Apache Tomcat への切り替え

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Apache Tomcat は Confluence でサポートされる唯一のアプリケーション サーバーです。同じデータベースを使用するアプリケーション サーバー(WebSphere など)から Tomcat に Confluence を移動させるには、以下の手順を実行します。

次の手順に従ってください。

1. 作業を始める前に

  1. 以下の手順は、両方のアプリケーション サーバーで同じメジャー バージョンの Confluence を実行している場合のみ、動作します。異なるメジャー バージョンの Confluence を実行している場合は、Tomcat に切り替える前に、Confluence をアップグレードする必要があります。
  2. アプリケーション サーバーを変更するプロセスでは、Confluence をインストールする必要があるため、現在のソフトウェアのメンテナンスが必要なことに注意してください。
  3. Confluence を実行している環境(データベースシステム、オペレーティング システムなど)が変更したら、Confluence のシステム要件を満たしていることを確認してください。
  4. 外部データベースをご利用の場合は、そのデータベースの既知の問題点をすべて調べておく必要があります。さらに、Confluence のデータベース コネクター プリンシパル (データベース ユーザー ログイン) にデータベース スキーマを変更できる権限が付与されていることを確認してください。
  5. Confluence に加えた変更(有効化した/インストールしたプラグイン、変更したレイアウト、カスタム テーマなど)をメモします。Tomcat に切り替えた後、これらを再適用する必要があります。以下の「カスタマイズの再適用」セクションで、カスタマイズのリストを参照することができます。
  6. パフォーマンスの問題を防ぐため、Confluence を実行している Tomcat アプリケーション サーバーで他のアプリケーションを実行しないことをお勧めします。

2. バックアップ

Tomcat に切り替える前に、以下をバックアップする必要があります。

  1. Back up your Confluence Home directory. The location of the Home directory is stored in a configuration file called confluence-init.properties, which is located inside the confluence/WEB-INF/classes directory in your Confluence Installation directory.
  2. データベースのバックアップ: アップグレード作業に進む前に外部データベースの手動バックアップを実行し、バックアップが正常に作成されたことをチェックしてください。データ ベースに関する十分な知識がない場合や、データベースのバックアップ・復元機能に慣れていない場合は、次に進む前にそのバックアップを異なるデータベース システムに復元してみて、バックアップが正常に行われたことを確認してください。この推奨事項は、Confluence の使用の固有のものではなく、データベース バックアップが壊れていないことを確認するための良い習慣です。
    (info)「組み込みデータベース」とは、Confluence が評価用に提供している HSQLDB のことであり、これはホーム ディレクトリに格納されているため、バックアップする必要はありません。ですが、このデータベースを本番環境システムに使用しないでください。誤って本番環境システ ムで HSQLDB を使用している場合は、適切なデータベースに移行してください(移行はアップグレードの前に実施してください)。
  3. Confluence インストール ディレクトリをバックアップします

3. アプリケーション サーバーの切り替え

  1. 新しいアプリケーション サーバーに Confluence をインストールします。(インストーラを使用するのではなく)スタンド アローン アーカイブとして Confluence をダウンロードすることをお勧めします。
    (warning)重要: この段階でスタンドアローン ファイルを解凍した場所が新しいインストール ディレクトリになります。以下の手順 3 で指示するまで、Confluence を起動しないでください。

  2. 以下のファイルを古い Confluence インストールから新しいインストールにコピーします。
    • <CONFLUENCE_INSTALL>\confluence\WEB-INF\classes\confluence-init.properties
    • <CONFLUENCE_INSTALL>\confluence\WEB-INF\classes\atlassian-user.xml
    • <CONFLUENCE_INSTALL>\confluence\WEB-INF\classes\osuser.xml (copy this over if you are using JIRA user management)
    • <CONFLUENCE_INSTALL>\confluence\WEB-INF\classes\seraph-config.xml (copy this over if you using custom SSO)
    • <CONFLUENCE_INSTALL>\confluence\WEB-INF\web.xml (copy this over if you have previously modified it, e.g. to configure a datasource)
  3. Confluence を起動します(新しいサーバーを起動する前に、古いサーバーが停止していることを確認します)。
  4. 元のアプリケーションサーバーとは異なるマシン上で移行先アプリケーションサーバーを起動している場合、移行先サーバーを起動した時点で次の作業を実行してください。
  5. Confluence サーバーおよび/または Confluence のルック アンド フィールに特別な設定を適用した場合は、以下に記載されるように、これらのカスタマイズを再適用する必要があります。

