Confluence ログを使用する

Confluence では、Apache の log4j ログ記録サービスを使用しています。これによって、開発者または管理者は、アプリケーション バイナリに触ることなく、設定ファイルを編集することで、ログ記録の動作やログ出力ファイルを制御することができます。log4j のログレベルは 6 つあります。

If you request help from Atlassian Support, we will almost always ask for the atlassian-confluence.log from the confluence-home/logs directory. To access the logs, go to go to  > General Configuration > Atlassian Support Tools.

If you cannot access logs via Support Tools, check the properties file at <confluence-installation>/confluence/WEB-INF/classes/confluence-init.properties, look for the confluence.home setting in that file, then find the logs in the Confluence home directory.

Confluence ログ ファイルの検索

This section describes Confluence's default logging behavior, assuming that you have not changed the destination of the logs. In order to unify logging across different application servers, Confluence uses the atlassian-confluence.log as its primary log, not the application server log.

  • Confluence を起動すると、Confluence の初期 bootstrap が完了するまで、ログ エントリがアプリケーション サーバーに送られます。以下で説明するように、コンソールに書き込まれたログ エントリは、Confluence のログに繰り返されます。
  • 初期スタートアップ シーケンスが完了すると、すべてのログは <confluence-home>/logs/atlassian-confluence.log に記録されます。例: c:/confluence/data/logs/atlassian-confluence.log

デフォルトの場所はアプリケーション サーバーのログ ファイルではなく、Confluence のホーム ディレクトリであることに注意してください。ホーム ディレクトリは <confluence-installation>/confluence/WEB-INF/classes/confluence-init.properties で指定されています。

ログ設定ファイルの場所

Confluence および Synchrony でのログ記録の挙動は、以下のプロパティ ファイルで定義されています。
<CONFLUENCE-INSTALL>/confluence/WEB-INF/classes/log4j.properties

このファイルは、Apache の log4j ドキュメントに記載されているような、標準的な log4j 設定ファイルです。

ログ ファイルの出力先の変更

logtruej では出力先を "appender" と呼びます。ログ ファイルの出力先を変更するには、Confluence を停止し、log4j.properties ファイルの "Logging Location and Appender" セクションの設定を変更する必要があります。このファイルの場所は、上記のとおりです。

標準的なプロパティ ファイルには、2つのアペンダ エントリがあります。

  • com.atlassian.confluence.logging.ConfluenceHomeLogAppender – これは、上記の既定のログの出力先を制御するカスタム appender です。この appender では以下の設定が可能です。
    • MaxFileSize
    • MaxBackupIndex
  • org.apache.log4j.RollingFileAppender - 異なる場所にログを出力する場合、RollingFileAppender 行のコメント化を解除し、その下の行で出力ファイルを変更します。ConfluenceHomeLogAppender を参照する、手前の行をコメントアウトします。

Synchrony ログファイルの出力先は、ファイルと同じ方法で変更できます。 

Confluence には log4j の提供するアペンダの完全なスイートが同梱されています。アペンダの詳細については、log4j のドキュメントを参照してください。

ログ ファイルのサイズと数を変更する

既定では、Confluence は 5 のログ ファイルを保持します。これらのファイルは 20 MB に到達すると上書きされます。 

<CONFLUENCE-INSTALL>/confluence/WEB-INF/classes/log4j.properties ファイルで次の値を編集し、既定のログ サイズと保持するログ ファイルの数を変更できます。

 

log4j.appender.confluencelog.MaxFileSize=20480KB
log4j.appender.confluencelog.MaxBackupIndex=5


ログ レベルの変更

Confluence のログ設定を変更する方法の説明については、「ログ作成の設定」を参照してください。

特定の Confluence ロギング オプション

このセクションには、必要になるかもしれない特定のログ設定に関するアドバイスがいくつか含まれています。

データベースに対する SQL リクエストの詳細のログ記録

データベースに送信される個々の SQL リクエストを記録できるように、Confluence のログを増やすことができます。これは特定の問題のトラブルシューティングに役立ちます。

2つの方法で、詳細な SQL のログ記録を有効化できます。

  • 実行時 - 上記の手順を参照してください。
  • ログ記録のプロパティ ファイルを使用 - 詳細な手順を参照してください。

各 Confluence ページへのユーザーの参照/アクセスの詳細のログ記録

ユーザーが Confluence 内のどのページにアクセスしているかを示すようにログを設定することができます。これは、ログ記録のプロパティ ファイルの介してのみ利用可能です。詳細な手順を参照してください。

既知の問題についてのログ ファイルのスキャン

Confluence では、Confluence ログのエラーを確認したり、それがナレッジ ベースやバグ トラッカーの既知の問題に一致するかどうかを確認する組み込みのログ スキャナーを提供しています。「問題のトラブルシューティングおよび技術サポートの依頼」を参照してください。

注意

  • スレッド ダンプの検索: スレッドダンプは、アプリケーション サーバのログ ファイルに記録されます。
最終更新日 2017 年 5 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.