mbox からのメールのインポート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Confluence では、ローカルシステムまたは Confluence サーバーの特定の場所にある mbox ファイルからメールをインポートすることができます。Confluence は、インポートしたメールメッセージをスペースのメールアーカイブに保存します。

メールをスペースにインポートするには、スペース管理者である必要があります。スペース権限を参照してください 。

NB: Confluence メール アーカイブ プラグインは、既定では無効になっているため、有効にする必要があります。

mbox ファイルからメールをインポートするには:

  1. スペースに移動して、サイドバーの下部からスペースツール > 連携を選択します。
  2. メールボックス インポートを選択します。
    • ファイルシステムの任意の場所からインポートするには:mbox ファイルのある場所を検索し、ファイルを選択し、インポートを選択します。
    • Confluence サーバーからインポートするには:サーバーに mbox ファイルの場所を入力し、インポートを選択します。

注意

  • サイト スペースでのみメール アーカイブを保存できます。パーソナル スペースでは保存できません。サイト スペースとパーソナル スペースの説明については、スペースを参照してください。
  • Confluence mail archiving is an optional feature. This means that the 'Mail' options may be disabled and will therefore not appear in the Confluence user interface. Mail archiving features are contained in a bundled plugin. To activate mail archiving features in Confluence, enable the plugin – choose  > General Configuration > Manage Add-ons. Then choose System in the drop down, and enable the Confluence Mail Archiving Plugin.
  • セキュリティ上の理由から、メールは Confluence サーバーのファイル システムの指定した場所からのみインポートできます。管理者が Confluence ホーム ディレクトリにフォルダを作成し、システム プロパティ confluence.mbox.directory を追加して、インポート元のメールボックス用に場所を指定することを推奨します。このシステム プロパティが設定されるまで、サーバーからメールをインポートすることはできません。「システム プロパティを設定する」を参照してください。

最終更新日 2017 年 9 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.