Confluence Cloud から Confluence Server への移行

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページは、現在 Confluence Cloud を利用しているが、Confluence Server (自身のサーバーでホスティングする Confluence) への移行を検討中の方を対象としています。

Confluence Server から Confluence Cloud への移行の場合は、「Confluence Server から Cloud への移行を計画する」を参照してください。

このページの内容:

Confluence Cloud からは、 Confluence Server 6.0 以降にのみ移行できます。それよりも前の Confluence のバージョンに (サイト全体または個別のスペース エクスポートの) クラウド データをインポートすることはできません。最新バージョンの Confluence Server をインストールすることをおすすめします。 

Confluence Cloud は通常は Confluence Server より先に進んだバージョンであり、それにより幾つかの機能は Confluence Server では利用できない可能性があります。  

スペースを 1 つずつ移行したい場合は「Confluence Cloud からスペースをインポートする」を参照してください。


移行の手順

Confluence Cloud から Confluence Server に移行するには

  1. Confluence バックアップ マネージャーを使用して、Confluence Cloud のサイトからデータをエクスポートします。 

    • プロファイルの公開範囲にかかわらずすべてのユーザー データがエクスポートに含まれるようにするためには、サイト管理者がエクスポートを実施する必要があります。 
    • 詳細な手順についてはサイトのバックアップを作成するをご覧ください。
  2. 最新の Confluence Server リリースをダウンロードします。クラウド製品のバックアップは Confluence 6.0 以降にのみインポートできます。最新のリリースをインストールすることをおすすめします。
  3. Confluence インストールでは、利用しているプラットフォームのConfluenceのインストール・ガイドに従ってください。
  4. バックアップファイル(XMLエクスポート)を新しい Confluence のインストールにインポートします - サイトのリストアを参照してください。
  5. Confluence をリカバリ モードで起動するには、「パスワードを復元して管理者ユーザー権限をリカバリする」の手順に従い、一時アカウントを使用してログインします。 
  6. 新しいユーザー アカウントを作成し、confluence-administrators グループのメンバーにします。これがシステム管理者のアカウントになります。 
  7. Confluence を停止し、リカバリ モード システム プロパティを削除して、Confluence を再起動します。 

サポート、制限、推奨事項

新しい Confluence Server サイトについて、以下に注意してください。

  • インポート後に Jira Cloud のアプリケーション リンクを Confluence から削除できない場合、このガイドの説明に従い、Confluence データベースから参照情報を直接削除する必要があります。
  • 以下の問題によって、ユーザー管理セクションが欠落している可能性があります: CONF-35177 - 課題詳細を取得中... ステータス
    機能を再度有効化するには、課題に記載された回避策の指示に従います。
  • Confluence Cloud サイトに、Jira Cloud インスタンスへのアプリケーション リンクに依存するマクロがあり、Jira の移行も行う場合、 APL-1144 - Getting issue details... STATUS の記載に従って参照情報を更新する必要があります。
    この問題に対応するには、インポート前に XML を編集するか、こちらのガイドに記載されている手順に従って Confluence データベースで参照情報を一括編集します。
  • インポート後のページの読み込みで問題が発生した場合、ポートが変更されている可能性があるため、 > [一般設定] へ移動して基本 URL を確認します。 
  • ユーザーのお気に入りの一部 (後で読むために保存されたページ) が、 CONF-36348 - 課題詳細を取得中... ステータス によって失われた場合。詳細は、「XML からのインポート後に欠落したお気に入りを復元する方法」を参照してください。
  • 新しい Jira プロジェクトを作成しても、Confluence スペースは自動的には作成されません。
  • Cloud から Confluence 5.10 に移行した後でページを作成または編集できない場合は、この課題の回避策に従い、当該のダーク機能を無効化します。 CONF-44335 - 課題詳細を取得中... ステータス この問題は、Confluence 6.x バージョンには影響しません。
  • Confluence Cloud のユーザーは、プロファイルの公開範囲を変更できます。すべてのユーザー データがエクスポートに含まれるようにするためには、サイト管理者にエクスポート実施を依頼してください。

アカウントの可視性

Confluence クラウドでは、各ユーザーは自分のプロファイル情報を公開するかどうか選択することができます。この設定により、クラウドサイトがサーバーに移行された時、ユーザーの姓名等のアカウント情報が含まれないことがあります。

サイトエクスポートをする際、サイト管理者としてログインしていれば、メールアドレスは常にサイトエクスポートに含まれ、ユーザー作成時にユーザー名として利用されます。ユーザーはメールアドレスでログインでき、移行されなかった情報を更新することが可能です。 

Marketplace アプリ

データの移行後、Questions や Team Calendars などの互換性のあるアプリをインストールする必要があります。 

(info) Please note that Questions and Team Calendars data will not be included in the migration. 

一部のサードパーティ製アプリは Cloud 版でのみ使用可能であり、移行した後は使用できなくなります。ご利用のアプリが Confluence Server、Cloud、またはそれらの両方で利用できるかどうかは、Atlassian Marketplace で確認できます。 

データベースの検討事項 

新しい Confluence をインストールする際、どのデータベースを選択すればよいか不明な場合は、PostgreSQL を推奨します- PostgreSQL データベースのセットアップを参照してください。Confluence Cloud サイトは PostgreSQL で動作するため、互換性の問題が発生することはありません。

他のサポート対象のデータベースを選択し、互換性の問題が発生した場合は、サポートまでご連絡ください。

Confluence ライセンス

Confluence Server に移行するには新しいライセンスが必要になります。現在の Confluence Cloud ライセンスを使用することはできません。新しいライセンスは http://my.atlassian.com から入手できます。また、有料の Marketplace アプリに対して新しいライセンスが必要になる場合もあります。 

最終更新日 2019 年 8 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.