Confluence 手動アップグレード

このガイドでは、zip / tar.gz ファイルを使用して、Windows または Linux 上で Confluence サイトを最新の Confluence バージョンにアップグレードする方法について説明します。 

現在有効なソフトウェア メンテナンスがある場合、新しいバージョンへのアップグレードは無料で行えます。詳細については、「ライセンスの FAQ」を参照してください。


Confluence をアップグレードするその他の方法:

  • インストーラー – Confluence をアップグレードする最も簡単な方法です。
  • Data Center – Data Center クラスタをアップグレードします。

Confluence のアップグレードに XML バックアップを使用することは推奨されません

このページの内容:

はじめる前に

Confluence をアップグレードする前に、いくつかの質問に答える必要があります。 

マニュアルは正しいアップグレード方法ですか?
詳細を読む...

アップグレードの方法として、インストーラを使用する方法と、zip または tar.gz ファイルを使用して手動で実施する方法があります。ほとんどの場合、Confluence インスタンスのアップグレードの最も簡単な方法は、インストーラを使用する方法です。

以下の場合は手動でアップグレードする必要があります。

  • アップグレードの一環として、別のオペレーティング システムまたはファイルの場所への移動が行われる場合
  • Confluence 3.5 以前からアップグレードする場合
  • Confluence 5.6 以前からのアップグレード、および過去に EAR/WAR ディストリビューションを使用して既存のアプリケーション サーバーに Confluence をデプロイした場合。 

アップグレードの資格がありますか?

詳細を読む...

ライセンスでソフトウェア メンテナンスを利用可能かどうかについては、 > [一般設定] > [トラブルシューティングとサポート ツール] に移動し、ライセンス サポートの有効期限が切れていないことを確認します。

  1. ソフトウェア メンテナンス: この期間中はいつでもアップグレードできます。 

サポート期間が失効しいる場合、プロンプトに従ってライセンスを更新し、再適用してからアップグレードを行います。

アトラシアンのサポート対象プラットフォームに変更はありますか?

詳細を読む...

サポート対象プラットフォーム ページで、アップグレード先の Confluence のバージョンを確認します。このページでは、サポート対象のオペレーティングシステム、データベースおよびブラウザに関する情報を提供しています。

参考情報

  • Java をアップグレードする必要がある場合は、JAVA_HOME 変数を新しいバージョンにアップグレードするようにしてください。
  • Confluence インストーラーには Tomcat が含まれるため、別途アップグレードする必要はありません。
  • データベースをアップグレードする必要がある場合、アップグレード先 (およびその中間) の Confluence バージョンのアップグレードに関する注意事項を読み、必要なデータベース構成の変更を確認します。
環境に変更を加える必要はありますか?
詳細を読む...

新しい Confluence バージョンでは、メモリの増強やリバース プロキシ設定の調整など、環境の変更が必要な場合があります。

参考情報

ユーザーに影響する変更についてはアップグレードの注意事項をご確認ください。次のようなものがあります。

  • 環境に影響を与える、サポート対象データベース、メモリ要件またはその他の変更。
  • このリリースで大きく変更または削除された機能。
  • インスタンスまたは環境でアップグレード後すぐに実施する必要があるアクション。

アップグレード後のバージョンとその間のバージョンに関する注意事項をお読みください。たとえば、5.8 から 5.10 へアップグレードする場合は、5.9 と 5.10 のアップグレード ノートを読む必要があります。

アップグレードを計画する

1. アップグレード パスを決定する

以下の表を使用して、現在のバージョンから最新バージョンの Confluence への最も効率的なアップグレード パスを決定します。

ご利用のバージョン

Confluence 6 への推奨アップグレードパス

2.7 以前 2.7.4 へアップグレードした後、3.5.17 へアップグレードし、以降のパスに従います。
2.8 〜 3.4 3.5.17 にアップグレードし、以降のパスに従います。
3.5

5.0.3 にアップグレードし、Confluence 6 の最新バージョンにアップグレードします。

4.0 〜 4.3 

5.10.x にアップグレードし、Confluence 6 の最新バージョンにアップグレードします。

5.0 〜 6.x

Confluence 6 の最新バージョンに直接アップグレードします。

 

