ページの作成と編集

ページの作成

ページは Confluence のあらゆる場所で作成できます。ヘッダーで作成を選択するだけで準備完了です。ページはユーザーの重要な (そして重要でない) すべての情報を取り込む場所です。空白のページから開始し、ワープロのように使用してリッチ テキスト、タスク画像マクロ、およびリンクを追加したり、便利なブループリントのいずれかを使用してミーティング議事録や、決定事項などを取り込みます。

このページの内容:

tip/resting Created with Sketch.

空白ページを素早く作成するには、ヘッダーの作成ボタンをクリックします。テンプレートからページを作成するには、テンプレートから作成ボタンをクリックします。

  1. 空白ページの作成
  2. テンプレートによる作成

  1. スペースを選択: コンテンツを作成するスぺースを選択します。
  2. ページ テンプレート: テンプレートからページを作成するか、その他のタイプのコンテンツを作成します。
  3. 親ページ: ページはこのページの子となります。

 

空白ページまたはブループリントに決定すると、 Confluence エディターが表示されます。エディターは、ページの名前付けまたは名前変更、コンテンツの追加、および見栄えをよくするための書式設定を行う場所です。 いくつかコンテンツを追加したら、 プレビューを選択して完成ページの外観を確認し、 スペースに表示する準備が完了したら、公開します。

保存後、ページが「表示」モードで表示されます。編集を選択するか、キーボードでEを押すことで、いつでもエディタに再入力できます。

  1. Confluence ヘッダー: テンプレートから空白ページを作成し、スぺースまたはプロフィールにアクセスします。 
  2. スペース サイドバー: アクセス ページ、ブログおよびスペースを管理します。
  3. ページ ツール: ページを編集または共有、ウォッチして更新を取得したり、その他の操作を実行します。 
tip/resting Created with Sketch.

ページを作成する別の方法では、テンプレートから作成マクロを使用すると便利です。このマクロを利用することで、ページ テンプレートを選択し、ワンクリックでページを作成できるボタンをページに追加できます。このテンプレートを使用して他の人にページを作成してもらいたい場合には、これは非常に良い方法です。

共同編集

チームメンバーからの意見が必要ですか? 複数のユーザーが同時にページを編集できます。

エディターで「招待」ボタンをクリックし、リンクを取得するか、ユーザーまたはグループを入力して電子メールで招待します (もちろん、適切な Confluence およびスペース権限が必要です)。

詳細は、「共同編集」を参照してください。 

共同作業または制限

ページを作成したら、制限を使用して非公開にしておくか、@mentions を使用して共有し、ページ上で共同作業をしたり、コメントを付けたりします。

整理し、移動させる

密接に関連しているコンテンツの子ページと親ページ (またはいずれか一方) を階層構造に編成することもできます。Confluence ページに移動して、ヘッダーにある作成ボタンを選択すると、作成されるページは、既定では表示中のページの子になります。階層構造内には必要な数だけ子ページやレベルを含めることができます。また、ページの場所を変更したい場合は、ページを移動します。

Confluence スペースですべてのページを表示する場合、サイドバーでページを選択します。

作成されるページは常に スペース内のページです。スペースは、関連するコンテンツを持つページを入れるコンテナーです。したがって、組織のチーム別、プロジェクト別、両方の組み合わせなど、ページをグループ化する必要に応じてスペースを設定できます。詳細は、 スペース を参照してください。

その他のページ操作

(warning) ページ名または添付ファイル名には特殊文字を使用しないことをお勧めします。これは、Confluence 検索でページまたは添付ファイルが見つからなかったり、一部の Confluence 機能に予期しない動作が生じる可能性があるためです。

ページの名前を変更すると、一部のマクロを除き、そのページへのすべての関連リンクが Confluence により、自動的に更新されます。外部のサイトからのリンクは、固定 URL を使用していない限り壊れます。詳細は、リンク関連の作業を参照してください。

注意

非常に大容量のページを保存する場合、問題が生じることがあります。Confluence は約 5mb のコンテンツを受け入れることができます (添付ファイルを含みません) 。これは約 800,000 ワードに相当します。ページサイズが大きいため保存できないことを示すエラーが表示された場合、ページを分割してサイズを小さくします。 

最終更新日 2017 年 7 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.