Data Center 用の Synchrony の設定

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Confluence Server をインストールすると、Synchrony はサーバー上で別のプロセスとして動作するよう自動的に設定されます。

Data Center の場合、Synchrony を自分で設定することを許可することで、完全な制御を取得します。これによって、同じノード上に Confluence として Synchrony を配置したり、必要な数のノードと共に独自のクラスター内に配置することができます。 

When you start Synchrony, you'll pass a number of system properties to tell Synchrony how to discover nodes in your cluster, where to find your Confluence database and more. System properties are set by passing the -D flag to the Java virtual machine in which Synchrony is running. 

機密性の高い情報(データベースの認証情報など)は、コマンドライン経由ではなく、環境変数を使用して指定することができます。変数名(識別子)のドット(「.」)は、アンダースコア(「_」)で置き換える必要があります。 

See Installing Confluence Data Center for a step by step guide to setting up Synchrony for Data Center. 

必須 Synchrony プロパティ (Data Center のみ)

When you start Synchrony there are a number of properties that you need to provide. 

プロパティ名 説明
classpath

Synchrony jar ファイルへのパスです。この後に、データベース サーバーへのパスが続きます。専用ノードで Synchrony を実行している場合、データベースドライバーを適切なロケーションにコピーした後、このロケーションへのパスを指定します。

For Linux the syntax is:
<PATH_TO_SYNCHRONY_STANDALONE_JAR>:<JDBC_DRIVER_PATH>

Windows の場合、構文は次のようになります。

<PATH_TO_SYNCHRONY_STANDALONE_JAR>;<JDBC_DRIVER_PATH>
cluster.join.type

Hazelcast に対して、ノードの検出方法を伝えます。これは、Confluence の結合構成と同じ場合も、異なる場合もあります。使用できる値は次の通りです。

  • multicast
  • tcpip
cluster.join.tcpip.members
クラスター結合タイプが TCP/IP の場合、これは、各クラスターノードの IP アドレスがコンマで区切られたリストです。
synchrony.bind
This is the network interface for Synchrony to bind to. Specify the public IP address or hostname of this Synchrony node. It could also be a private IP address - it should be configured to the address where Synchrony is reachable by the other nodes.
synchrony.service.url
This is the URL that the browser uses to contact Synchrony. Generally this will be the full URL of the load balancer Synchrony will run behind plus the Synchrony context path, for example http://yoursite.com:8091/synchrony. Note that it does not end with /v1, unlike the synchrony.service.url system property passed to Confluence. If this URL doesn't match the URL coming from a users' browser, Synchrony will fail.
synchrony.database.url
This is the URL for your Confluence database. For example jdbc:postgresql://localhost:5432/confluence. You can find this URL in <local-home>/confluence.cfg.xml.
synchrony.database.username
Confluence データベース ユーザーのユーザー名。
synchrony.database.password
Confluence データベース ユーザーのパスワード。


オプションの Synchrony システム プロパティ (Data Center のみ)

Synchrony を起動すると、以下に示すプロパティに既定値が渡されます。Synchrony を起動する際、これらのプロパティのいずれかを指定することで、これらの値を上書きすることを選択できます。 

プロパティ名 既定 説明
cluster.listen.port 5701

Synchrony の Hazelcast ポートです。ポート 5701 を使用しない/使用できない場合は、このプロパティを指定します。

Confluence の Hazelcast ポート (5801) と同様に、ファイアウォールまたはネットワークの分離の使用を通じて、承認を受けたクラスタ ノードのみが Synchrony の Hazelcast ポートへの接続を許可されていることを確認してください。

synchrony.cluster.base.port
25500 Aleph バインディング ポートです。Synchrony は Aleph を使用して、ノード間で通信します。既定を使用しない場合は、このプロパティを指定します。
cluster.join.multicast.group 224.2.2.3

クラスタ結合タイプがマルチキャストで、既定を使用しない場合はマルチキャスト グループの IP アドレスを指定できます。

cluster.join.multicast.port 54327 クラスタ結合タイプがマルチキャストで、既定を使用しない場合はマルチキャスト ポートを指定できます。
cluster.join.multicast.ttl
32 クラスタのジョイン タイプがマルチキャストの場合、これは TTL しきい値です。既定の 32 は、同じサイト、組織、または部門に範囲が制限されていることを意味します。別のしきい値を使用する場合はこのプロパティを指定します。
cluster.interfaces 既定値は synchrony.bind と同じ値 This is the network interface Synchrony will use to communicate between nodes. Specify this property if you don't want to use the default, which uses the value of the required property synchrony.bind (IP address or hostname of the Synchrony node)
synchrony.cluster.bind 既定値は synchrony.bind と同じ値

Aleph のバインディング アドレス。cluster.interfaces と同じ値に設定する必要があります。

cluster.interfaces の既定値を使用しなかった場合はこのプロパティを指定します。

synchrony.port 8091 Synchrony を実行する HTTP ポートです。ポート 8091 を利用できない場合は、別のポートを選択するようこのプロパティを指定します。
synchrony.context.path 既定値は synchrony.service.url のコンテキスト パス Synchrony のコンテキスト パスです。これを変更する必要はありません。

注意

If your users are unlikely to be able to get a WebSocket connection to Synchrony (for example your load balancer or reverse proxy does not support WebSockets) you can enable XHR fallback by passing the synchrony.enable.xhr.fallback system property to Confluence. Note that this is a Confluence system property and must be passed to Confluence, it is not part of your start Synchrony command. 

You will need to open Synchrony's port, as you can't use the built-in Synchrony proxy with Data Center. The synchrony.proxy.enabled system property mentioned in the Confluence Server documentation has no effect in Data Center. 

最終更新日 2019 年 5 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.