4. カスタマイズの適用

Tomcat に切り替えたら、以前 Confluence インスタンスに使用したカスタマイズとその他の特別な設定を確認し、必要であれば再適用します。このセクションには、以前 Tomcat で Confluence を使用していなかった場合に適用を検討したほうがよい、いくつかの Tomcat 特有のカスタマイズを含んでいます。

カスタマイズの適用前に

以下のカスタマイズのいずれかを適用する前に、カスタマイズなしで、Tomcat 上で Confluence インストールが適切に動作することを確認してください。これによって、Tomcat への切替時にトラブルが発生した場合に、問題の特定がしやすくなります。

Confluence Server

  • 長期間にわたるご使用に際しては、Confluence をオペレーティング システムが再起動するとき自動的に起動するように設定することをお勧めします。Windows サーバーに関しては、Confluence を Windows サービスとして実行するように設定してください。
  • Confluence エディションを使用し、以前にCATALINA_HOME 環境変数を定義していた場合、新しい Confluence Tomcat サーバーが正しいパスを参照しているか確認してください。
  • If you were previously running Confluence on a non-standard port, edit your new <Installation-Directory>\conf\server.xml file as described in Change listen port for Confluence.

プラグイン

  • 以前にプラグインを使用していた場合、最新の互換バージョンをインストールし、新しい Confluence のインストールとの互換性がないプラグインを無効化します。Confluence 管理コンソールのユニバーサル プラグイン マネージャーを使用すると簡単にこれを行うことができます。

ルック アンド フィール

  • カスタマイズしたテーマを使用している場合、期待通りに表示されているか確認してください。新しいバージョンの Confluence と互換性を持たせるため、さらなるカスタマイズが必要な場合があります。
  • 以前にデフォルト サイトまたはスペース レイアウトをカスタマイズした場合、ここで説明されているように、新しいデフォルトに変更を再適用する必要があります。VM (velocity)ファイルを単純にコピーしないでください。カスタム レイアウトなしでも Confluence が動作することを確認してから、Confluence 管理コンソールを使用してレイアウトを適用します。

パフォーマンス

  • Confluence インスタンスに対する負荷が高い場合、データベースへの同時接続を増やす必要が生じることもあります。詳細については、「パフォーマンスのチューニング」を参照してください。
  • If you had previously modified the memory flags (Xms and Xmx) in either the <Installation-Directory>\bin\setenv.sh or the setenv.bat file, you may want to make the modifications in your new installation. The parameters are specified in the CATALINA_OPTS variable. See How to fix out of memory errors by increasing available memory for more information.

高度なカスタマイズ

  • 以前に SSL で Confluence を実行していた場合、「SSL または SSL で Confluence を実行する」で説明されているように設定を再適用する必要があります。
  • カスタム SSO 認証を使用していた場合、seraph-config.xml を正しい認証に変更します。
  • Confluence のインターフェース テキストを変更した場合、ConfluenceActionSupport.properties にコピーする必要があります。
  • 以前に Confluence ソース コードを変更した場合、新しいバージョンに変更を再適用する必要があります。

5. Confluence のテスト

本番環境にデプロイする前に、新しいサーバー上で Confluence をテストするようにしてください。

参照する必要があれば、「Confluence ログを使用する」ドキュメントにアプリケーション ログの場所が記載されています。

最終更新日 2019 年 5 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.