文字エンコードの設定

Confluence とデータ ベースは同じ文字エンコーディングを使用するよう設定する必要があります。文字エンコーディングの問題を回避するため、すべての文字エンコーディングを常に UTF-8 (またはお使いのデータベースで同等のもの。Oracle データベースの場合は, AL32UTF8) に設定してください。

 

このページの内容:

関連ページ:

Confluence 文字エンコードの設定

既定では、Confluence はUTF-8 文字エンコードを使用します。Confluence では、お使いのデータベースでも UTF-8 (またはお使いのデータベースで同等) が使用されていることを確認するため、多数のチェックが行われます。 

文字エンコードの変更は可能ですが、お勧めしません。Confluence 文字エンコードを変更すると、HTTP 要求および応答のエンコードとエクスポートや Velocity テンプレートで使用されるファイルシステムのエンコードが変更されます。また、お使いのデータベースに応じて、Confluence が再起動またはアップグレードされるのを防ぎます。

Confluence 文字エンコードを変更するには (非推奨):

  1. > [一般設定] > [編集] に移動します。

  2. 選択した新しい文字エンコードをエンコードの横のテキストボックスに入力してから保存します

データベースの文字エンコーディング

お使いのデータベース、およびそのデータベースへの JDBC またはデータソース接続は、UTF-8 (またはお使いのデータベースで同等のもの。例: Oracle データベースの場合は AL32UTF8) を使用するよう設定してください。データベース文字エンコーディングが正しくない場合、警告のためのチェックが多数行われます。 

詳細は、「データベースの文字エンコードの設定」を参照してください。 

文字エンコードの問題

文字エンコードのテスト方法については、「文字エンコードのトラブルシューティング」を参照してください。 

最終更新日 2019 年 3 月 7 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.