Confluence Data Center への移行

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問


以下では、Confluence サーバーから Confluence Data Center への移行 (クラスタ化ソリューション) プロセスを説明します。

Confluence Data Center から Confluence サーバーへの移行についても記載しています。

Confluence ライセンスは、Confluence のタイプ (サーバーまたは Data Center) を決定します。 Confluence 管理の 'ライセンス詳細' ページでライセンスキーを入力すると、Confluence がライセンスタイプを自動検出します。別のタイプのライセンスを入力した場合、移行 (Confluence サーバーから Data Center への移行など) を開始するように自動的にプロンプトが出されます。


If you're installing Confluence for the first time (you don't have any existing Confluence data to migrate), see Windows or Linux


Confluence Server から Data Center へのアップグレードでお悩みですか? Confluence Data Center のメリットについて詳細を参照してください。

サーバーからデータセンターへの移行

クラスタ化の要件および専門用語

Confluence をクラスタで実行するには以下が必須条件になります。

このページの内容:

  • Data Center ライセンスを所有している (Data Center ライセンスを購入するか、 my.atlassian.com で評価版ライセンスを作成することが可能)
  • 外部データベースを使用する
  • クラスタの前にセッションアフィニティを使用したロードバランサを使用する
  • 同じパスですべてのクラスタノードにアクセス可能な共有ディレクトリ (これが共有ホームディレクトリになります) が存在する
  • 他のアトラシアン製品 (JIRA アプリケーションなど) へのアプリケーション リンクがある場合、OAuth 認証を使用する。 

Confluence Data Center の評価版ライセンスが必要な場合は、弊社までご連絡ください。  

このガイドでは以下の用語について説明します:
  • インストールディレクトリ – Confluence がインストールされるディレクトリ。
  • ローカルのホームディレクトリ– 各ノードのホームディレクトリまたはデータディレクトリ (非クラスタ化 Confluence では、単にホームディレクトリと呼ばれます)。
  • 共有ホームディレクトリ – 同一パスを経由してクラスタ内のすべてのノードにアクセス可能な、ユーザーが作成したディレクトリ。

インストールプロセスが終了したとき、各ノードにインストールディレクトリとローカルのホームディレクトリが存在し、他に共有ホームディレクトリが1つ存在することになります (たとえば、2つのノードクラスタでは、合計で 5 個のディレクトリが存在します)。 

1. Confluence サーバーのアップグレード 

Confluence Data Center 5.9 以降に切り替える場合、まず、Confluence のバックアップとアップグレードの通常の手順に従ってください。アップグレードと最適なアップグレードパスの選択に関する詳細は、「Confluence のアップグレード」を参照してください。

Confluence Data Center 5.8 に切り替える場合は、アップグレードプロセスが少し異なります。詳細は、以前のドキュメントを参照してください。 

2. Data Center ライセンスの適用 

Your home directory (configured in confluence\WEB-INF\classes\confluence-init.properties) should still be pointing to your existing (local) home directory.

  1. Go to  > General administration.
  2. 管理という見出しの下のサイドバーからライセンス詳細を選択します。
  3. Confluence Data Center のライセンスキーを入力します。
  4. Confluence をシャットダウンします。

3. 共有ホームディレクトリの作成 

  1. 同一パスを経由してクラスタのすべてのノードにアクセス可能なディレクトリを作成します。これが共有ホームディレクトリになります。 
  2. In your existing Confluence home directory, move the contents of <confluence home>/shared-home to the new shared home directory you just created.
    To prevent confusion, we recommend deleting the empty <confluence home>/shared-home directory once you've moved its contents.
  3. 添付ファイルディレクトリを新しい共有ホームディレクトリに移行します(現在添付ファイルをデータベースに保存している場合はこの手順をスキップしてください)。 

4. Confluence の起動

以下の項目を入力して移行を完了するようにセットアップウィザードからプロンプトが出されます。

  • クラスタ名
  • 作成済みの共有ホームディレクトリへのパス
  • 他のノードとの通信用に Confluence が使用するネットワーク インターフェイス
  • マルチキャストアドレス (自動生成または手動入力) または各クラスターノードの IP アドレス
  • Confluence によるクラスター ノードの検出方法:

    • マルチキャスト - マルチキャスト アドレスを入力または自動生成します。
    • TCP/IP - 各クラスタ ノードの IP アドレスを入力します。
    • AWS - 自分の IAM ロールまたは秘密キーと領域を入力します。
       

      AWS ノード検出...

