共同編集

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

共同編集では、チームはソフトウェア要件、ミーティング議事録、ふりかえり、およびその他の Confluence ページに対してリアルタイムで一緒に作業できるため、チームワークのレベルが上がります。

See who's editing a page with you and their cursor position, and see changes as they happen. Colorful avatars show who is editing right now, and grey avatars show people who have made changes and then left the editor. Hit  to invite more people to edit with you. 

変更は自動的に同期されるため、編集中のユーザーには同一の内容が表示されます。また、常に保存されているため、手動で保存する必要はありません。決定が必要なのは、変更を公開するときのみです。

 

  1. 他のユーザーを招待: ページを編集中のユーザーを確認し、他のユーザーを共同編集に招待します。
  2. 何が行われているかを確認: 他のユーザーの編集をリアルタイムで表示します。

 

同時に編集可能なユーザーの最大数は設定されていませんが、同時編集ユーザー数が 12 人を超えないようにすることをお勧めします。 

編集が完了すると、以下の操作を実行できます。

  • 全員が変更を見ることができるように、公開(以前にページが公開された場合は更新)します。
  • エディターを終了し、全員の作業が完了するまで保持します。
  • エディターを終了し、全員の変更を破棄します。 

自分自身の変更と一緒に他のユーザーの変更も公開 (または破棄) する場合は特に注意してください。 

作業を再開する

共同編集の素晴らしい点の一つは、準備が完了するまでページを公開する必要がないことです。

未公開の変更に対して作業を再開する方法は次のとおりです。

  • 以前にページが公開されたことがある場合、編集をクリックするだけで、未公開の変更に対する作業を再開できます。 
  • ページを作成してまだ公開していない場合、プロフィール > 下書きに移動して、作業を再開することができます。 
  • 他のユーザーがページを作成し、まだ未公開の場合、そのページに対する作業を再開するには、編集セッションの URL が必要です (これは、元の作成者の下書きリストにのみページが表示されるからです)。 

 

共同編集の新機能は何ですか?

 

リアルタイムでの共同作業

チームと一緒に作業し、リアルタイムで変更を表示します。

マージの競合がなくなった

共同編集では共有下書きを使用します。したがって、全員が同じページで作業するためマージの必要がありません。

保存する必要はありません。保存は自動的に行われます。

変更は自動保存されるため、ユーザーはいつ公開するかを決定するだけです。

その他の情報



制限付きコンテンツ監査

共同編集では同一の監査機能がまだありません。今のところ、すべてのページ変更は、各特定ページの変更者ではなく、そのページの発行者に帰属します。

下書きの変更は
バージョン化されない

共同編集は常に保存されていますが、下書きのバージョンは保存されません。古いページバージョンを復元する場合、公開済みバージョンへのロールバックのみ可能です(ページの下書きは、変更を破棄するか、旧バージョンを復元すると失われます)。

下書きの変更

共同編集では、共有下書きという、新しいタイプの下書きが導入されています。以前は、ページの編集後保存できない場合、Cofluence によってそのユーザーにのみ表示される下書きが作成されていました (個人用下書き)。現在は、ページが編集されるたびに共有下書きが Confluence により作成されます。すべてのページ編集者はこの同じ共有下書きで作業します。この下書きはページが公開されるまで存続します。 

共有下書きを公開する場合、自分と他のユーザーが行ったすべての変更を公開することになります。公開によって、ページ履歴にバージョンが作成されます。 

共有下書きを破棄する場合、自分と他のユーザーが行ったすべての変更を破棄することになります。共有下書きのバージョンは作成されないため、破棄した共有下書きを元に戻すことはできません。

 

個人用下書きにアクセスする

個人用下書きはまだ利用できますが、編集はできません。ページを編集する場合、個人用下書き (存在する場合) ではなく、そのページの共有下書きが表示されます。 

以前の個人用下書きからコンテンツを取得する必要がある場合、プロファイル > 下書きに進み、対象のページを見つけてコンテンツをコピーします。 

最終更新日: 2018 年 9 月 18 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.