パフォーマンスが遅いマクロの特定

ページ リクエスト プロファイリングを使用してパフォーマンス低下をトラブルシューティングする

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ページプロファイリングでは、ページの読み込みで処理が遅い項目に関する詳細がわかります。また、デバッグレベルのログ作成も追加できます。

バージョン 3.1 以降

[管理] > [ログとプロファイルの作成] で、パッケージ名 com.atlassian.renderer.v2.components.MacroRendererComponent を DEBUG に設定します。

バージョン 3.1 より前

このページの添付ファイルから入手可能な WikiMarkupParser.class をダウンロードします。これにより、次のようなログが作成されます。

2009-04-23 10:27:54,789 DEBUG [http-8080-1] [atlassian.renderer.v2.WikiMarkupParser] parse Entering macro rendering. Processed text: {spaces}
2009-04-23 10:27:55,768 DEBUG [http-8080-1] [atlassian.renderer.v2.WikiMarkupParser] parse Exiting macro text rendering. Total time: 979ms
2009-04-23 10:27:55,785 DEBUG [http-8080-1] [atlassian.renderer.v2.WikiMarkupParser] parse Entering macro rendering. Processed text: {create-space-button}
2009-04-23 10:27:55,857 DEBUG [http-8080-1] [atlassian.renderer.v2.WikiMarkupParser] parse Exiting macro text rendering. Total time: 72ms
2009-04-23 10:27:55,862 DEBUG [http-8080-1] [atlassian.renderer.v2.WikiMarkupParser] parse Entering macro rendering. Processed text: {recently-updated-dashboard:dashboard|showProfilePic=true}
2009-04-23 10:27:56,704 DEBUG [http-8080-1] [atlassian.renderer.v2.WikiMarkupParser] parse Exiting macro text rendering. Total time: 842ms
2009-04-23 10:27:56,707 DEBUG [http-8080-1] [atlassian.renderer.v2.WikiMarkupParser] parse Entering macro rendering. Processed text: {favpages:maxResults=10}
2009-04-23 10:27:56,889 DEBUG [http-8080-1] [atlassian.renderer.v2.WikiMarkupParser] parse Exiting macro text rendering. Total time: 182ms

クラスを追加する手順

  1. ファイルにこの行を追加します: <confluence-install>/confluence/WEB-INF/classes/log4j.properties:
    log4j.logger.com.atlassian.renderer=DEBUG
  2. 適切な WikiMarkupParser.classを /confluence/WEB-INF/classes/com/atlassian/renderer/v2 に追加します。レンダラーおよび v2 フォルダーを作成する必要があります。

ページプロファイリングと組み合わせることで、様々なプラグインに要する時間について十分な詳細が提供されます。このユーティリティを Confluence でのマクロの使用を検索するために利用することも可能です。

ソリューション

パフォーマンスチューニングページのヒントを試してみるか、特定のマクロに関する機能拡張リクエストを出します。一部のインスタンスについては、解決策はありません。様々なマクロのオーバーヘッドに注意するようにしてください。

 

最終更新日 2017 年 9 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.