を確認するには:

コマンド プロンプトを開いて「echo %JAVA_HOME%」と入力し、Enter を押します。 

  • Java インストール ディレクトリへのパスが表示される場合、JAVA_Home 環境変数は正しく設定されています。
  • 何も表示されない場合、または %JAVA_HOME% のみ返される場合、JAVA_HOME 環境変数を手動で設定する必要があります。ガイドの「Windows での JAVA_HOME 変数の設定 」を参照してください。


Confluence のインストール

1. Confluence をダウンロードする

ご使用のオペレーティングシステムに対応した zip ファイルを https://www.atlassian.com/software/confluence/downloadからダウンロードします。 

2. インストールディレクトリの作成

  1. インストール ディレクトリの作成 (完全な制御権限が必要) – インストール ディレクトリは Confluence のインストールされる場所です。パスに空白や特殊文字を使用しないでください。このディレクトリを <installation-directory> と呼びます。 

  2. Confluence の zip  ファイルを <installation-directory> に展開します。7zip または Winzip の使用をお勧めします。

3. ホームディレクトリの作成

  1. ホーム ディレクトリの作成 (完全な制御権限が必要) – ホーム ディレクトリは、ログ、検索インデックスおよびファイルなどの Confluence データが保存される場所です。このディレクトリはインストール ディレクトリとは別にします。このディレクトリを <home-directory> と呼びます。 
  2. <installation-directory>\confluence\WEB-INF\classes\confluence-init.properties を編集します。
  3. At the bottom of the file, enter the path to your <home directory>.

    手順について

    メモ帳またはその他のテキストエディターで confluence-init.properties ファイルを編集できます。

    1. この行までテキストをスクロールします:

      # confluence.home=c:/confluence/data
      
    2. この行の先頭の '#' とスペースを削除します (これにより、Confluence はこの行をコメントと認識しません)。

      confluence.home=c:/data/confluence-home
    3. 別のディレクトリをホームディレクトリとして使用する場合:
      • ディレクトリまたはファイル名のスペースを使用しない。
      • このファイルでパスを定義するにはスラッシュ '/' を使用します。

4. ポートの確認

By default Confluence listens on port 8090. If you have another application running on your server that uses the same ports, you'll need to tell Confluence to use a different port. 

手順について

ポートを変更する方法

  1. <installation-directory>\conf\server.xml を編集します。

  2. サーバーポート (8000) およびコネクタポート (8090) を変更してサーバー上のポートを解放します。

    以下の例では、サーバーポートを 5000、コネクタポートを 5050 に変更しました。

    Server port="5000" shutdown="SHUTDOWN" debug="0">
      <Service name="Tomcat-Standalone">
        <Connector port="5050" connectionTimeout="20000" redirectPort="8443"
            maxThreads="48" minSpareThreads="10"
            enableLookups="false" acceptCount="10" debug="0" URIEncoding="UTF-8"
            protocol="org.apache.coyote.http11.Http11NioProtocol" />


5. Confluence の起動

  1. <installation-directory>/bin/start-confluence.bat を実行してインストール プロセスを開始します。

    コマンド プロンプトが開きます。このウィンドウを閉じると Confluence は停止します。
     
  2. Go to http://localhost:8090/ to launch Confluence in your browser (change the port if you've updated the Connector port).
      
Confluence の起動で問題が発生していますか?


Confluence のセットアップ

6. インストールタイプを選択する

  1. 本番インストールを選択します。
      
  2. 他にインストールしたいアドオンがあれば選択します。

7. ライセンスの入力

プロンプトにしたがって my.atlassian.com にログインしてライセンスを取得するか、ライセンス キーを入力します。 

8. データベースへの接続

  1. データベースをまだ作成していない場合、ここで作成します。詳細については、このページの「はじめる前に」セクションを参照してください。 
     
  2. 独自のデータベースを選択して、データベース タイプ ドロップダウン メニューから特定のデータベースを選択します。
     
  3. データベースへの接続方法を選択します。
     

    JDBC 直接接続...

    このオプションは標準の JDBC データベース接続を使用します。接続プールは Confluence 内で管理します。

    Oracle または MySQL を使用している場合、追加の手順があります。 

    • 適切なデータベース JDBC ドライバをダウンロードして解凍します。
    • セットアップ ウィザードを使用して続行する前に、JAR ファイルを <confluence-installation>/confluence/WEB-INF/lib フォルダにドロップします。

    セットアップウィザードにて :

    • Driver Class Name – データベース ドライバの Java クラス名です。不明な場合は、データベースのドキュメント確認してください。
    • データベース URL – データベースの JDBC URL。不明な場合は、データベースのドキュメント確認してください。
    • ユーザー名パスワード – Confluence がユーザーのデータベースにアクセスするために使用できる有効なユーザー名とパスワードです。
    データソース...

    This option asks the application server (Apache Tomcat) for a database connection. You'll need to manually add the datasource to the server.xml file before you can continue. See Configuring a datasource connection for step by step instructions.

    セットアップウィザードにて :

    • Datasource Name – this is JNDI name of the datasource, as configured in the server.xml file.
      Some servers will have JNDI names like jdbc/datasourcename; others will be like java:comp/env/jdbc/datasourcename.

9. 新しいサイトにコンテンツを追加する

Confluence を使用してサイトにコンテンツを追加するかどうかを選択します。
 
デモ用スペース...

 これは、Confluence を理解するためにあなたとユーザーが使用できるスペースを作成するオプションです。このスペースはいつでも削除できます。

既存のサイトからデータをインポート...

