他のバックアップからのデータ復元

一般的に、Confluence のデータは 管理コンソール または Confluence セットアップ ウィザード から復元します。

zip 形式の XML バックアップファイルからの復元に問題が発生しても、次のバックアップがあれば、復元は可能です。

  1. ホーム ディレクトリのバックアップ。
  2. データベースのバックアップ(外部データベースを使用している場合)。

この方法による復元手順は、組み込みのデータベースを使用しているか、(Oracle、MS SQL Server、MySQL、Postgres など)外部データベースを使用しているかによって異なります。

埋め込みデータベース

組み込みのデータベースで実行している場合は、データベースは Confluence のホーム ディレクトリの database フォルダにあります。したがって、次の操作が必要になります。

  1. ホーム ディレクトリの最新のバックアップを取得します。
  2. Confluence ディストリビューションを解凍して、confluence-init.properties ファイルがこのディレクトリを指すようにします。

外部データベース

外部データベースを使用している場合は、次の手順を実行する必要があります。

  1. ホーム ディレクトリとデータベースのバックアップ(できれば、同じ日付のバックアップ)を準備します。つまり、ホーム ディレクトリがファイルシステム上でアクセス可能であり、データベースが接続可能であることを確実にするためです。
  2. このデータベースが別の名前になっていたり、別のサーバー上にある場合は、Confluenceの ホーム ディレクトリ内にある confluence.cfg.xml ファイルの JDBC URL を変更する必要がありますこのプロパティの値は、hibernate.connection.url として指定されます。
  3. Confluence ディストリビューションを解凍して、confluence-init.properties ファイルがホーム ディレクトリを指すようにします。
最終更新日 2019 年 1 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.