      古いクイック スタートまたは Cloud Formation テンプレートを使用して Confluence Data Center を AWS にデプロイすることをお勧めします。これは自動的に必要なすべてをプロビジョニング、設定、および接続してくれます。

      独自のカスタム デプロイメントを行う場合は、以下の情報を提供して、Confluence にクラスタ ノードを自動検出させることができます。

      フィールド 説明
      IAM ロールまたはシークレット キー これは認証方式です。IAM ロールによる認証かシークレット キーによる認証かを選択することができます。
      リージョン これはクラスタ ノード(EC2 インスタンス)を実行するリージョンです。
      ホスト ヘッダー オプション。Confluence が使用する AWS エンドポイントです (「ec2.amazonaws.com」など、EC2 API が検出可能なアドレス)。デフォルトのエンドポイントを使用する場合は、空白のままにしておきます。
      セキュリティ グループ名 オプション。クラスタのメンバーを特定のセキュリティ グループ(EC2 コンソールで指定)のリソースのみに絞り込むために使用します。
      タグ キータグ値

      オプション。クラスタのメンバーを特定のタグ(EC2 コンソールで指定)のリソースのみに絞り込むために使用します。

1 つ目のノードがアップロードされ、実行されます。  

Error rendering macro 'excerpt-include' : No link could be created for '_InstallGuideDataCenter_managedSynchronyOrCluster'.

データセンターからサーバーへの移行

Data Center (クラスタ化) からサーバー (非クラスタ化) へ移行する必要がある場合は、以下をお読みください。ここでは、既存のクラスタノードのひとつを新しい非クラスタ化のインストールに使用するものと仮定して説明します。 

サーバーに切り替えるには、 Confluence サーバーライセンスが必要になります。

このプロセスを完了する前に

万一に備えて、1つのノードを除いてすべてのノードをシャットダウンし、単一ノード上で Confluence を実行することをお勧めします。


1. Confluence サーバーライセンスの入力

ホーム ディレクトリ (confluence\WEB-INF\classes\confluence-init.properties で設定済み) は、ローカルのホーム ディレクトリに設定されていると想定しています。

  1. Go to  > General administration
  2. 管理という見出し の下のサイドバーからライセンス詳細を選択します。
  3. Confluence サーバーのライセンスキーを入力します。

2. Confluence のシャットダウン

続行する前に、実行中のクラスタノードがあれば停止します。Confluence からトラフィックをリダイレクトするようにロードバランサーを設定しておくことをお勧めします。

3. ホームで共有されているクラスタのの項目をローカルのホームに戻す

  1. 1 つのノードで、<local home> ディレクトリに /shared-home という名のディレクトリを作成します (Data Center のインストール時にこのディレクトリを削除した場合)。
  2. config ディレクトリ全体を <shared home> ディレクトリから local home>/shared-home ディレクトリに移動します。
  3. <shared home> ディレクトリの残りのコンテンツを <local home> ディレクトリの root に移動します。

この時点で、クラスタの共有ホームディレクトリが空になっているはずです。 

4. Confluence の起動

セットアップウィザードに従って移行プロセスを実行します。

tip/resting Created with Sketch.

To confirm you're now running the non-clustered edition, go to  > General Configuration. The 'Cluster Configuration' page should not appear. Instead you'll see information about Confluence Data Center.

最終更新日 2019 年 5 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.