Linux 上で自動的に Confluence を開始

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Linux/Solaris 上では、各サービス (Confluence を含む) を必要な権限だけを有する専用のユーザとして、インストール、設定、および実行する方法が最も推奨されます。

Confluence を Linux/Solaris 上で自動的にインストール、設定、および実行します:

  1. 次のコマンドを用いて、confluence ユーザーを作成できます。

    sudo useradd --create-home -c "Confluence role account" confluence
  2. Confluence のインストール先となるディレクトリを作成します。この例では、/usr/local/confluence を使用します。

    sudo mkdir /usr/local/confluence
    sudo chown confluence: /usr/local/confluence
    


  3. Confluence をインストールするため、confluence ユーザーとしてログインします。

    sudo su - confluence
    cd /usr/local/confluence/
    tar zxvf /tmp/confluence-5.6.4.tar.gz
    ln -s confluence-5.6.4/ current
    
  4. <<CONFLUENCE_INSTALL_DIRECTORY>>/confluence/WEB-INF/classes/confluence-init.properties ファイルを編集し、 confluence.home=/usr/local/confluence/<Confluence_Data_Home> を設定する。 (コメントの '#' をはずしたことを確認)
  5. root アカウント戻り、/etc/init.d/confluence ファイルを作成します (コードについては下記参照) 。これにより、リブート後 (または手動で呼び出されたとき) に Confluence が起動します。
    (warning)Ubuntu Jaunty 以降を実行している場合は、このステップを行わないでください。このページの下に記載されている手順を使用してください。

    #!/bin/sh -e
    # Confluence startup script
    #chkconfig: 2345 80 05
    #description: Confluence
    
    # Define some variables
    # Name of app ( JIRA, Confluence, etc )
    APP=confluence
    # Name of the user to run as
    USER=confluence
    # Location of Confluence install directory
    CATALINA_HOME=/usr/local/confluence/current
    # Location of Java JDK
    export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-7-oracle
    
    case "$1" in
      # Start command
      start)
        echo "Starting $APP"
        /bin/su -m $USER -c "$CATALINA_HOME/bin/start-confluence.sh &> /dev/null"
        ;;
      # Stop command
      stop)
        echo "Stopping $APP"
        /bin/su -m $USER -c "$CATALINA_HOME/bin/stop-confluence.sh &> /dev/null"
        echo "$APP stopped successfully"
        ;;
       # Restart command
       restart)
            $0 stop
            sleep 5
            $0 start
            ;;
      *)
        echo "Usage: /etc/init.d/$APP {start|restart|stop}"
        exit 1
        ;;
    esac
    
    exit 0
    
  6. このファイルを実行可能にする:

    sudo chmod +x /etc/init.d/confluence
  7. このファイルを適切な実行レベルで実行するよう設定します。たとえば、Redhat 系のシステムでは sudo chkconfig --add confluence を使用し、Debian 系のシステムでは sudo update-rc.d confluence defaults または rcconf を使用します。
  8. これによって、init スクリプトで Confluence をスタートできる。 通常の成功した起動時出力は以下のように表示される。

    $ sudo /etc/init.d/confluence start
    Starting Confluence:
    If you encounter issues starting up Confluence, please see the Installation guide at http://confluence.atlassian.com/display/DOC/Confluence+Installation+Guide
    Using CATALINA_BASE:   /usr/local/confluence/current
    Using CATALINA_HOME:   /usr/local/confluence/current
    Using CATALINA_TMPDIR: /usr/local/confluence/current/temp
    Using JRE_HOME:       /usr/lib/jvm/java-1.7.0-oracle
    done.
    


    その後、これが http://<サーバー>:server.xml/ 実行されます。
    (info) このポートは Confluence server.xml ファイルで定義された任意のものです。

Ubuntu Jaunty (または、それ以降) のためのサービスとして Confluence を追加する

Confluence を Ubuntu Jaunty (または、それ以降) 上のサービスとして自動的に起動するように設定することを続ける:

  1. confluence ユーザーとしてログインして Confluence をインストールするには、/usr/local/confluencestart および stop スクリプトを作成します。
    start スクリプトの例:

    #!/bin/bash
    export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-7-oracle-1.7.0.71/
    export JDK_HOME=/usr/lib/jvm/java-7-oracle-1.7.0.71/
    cd /usr/local/confluence/current/bin
    ./startup.sh
    


    stop スクリプトの例:

    #!/bin/bash
    export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java-7-oracle-1.7.0.71/
    export JDK_HOME=/usr/lib/jvm/java-7-oracle-1.6.0.71/
    cd /usr/local/confluence/current/bin
    ./shutdown.sh
    
  2. これらの両方のスクリプトを実行可能にします。たとえば、コマンド sudo chmod a+x /usr/local/confluence/start /usr/local/confluence/stop を発行します。
  3. Karmic 以降: /etc/init/confluence-up.conf および confluence-down.conf という名前の 2 つのテキスト ファイルを作成します:

    confluence-up:

    start on runlevel [2345]
    
    script
    
    	date >> /tmp/confluence-startup.out
    	exec sudo -u confluence /usr/local/confluence/start >> /tmp/confluence-startup.out 2>&1
    
    end script
    


    confluence-down:

    start on runlevel [16]
    
    expect fork
    respawn
    
    exec sudo -u confluence /usr/local/confluence/stop >> /tmp/confluence-shutdown.out 2>&1
    



    すべてのユーザーに対して読み取り可能にします:
    sudo chmod a+r /etc/init/confluence-up.conf /etc/init/confluence-down.conf

  1. Jaunty、Intrepid: /etc/event.d/confluence-up および confluence-down の 2 つのテキスト ファイルを作成します:

    confluence-up:

    start on runlevel 2
    start on runlevel 3
    start on runlevel 4
    start on runlevel 5
    
    exec sudo -u confluence /usr/local/confluence/start >> /tmp/confluence-startup.out 2>&1
    


    confluence-down:

    start on runlevel 1
    start on runlevel 6
    
    exec sudo -u confluence /usr/local/confluence/stop >> /tmp/confluence-shutdown.out 2>&1
    


    すべてのユーザーに対して読み取り可能にします:
    sudo chmod a+r /etc/event.d/confluence-up /etc/event.d/confluence-down

関連トピック

システム起動時に自動的に Confluence を開始

最終更新日 2019 年 1 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.