キャッシュ統計

キャッシュ パフォーマンスのチューニング

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Confluence は内部キャッシュに関する統計情報を提供しています。この情報を使用すれば、各キャッシュのサイズとヒット率を追跡し、(必要な場合は)キャッシュをチューニングして、パフォーマンスを改善できます。詳細については、パフォーマンス チューニング を参照してください。

設定可能なキャッシュ

システム管理者は Confluence の内部キャッシュのサイズを管理コンソールから変更することができ、Confluence を一度シャットダウンして、再起動する手順を踏まなくても、これらの変更は有効になります。定義済みのどのキャッシュ領域についても、含まれるユニットの最大数を個別に調整できます。

キャッシュ サイズが大きくなるほど、実行時に必要なメモリが多くなるため、Confluence の Java プロセスへのメモリの割り当てと、サーバー上で使用可能な物理メモリを見直す必要があります。

キャッシュ統計の表示とキャッシュサイズの変更

キャッシュ統計を表示するには、

  1. Go to  > General Configuration > Cache Management.
  2. 詳細ビューの表示 を選択します。

次に示すのは、最も頻繁に使用されるキャッシュの 1 つ、「コンテンツ オブジェクト」キャッシュの一例です。

生成される数値:

使用率

=(オブジェクト)/(サイズ)

使用率の例 = 4023 / 5000 = 80%

有効率:

=(ヒット)/(ヒット+ミス)

有効率の例 = 374550 / (374550 + 140460) = 73%

現在 / 最大エントリ

キャッシュ内のエントリ数 / 許容可能な総エントリ数(これはキャッシュのサイズです)。

現在のヒープ サイズ このキャッシュに割り当てられたヒープ メモリ(MB単位)(該当する場合)

ヒット/ミス/追い出し

必要なコンテンツがキャッシュで見つかった読み取りアクセス数 / 必要なコンテンツがキャッシュで見つからなかった読み取りアクセス数 / キャッシュから追い出されたオブジェクトの数。

サイズ調整

このオプションを使用して、最大キャッシュ サイズを別の値に指定します。

フラッシュ

キャッシュをフラッシュします。


キャッシュ サイズ設定の変更は、ホーム ディレクトリの shared-home/config/cache-settings-overrides.properties ファイルに保存されています (Confluence Data Center クラスタでは、これはローカル ホームではなく共有ホーム ディレクトリにあります)。 

すべての値を既定値に戻す必要がある場合、このファイルを削除して Confluence を再起動してください。 

最終更新日 2017 年 9 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.