Confluence ライセンスを管理する

ライセンスを保有することにより、Confluence を実行する権利が与えられ、指定された期間サポートやアップグレードを受ける資格が得られます。また、ライセンスは Confluence を使用する権利を有するユーザー数を定義します。 

ライセンスのステータスを素早く確認するには、 > [一般設定] > [トラブルシューティングとサポート ツール] に移動します。

ライセンスの表示や編集には、Confluence 管理者権限またはシステム管理者権限が必要です。 

ライセンスの詳細表示

Confluence ライセンスを表示する方法

  1. > [一般設定] に移動します。
  2. 左側のパネルから [ライセンス詳細] を選択します。

ライセンスの詳細ページには、次の内容が表示されます。

  • ライセンスの種類 (例: 商用ライセンス、アカデミック ライセンス、コミュニティ ライセンス、評価ライセンス)。
  • ライセンスを受けているユーザー数、および現在の使用数。 
  • ライセンスの有効期限。この日までサポートとアップグレードを受けられます。
  • サーバー ID。Confluence の初回インストール時に生成され、アップグレードやライセンス内容の変更後も含め、インストール期間中は同じまま保持されます。
  • サポート資格番号 (SEN)。

ライセンスの更新

ライセンスを変更 (例: ユーザー数を増加) したり、Confluence Cloud から移行したりする場合は、ライセンスを更新する必要があります。 

Confluence ライセンスを更新する方法

  1. > [一般設定] > [ライセンスの詳細] に移動します。
  2. [ライセンス] フィールドに新しいライセンスを入力します。
  3. [保存] を選択します。

(warning) Data Center を使用しており、ライセンスがすべてのノードに自動的に伝播されない場合は、ライセンスを各ノードに個別に適用する必要がある場合があります。 

ライセンスのユーザー数について理解する

ライセンスの種類によって、Confluence サイトで許可される登録ユーザー数が制限される場合があります。 

ライセンスの詳細ページには、現在サインアップしているユーザー数 (登録ユーザー数) が表示されます。これは次のとおりです。

ライセンス ユーザー数の超過

ライセンスに含まれるユーザー数を超過した場合、Confluence インスタンスは読み取り専用になり、ユーザー数を減らすまで、どのユーザーもコンテンツの作成または編集ができなくります。 

ユーザー数を削減する

Confluence へのアクセスを必要としないユーザーを削除するか、非アクティブ化して、ユーザー数を減らすことができます。「ユーザーの削除または無効化」を参照してください。

Confluence を LDAP ディレクトリに接続している場合、すべてのユーザーではなくユーザーの一部を LDAP から同期するように Confluence を設定できます。詳細については、ナレッジベース記事「LDAP から Confluence に同期されるユーザー数を変更する方法 」を参照してください。ただし、この方法は手順が複雑なため、必要な場合のみ実施することをおすすめします。

ライセンスのダウングレード 

Confluence ライセンスをダウングレードして、支払い対象となるユーザー数を減らすことにした場合、新しいライセンスを適用する前に、現在サインアップしているユーザー数(ライセンスの詳細ページに記載)が新しいライセンスで許可されている数より少ないことを確認する必要があります。 

新しいライセンスで許可されているよりも多くのユーザーがいる場合は、新しいライセンスを適用する前にユーザー数を削減する必要があります。 

サポート資格番号(SEN)を調べる

次の 3 つの場所で、サポート資格番号 (SEN) を調べられます。

  • Confluence で > [一般設定] > [ライセンスの詳細] に移動
  • my.atlassian.com 
  • アトラシアン インボイス 

Atlassian サポートがこの番号を利用する方法について、さらに一般情報を得るには、「サポート資格番号 (SEN) を調べる」を参照してください。

最終更新日 2019 年 1 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.