Apache Tomcat で Oracle データソースを設定する

Oracle データベースセットアップ

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、Confluence のための Oracle データソース接続の設定方法について説明します。

ステップ 1. Confluence をシャットダウンする

  1. Run bin/stop-confluence.sh or bin/stop-confluence.bat to bring Confluence down while you are making these changes.
  2. Make a backup of your <CONFLUENCE_HOME>/confluence.cfg.xml file and your <CONFLUENCE_INSTALLATION>/conf/server.xml file, so that you can easily revert if you have a problem.

ステップ 2. Oracle データベースドライバをインストールする

  1. Oracle JDBC ドライバをダウンロードします。ドライバへのリンクについては、「データベース JDBC ドライバ」を参照してください。
  2. Copy the driver JAR file to the /lib directory of your Confluence installation directory.

Step 3. Configure Tomcat

  1. Edit the conf/server.xml file in your installation directory.

  2. 以下の行を見つけます。

    <Context path="" docBase="../confluence" debug="0" reloadable="true">
    <!-- Logger is deprecated in Tomcat 5.5. Logging configuration for Confluence is 
    specified in confluence/WEB-INF/classes/log4j.properties -->


  3. Insert the following DataSource Resource element directly after the lines above (inside the Context element, directly after the opening <Context.../> line,  before Manager).

    <!-- If you're using Confluence 5.7 or earlier; change maxTotal to maxActive -->
             <Resource
             name="jdbc/confluence"
             auth="Container"
             type="javax.sql.DataSource"
             driverClassName="oracle.jdbc.OracleDriver"
             url="jdbc:oracle:thin:@hostname:port:sid"
             username="<username>"
             password="<password>"
             connectionProperties="SetBigStringTryClob=true"
    		 accessToUnderlyingConnectionAllowed="true"
             maxTotal="60"
             maxIdle="20"
             maxWaitMillis="10000"
             />
  4. Replace <username> and <password> with your actual Oracle credentials.

  5. Replace the url with the URL for your Oracle database. See how to find your Oracle URL. For example:

    jdbc:oracle:thin:@example.atlassian.com:1521:confluencedb
    
  6. maxTotal and maxIdle define the number of database connections that will be allowed at one time, and the number that will be kept open when there is no database activity. These can be adjusted based on your requirements. See the Apache Tomcat 8 Datasource documentation for more information.
メモ:
  • If switching from a direct JDBC connection to datasource, you can find the above details in your <CONFLUENCE_HOME>/confluence.cfg.xml file.

  • 以下は、Tomcat の標準のデータソース リソース ファクトリ (org.apache.tomcat.dbcp.dbcp.BasicDataSourceFactory) の設定プロパティです。

    • driverClassName — 使用される JDBC ドライバの完全修飾 Java クラス名。
    • maxTotal — このプールから同時に割り振ることができるアクティブなインスタンスの最大数。
    • maxIdle — このプールで同時にアイドル状態可能な接続最大数。
    • maxWaitMillis — 利用可能な接続が存在しない場合、例外をスローする前に接続が戻されるのをプールが待機する最大時間 (ミリ秒)。
    • password — JDBC ドライバに渡されるデータベースのパスワード。
    • url — JDBC ドライバに渡される接続 URL。(後方互換性のために、プロパティの driverName も認識されます。)
    • user — JDBC ドライバに渡されるデータベースユーザー名
    • validationQuery — 接続がアプリケーションに戻される前に接続を検証するためにプールによって使用される SQL クエリ。指定する場合、クエリは少なくとも1つの行を返す SQL SELECT 文でなければなりません。
  • Why is the validationQuery element needed? When a database server reboots, or there is a network failure, all the connections in the connection pool are broken and this normally requires a Application Server reboot. However, the Commons DBCP (Database Connection Pool) which is used by the Tomcat application server can validate connections before issuing them by running a simple SQL query, and if a broken connection is detected, a new one is created to replace it. To do this, you will need to set the "validationQuery" option on the database connection pool.

ステップ 4. Confluence Web アプリケーションを設定する

次のデータソースを使用するように Confluence を設定します。

  1. <CONFLUENCE_INSTALLATION>/confluence/WEB-INF/web.xml を編集します。
  2. Insert the following element just before </web-app> near the end of the file:

    <resource-ref>
      <description>Connection Pool</description>
      <res-ref-name>jdbc/confluence</res-ref-name>
      <res-type>javax.sql.DataSource</res-type>
      <res-auth>Container</res-auth>
    </resource-ref>
    

既存の Confluence インストールを Tomcat データソースを使用するように変更する場合:

  1. <CONFLUENCE_HOME>/confluence.cfg.xml ファイルを編集します。
  2. Delete any line that contains a property that begins with hibernate.
  3. Insert the following at the start of the <properties> section:

    <property name="hibernate.setup"><![CDATA[true]]></property>
    <property name="hibernate.dialect"><![CDATA[net.sf.hibernate.dialect.OracleIntlDialect]]></property>
    <property name="hibernate.connection.datasource"><![CDATA[java:comp/env/jdbc/confluence]]></property>

ステップ 5. Confluence を再起動する

Run bin/start-confluence.sh or bin/start-confluence.bat to start Confluence with the new settings.

最終更新日 2017 年 7 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.