既存の Confluence サイトのサイト全体のエクスポートがある場合にこのオプションを使用します。これは、別のデータベースへの移行やテストサイトの設定を行うときに便利です。  

参考情報

  • インポートできるのは、同じまたは前の Confluence バージョンのサイトのみです。
  • 以前にインストールした Confluence から、システム管理者のアカウント情報をはじめとするすべてのユーザーデータとコンテンツがインポートされます。

セットアップウィザードにて :

  • バックアップファイルのアップロード – サイトのエクスポートファイルのサイズが小さい場合 (25mb 以下) 、このオプションを使用します。
  • バックアップ ファイルをファイル システムから復元– バックアップ ファイルの容量が大きい場合はこのオプションを使用します。ファイルを <confluence-home>/restore ディレクトリにドロップし、プロンプトに従ってバックアップを復元します。

  • インデックスの作成 – インポートしたコンテンツを検索できるようにするには、インデックスを作成する必要があります。大規模サイトの場合は長時間かかるため、後でインデックスを作成したい場合は、選択解除します。インデックスが作成されるまでコンテンツは検索できません。

10. ユーザーを管理する場所を選択する

Confluence 内または JIRA Software や JIRA Service Desk などの JIRA アプリケーションで Confluence のユーザーおよびグループを管理するために選択します。
 
Confluence でユーザーおよびグループを管理...

Confluence でユーザーを管理する場合、またはインストール済みの JIRA アプリケーションがない場合、このオプションを選択します。

参考情報

  • JIRA アプリケーションでユーザーを管理する計画で、まだ JIRA アプリケーションをインストールしていない場合、JIRA を最初にインストールしてから Confluence のセットアップに戻ることをお勧めします。
  • 後で外部のユーザー管理 (LDAP、Crowd または JIRA) を追加する選択もできます。
JIRA への接続...

 インストール済みの JIRA アプリケーションがあり、両方のアプリケーション間でユーザーを管理する場合、このオプションを選択します。

参考情報

  • これは、ほとんどのオプションを標準条件とした状態で JIRA との連携を設定するためのものです。 
  • JIRA のユーザーディレクトリが Confluence で使用できるように構成され、JIRA と Confluence の間で相互にアプリケーション リンクが設定されるため、データを容易に共有できます。
  • また、JIRA アプリケーション内のどのグループを Confluence にログインできるようにするか厳密に指定できるようになります。各アプリケーションで、ご使用のライセンスのティアが同じである必要はありません。 
  • JIRA 4.3 以降、JIRA Core 7.0 以降、JIRA Software 7.0 以降、または JIRA Service Desk 3.0 以降のいずれかが必要です。

セットアップウィザードにて :

  • JIRA Base URL – the address of your JIRA server, such as http://www.example.com:8080/jira/ or http://jira.example.com/

  • JIRA 管理者ログイン – これは、JIRA アプリケーションでの JIRA システム管理者グローバル権限があるユーザーアカウントのユーザー名とパスワードです。Confluence は、このユーザー名とパスワードを使用してローカル管理者アカウントも作成します。JIRA が使用できない場合でもこのアカウントで Confluence にアクセスできます。このシングルアカウントは、Confluence の内部ユーザー ディレクトリに保存されるため、JIRA でパスワードを変更しても、Confluence 側で自動的に更新されることはありません。
  • Confluence ベース URL - この URL を使用して、JIRA はご使用の Confluence サーバーにアクセスします。ここで指定する URL は、JIRA アプリケーションに接続するために、Confluence で指定されたベース URL をオーバーライドします。
  • ユーザー グループ - これらの JIRA グループのメンバーには、Confluence の使用が許可されることになります。これらのグループのメンバーは、Confluence の「使用可」権限を付与され、Confluence ライセンスでカウントされます。既定のユーザー グループ名は、次のように JIRA バージョンによって異なります。
    • JIRA 6.4 and earlier: jira-users
    • JIRA Software 7.x and later: jira-software-users
    • JIRA Core 7.x and later: jira-core-users
    • JIRA Service Desk 3.x and later: jira-servicedesk-users
  • Admin Groups – provide one or more JIRA groups whose members should have administrative access to Confluence. The default group is jira-administrators. These groups will get the system administrator and Confluence administrator global permissions in Confluence.

11. 管理者アカウントの作成

管理者アカウントの詳細情報を入力します。  

JIRA アプリケーションでユーザー管理を行うか、既存のサイトからデータをインポートした場合、このステップはスキップします。 

12. Confluence の使用を開始する

これで準備完了です。Confluence サイトは、次のような URL http://<computer_name_or_IP_address>:<port> からアクセスできます。

リバース プロキシの背後で Confluence を実行する予定がある場合は、先へ進める前にプロキシと SSL の考慮事項を確認してください。 

チームの立ち上げと運営に役立つ情報を以下に挙げます。

トラブルシューティング

Confluence のインストールで問題が生じていますか?
  • 初めて Confluence にアクセスしようとして Web ブラウザーウィンドウにエラーが表示された場合、30 秒程度待機してからページを更新します。
  • コマンドプロンプトウィンドウをすぐに閉じると JAVA_HOME 変数が正しく設定されない場合があります。「Windows での JAVA_HOME 変数の設定」を参照してください。 

 詳細は、ナレッジベースの「インストールのトラブルシューティング」を参照してください。  

最終更新日 2019 年 5 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.