SQL Server データベースセットアップ

このページでは、Microsoft SQL Server を利用する場合の Confluence の設定に関して説明します。

ステップ 1. 前提条件を確認する

始める前に、以下の内容を確認します:

  • 使用予定の SQL Server がサポート対象であることを確認してください。サポート対象であるか否かは、サポートするプラットフォームで確認できます。使用予定の SQL Server がサポート対象外の場合は、Confluence のインストール前に SQL Server をサポート対象バージョンにアップグレードしてください。
  • Confluence を評価していて、お使いのデータを新しいデータベースに転送されたい場合は、まず次のガイドを参考にして下さい: 別のデータベースへの移行
  • 別のデータベースから移行してくる場合、まず次のガイドを参考にして下さい:別のデータベースへの移行

ステップ 2. SQL Server のインストール

稼働中の SQL Server データベースがない場合は、Microsoft SQL Server ダウンロードページからインストール用パッケージをダウンロードし、MSDN にある説明に従ってインストールしてください。

ステップ 3. SQL Server データベースとユーザー情報のセットアップ

In this step you will create a database within SQL Server to hold your Confluence data, and a database user with authority to access that database. The database user should be in the db_owner role.

  1. 使用する文字エンコードを指定します。このためには、アプリケーションサーバーおよび Confluence で使用中の文字エンコードを確認する必要があります。SQL Server を含めた 3 台すべてで互換性のある文字エンコードを使用しなければなりません。例えば、SQL Server のデフォルトの文字エンコードである UCS-2 は、UTF-8 と互換性があります。
  2. SQL 管理者権限を用いて SQL サーバーに新しいデータベースを作成します。
  3. アプリケーションサーバーおよび Confluence に対して UCS-2 と互換性のない文字エンコードを設定してある場合は、それと同じ文字エンコードをデータベースにも設定します。
  4. デフォルトのデータベース照合順序を、'SQL_Latin1_General_CP1_CS_AS' (大文字と小文字の区別があります) に設定します。この設定は、次の SQL クエリを発行することによって行われます:

    ALTER DATABASE <database_name> COLLATE SQL_Latin1_General_CP1_CS_AS


    注意: 'The database could not be exclusively locked to perform the operation' のエラーメッセージが表示された場合は、次のようにデータベースをシングルユーザーモードに変更して他のユーザーからの接続を拒否しなければならない可能性があります:

    ALTER DATABASE <database_name> SET SINGLE_USER WITH ROLLBACK IMMEDIATE;
    <your ALTER DATABASE query>
    ALTER DATABASE <database_name> SET MULTI_USER;


  5. データベースの分離レベルを、'Read Committed with Row Versioning' に設定します。この設定は、次の SQL クエリを発行することによって行われます:

    READ_COMMITTED_SNAPSHOT を有効にするか決めてください
    SELECT is_read_committed_snapshot_on FROM
    sys.databases WHERE name= 'YourDatabase' 

    戻り値:
    1 = READ_COMMITTED_SNAPSHOT オプションはオンです。この場合、コミットされたデータのみを読み取る分離レベルにおける読み取り処理はスナップショットスキャンをベースとし、ロックは全く使用しません。

    0 = READ_COMMITTED_SNAPSHOT オプションはオフです (デフォルトの設定)。この場合、コミットされたデータのみを読み取る分離レベルにおける読み取り処理は共有ロックを使用します。

    ALTER DATABASE <database_name>
       SET READ_COMMITTED_SNAPSHOT ON
       WITH ROLLBACK IMMEDIATE;
    
  6. Using your SQL administrator permissions, create a new SQL user account for Confluence (for example, confluenceuser). Give this user full create, read and write permissions for the database tables. Note that Confluence must be able to create its own schema.  
    Refer to the documentation for your database for more information on how to create a new database user. 

ステップ 4. Confluence、および SQL Server データベースドライバーのインストール

SQL Server への接続方法として JDBC 直接接続またはデータソース接続のどちらを使用するかを、利用環境に合わせて決めておいてください。分からないときは JDBC 直接接続を使用してください。

Confluence のインストールを行っていない場合は、ここでインストールしてください。Confluence インストールガイドをご覧ください。

  • SQL Server への JDBC 直接接続を使用する場合は、Confluence のインストールを行った後、下記の説明に従って直ちに Confluence セットアップウィザードに進んでください。SQL Server JDBC ドライバーは Confluence に組み込まれています。参考ページ: Database JDBC Drivers
  • SQL Server へのデータソース接続を使用する場合は:
    • Confluence インストール後、Confluence セットアップウィザードに進まずに一旦作業を停止してください。Confluence セットアップウィザードを一部開始してしまった場合は、データベースセットアップの前で一旦作業を停止してください。セットアップウィザードは後で停止したステップから再開することができます。
    • SQL Server データソースを Apache Tomcat に設定の説明に従って設定してください。

Step 5. Confluence セットアップウィザードにおけるデータベース接続のセットアップ

Confluence を起動して、お使いのブラウザの Confluence セットアップウィザードに行きます。ステップに従い、新しい設定をセットアップします:

  1. Confluence セットアップガイドにおける最初のステップに従います。
  2. 評価用インストールもしくは本番環境用インストールの選択を求められたときは、本番環境を選択します。
  3. When prompted to choose My own database, then select your database type (Microsoft SQL Server).
  4. SQL Server データベースドライバーをセットアップするステップにおいてあらかじめ決めておいた方針に従って、JDBC 直接接続またはデータソース接続のどちらかを選択します。
    • JDBC 接続の場合:
      • Use the default Driver Class Name:

        com.microsoft.sqlserver.jdbc.SQLServerDriver
        
      • Enter your Database URL in the following format, replacing your hostname, port and database name:

        jdbc:sqlserver://<hostname>:<port>;databaseName=<database>
      • Enter the username (for example, confluenceuser) and password you chose earlier.
    • For a datasource connection: Set the Datasource Name to java:comp/env/jdbc/confluence


以上で Confluence が SQL Server データベースにデータを保存できるようになりました。

データベース ドライバの変更

We are replacing the open source jTDS driver for Microsoft SQL Server with the official Microsoft JDBC Driver for SQL Server. From Confluence 6.4, all new Confluence installations will use the Microsoft JDBC Driver for SQL Server by default.

Existing instances will continue to use the bundled jTDS driver. We'll help you migrate to the Microsoft driver in a later release. 

If you have an existing Confluence installation and need to set up a test environment that replicates your production environment (including the jTDS driver), you can do this in the setup wizard by selecting Unsupported Database in the database selection screen and then specifying the jTDS driver as follows:

  • Driver class namenet.sourceforge.jtds.jdbc.Driver 
  • Database URL (example format): jdbc:jtds:sqlserver://<hostname>:<port>/<database>
  • Hibernate dialectcom.atlassian.confluence.impl.hibernate.dialect.SQLServerDialect

トラブルシューティング

  • 次のエラー メッセージが表示された場合は、localhost から接続する際に必要となる全てのデータベース権限を confluenceuser ユーザーに付与したかどうかを確認します。

    Could not successfully test your database: : Server connection failure during transaction. Due to underlying exception: 'java.sql.SQLException: Access denied for user 'confluenceuser'@'localhost' (using password: YES)'
  • If none of the above describes your issue, please create a support ticket at http://support.atlassian.com and be sure to include your logs (found in <CONFLUENCE-INSTALLATION>/logs and <CONFLUENCE-HOME>/logs).
最終更新日: 2018 年 9 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.