Confluence 6 はメジャー アップグレードです

Confluence 6.0 アップグレード ノート」を確認し、完全なバックアップを作成し、非本番環境でアップグレードをテストしてから、本番サイトのアップグレードを実行してください。

2. アップグレード前のチェックを完了する

  1. アップグレード先のバージョン (およびその間のバージョン) のアップグレード ノートをお読みください。
      

  2.  > [一般設定] > [トラブルシューティングとサポート ツール] へ移動して、ヘルス チェックを実行します (Confluence 5.5 以降で利用可能)。

    ライセンスが期限切れの場合

    お使いのライセンスに含まれるソフトウェア メンテナンスの期限が切れた場合も Confluence を引き続き使用できますが、アップグレード前に更新する必要があります。

     > [一般設定] > [ライセンスの詳細] に移動してプロンプトに従い、ライセンスを更新します。

    組み込みのデータベースを引き続き使用している場合

    組み込み(トライアル用)データベース を使用している場合は、 別のデータベースへ移行する前にアップグレードする必要があります。

    このデータベースは評価用であるため、本番環境での利用は推奨されません。詳細は、「組み込み H2 データベース」を参照してください。

    データベースの文字エンコーディングが誤っている場合

    データベースの文字エンコーディングは、UTF+8 (Oracle データベースの場合は AL32UTF8) に設定する必要があります。文字エンコーディングが異なる場合、最新の Confluence バージョンにアップグレードすることができません。

      

  3. > [アプリの管理] に移動し、[Confluence の更新チェック] にスクロールして、ご利用のマーケットプレイス アプリの互換性を確認します。
      

  4. アップグレード先のバージョンを選択し、[チェック] をクリックします。

    互換性のないアドオンがある場合...

    ユーザーが特定のマーケットプレイス アプリに依存している場合、Confluence のアップグレード前に互換性がサポートされるまで待つことをお勧めします。ベンダーは一般的に、メジャー リリースの後すぐにアプリをアップグレードします。

    参考情報

    • 互換性がサポートされていない場合は、アップグレード中、一時的にアプリを無効化することができます。
    • Atlassian Labs やその他の無料アプリの互換性は、新しいリリース後すぐには提供されない場合があります。多くの場合、アプリは引き続き機能します。本番サイトをアップグレードする前にテスト サイトで試してください。

3. テスト環境で Confluence をアップグレードする

  1. 現在の本番環境のステージング コピーを作成します。
    アップグレードをテストする環境の作成については、「Confluence アップグレードのためのステージング環境を作成する」を参照してください。
      
  2. 以下の手順に従って、テスト環境をアップグレードします。  
      

  3. 本番環境でアップグレードを行う前に、サポート対象外のユーザー インストール アプリ、カスタマイズ (カスタム テーマやレイアウト)、プロキシ構成 (可能な場合) をテストします。   

Confluence のアップグレード

4. バックアップ 

  1. データベースのバックアップを作成し、適切に作成されていることを確認します。
    データベースがオンライン バックアップをサポートしていない場合は、まず Confluence を停止する必要があります。
      
  2. インストール ディレクトリホーム ディレクトリのバックアップを作成します。
      

    ホーム ディレクトリの場所が不明な場合

    ホーム ディレクトリの場所は <installation-directory>/confluence/WEB-INF/classes/confluence-init.properties ファイルに記載されています。

    ここには、検索インデックスと添付ファイルが格納されます。添付ファイルを Confluence ホーム ディレクトリの外部で保存している場合は、添付ファイル ディレクトリのバックアップも実施する必要があります。 

5. Confluence をダウンロードする

ご使用のオペレーティングシステムに対応したインストーラーを https://www.atlassian.com/software/confluence/download からダウンロードします。

6. ファイルの抽出と Confluence のアップグレード

  1. Confluence を停止します。無停止のアクセスを提供する必要がある場合は、「サイト メンテナンスで読み取り専用モードを使用する」を参照してください。  
  2. ディレクトリ(新しいインストール ディレクトリ。既存のインストール ディレクトリとは異なる必要があります)にファイルを抽出(解凍)します。
    注意:Windows でのアーカイブ ファイル解凍について既知の問題が報告されています。7Zip または Winzip の使用を推奨します。  
  3. <Installation-Directory>\confluence\WEB-INF\classes\confluence-init.properties  ファイルを編集し、 既存 のホーム ディレクトリを指すようにします。  

  4. Oracle または MySQL データベースを利用している場合、既存の Confluence インストール ディレクトリから新しいインストール ディレクトリconfluence/WEB-INF/lib に jdbc ドライバの jar ファイルをコピーする必要があります。
      

  5. 以下のような場合は追加ステップを実施する必要があります:
    • Confluence をWindows サービスとして実行している場合

      ここをクリックして展開...

