Confluence 用に Java をインストール

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、Java Development Kit (JDK) のインストールを説明します。これは、zip またはアーカイブファイルから Confluence をインストールする場合にのみ必要な手動ステップです。Confluence インストーラーを使用している場合、Java を手動でインストールする必要はありません。 

サポート対象プラットフォームページを確認してConfluence 用にサポートされている Java バージョンを見つけます。

Java をインストール

JDK (Java Development Kit) は、Confluence をインストールするサーバーと同じサーバーにインストールする必要があります。 Confluence は JDK または JRE (Java ランタイム環境) で 実行できます。以下では JDK のインストールのみ説明します。 

Windows で JDK をインストールする...

開始する前に、[コントロール パネル] > [プログラムと機能] に進み、JDK がインストール済みかどうかを確認します。

Windows に JDK をインストールする手順

  1. 適切な JDK バージョンをダウンロードします。
    サポート対象プラットフォームページを確認してご使用の Confluence のバージョンでサポートされている JDK/JRE バージョンを見つけます。
  2. Java インストーラーを実行します。インストールディレクトリをメモします。これは後で必要になります。
  3. Java インストールが完了したら、JAVA_HOME 環境変数が正しく設定されたことを確認します。
    コマンド プロンプトを開いて「echo %JAVA_HOME%」と入力し、Enter を押します。 
    • Java インストール ディレクトリへのパスが表示される場合、JAVA_Home 環境変数は正しく設定されています。
    • 何も表示されない場合、または %JAVA_HOME% のみ返される場合、JAVA_HOME 環境変数を手動で設定する必要があります。ガイドの「Windows での JAVA_HOME 変数の設定」を参照してください。

Linux で JDK をインストールする...

開始する前に、JDK がインストール済みかどうかを確認します。シェル コンソールを開いて「echo $JAVA_HOME」と入力し、Enter を押します。

  • /opt/JDK8 または /usr/lib/jvm/java8 などの内容が返される場合、JDK はインストールされ、適切に構成されています。
  • 何も表示されない場合、JDK をインストールするか、$JAVA_HOME 環境変数を設定する必要があります。
    この環境変数はユーザー アカウントの "profile" ファイルで設定できます。別の手段として、Confluence のインストール後に、Confluence インストールの setenv.sh ファイルにこのパスを定義することで、この環境変数を設定できます。このファイルは通常、Confluence bin ディレクトリにあります。
  • サポートされていない JDK をインストール済みで、SSL を使用したい場合は、Sun JSSE パッケージをインストールする必要があります。

Linux に JDK をインストールする手順

  1. 適切な JDK バージョンをダウンロードします。
    サポート対象プラットフォームページを確認してご使用の Confluence のバージョンでサポートされている JDK/JRE バージョンを見つけます。
  2. Java インストーラーを実行します。インストールの詳細説明は、Oracle の Web サイトを参照してください。
  3. シェル コンソールを開き、echo $JAVA_HOME」と入力し、Enter を押して正しくインストールされたことを確認します (上記を参照)。

注意: このページの Java または JDK のバージョン番号は単なる例として使用されています。 サポートされている Java のバージョンについてはサポート対象プラットフォームページを参照してください。

最終更新日: 2018 年 9 月 18 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.