      Confluence を Windows サービスとして実行している場合、コマンドプロンプトを開き、以下の通り入力します:  

      <Installation-Directory>\bin\service.bat remove Confluence

      Confluence の古いインスタンスをアンインストールする前に既存のサービスを停止して削除することが重要です。Confluence を Windows サービスとして実行する際の詳細情報については、Confluence を Windows でサービスとして自動的に起動するを参照してください。

      (warning) Confluence インストーラーでインストールしたサービスを削除するには、<confluence auto installer installation folder>\UninstallService.bat を実行する必要があります。

    • Confluence を異なるポート(デフォルトポート 8090 以外)で実行している場合 

      ここをクリックして展開...

      Confluence をポート 8090 で実行していない場合、<Installation-Directory>\conf\server.xml ファイルを更新して利用しているポートを含めます。

  6. 新しい Confluence を起動します。セットアップ ウィザードが表示されないはずです。  

アップグレード後

7. サービスを再インストールする (Windows のみ)

Windows で Confluence をサービスとして実行している場合、<install-directory>/bin/service.bat を実行して、既存のサービスを削除してサービスを再インストールする必要があります。

これにより、サービスで最新の JVM オプションを使用できます。 

8. 変更の再適用

Confluence をカスタマイズ済みの場合 (server.xml ファイルでの SSL 設定、confluence-init.properties ファイル内の CATALINA_OPTS  または JAVA_OPTS パラメータなど)、アップグレードの完了後に次の手順を実行する必要があります。

  1. アップグレードされた Confluence インスタンスを停止します。
  2. 関連するファイルのカスタマイズを、新たにアップグレードされた Confluence インストール ディレクトリ に再適用します。
  3. アップグレードされた Confluence インスタンスを再起動します。

Confluence に変更があり、それによりカスタマイズが使用できない可能性もあるため、本番インスタスでアップグレードを実施する前に、テスト インスタンスでカスタマイズのテストを実施することを強く推奨します

9. リバース プロキシを更新し、Confluence にアクセスできることを確認する

Confluence 5.x から Confluence 6.x にアップグレードする場合、リバース プロキシを変更して (使用している場合)、共同編集に必要な Synchrony を追加します。プロキシ 構成に必要な変更の詳細については、「プロキシおよび SSL の考慮事項」を参照してください。

アップグレードが完了したら、(直接ではなく) リバース プロキシ経由で Confluence にアクセスし、以下を実施する必要があります。

  • > [一般設定] > [共同編集] に移動し、Synchrony ステータスが実行中であることを確認します。 
  • ブラウザが Synchrony に接続できることを確認するために任意のページを編集します。

リバース プロキシの設定が誤っている可能性があり、Synchrony が実行されないか、エディターでエラーが発生する場合、推奨される次の手順について、「共同編集のトラブルシューティング」を参照してください。 

トラブルシューティング

問題が発生した場合

アップグレードを再試行する必要がある場合、最初にアップグレード前のバックアップを復元する必要があります。アップグレードに失敗した後に、アップグレードの再試行や Confluence の旧バージョンの起動を行わないでください。 

アップグレード中の一般的な問題...


  • ライセンス期間が切れており、アップグレードを続行できない
    ライセンス期間が切れたまま更新されておらず、アップグレード前に再適用もされていないと、アップグレード中にエラーが発生します。この問題の解決方法については、現在のライセンス期間を超えたアップグレードを参照してください。
  • 共同編集エラー
    Synchrony が動作しないか、エラーが表示された場合、共同編集を有効にする方法およびご利用の環境内で共同編集を実行する方法について、「共同編集のトラブルシューティング」を参照してください。最も一般的な問題は、リバース プロキシの設定ミスや、Synchrony がポート 8091 を利用できないことです。   

Confluence ナレッジベースのアップグレードのトラブルシューティングを参照するか、コミュニティのアトラシアン回答集を確認してください。

最終更新日 2019 年 5 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.