Atlassian Companion アプリの管理

Atlassian Companion アプリを使用して、ユーザーは任意のデスクトップ アプリケーションで Confluence ファイルを編集し、ファイルを自動的に Confluence に保存することができます。

ファイルのダウンロードと再アップロードは Atlassian Companion アプリによって管理されます。ファイル編集を有効にするには、このアプリを Confluence インストール ディレクトリではなく各ユーザーのマシンにインストールする必要があります。

このページの内容:

Atlassian Companion アプリのダウンロードとインストール

ファイルを編集するには、ユーザーは Atlassian Companion アプリをインストールしてバックグラウンドで実行している必要があります。ユーザーがファイル プレビューの "編集方法" を初めて選択したときに、アプリをダウンロードしてインストールするように求めるメッセージが表示されます。詳細は「ファイルの編集」を参照してください。

スクリーンショット: ファイル プレビューに表示されるダウンロード プロンプト








ユーザーが自身でアプリケーションをインストールできない場合、管理者はアプリを配信するか、Microsoft Installer を使用してデプロイすることができます。

最新バージョンをダウンロード

Mac または Windows 向けの Atlassian Companion アプリをダウンロードしてください。

Microsoft Installer (MSI) から Companion アプリをインストールする

複数のユーザーまたはマシンで Windows 向け Atlassian Companion アプリをデプロイできるよう、Microsoft Installer パッケージ (.msi ファイル) も提供しています。既定では、Companion アプリは Program Files ディレクトリにインストールされますが、これはカスタマイズできます。

Atlassian Companion MSI のダウンロード (69 MB)

Microsoft Installer を使用してデプロイする場合、Companion アプリは最新のアップデート (セキュリティやバグ修正など) を自動的に取得しません。そのため、メンテナンスが必要になります。

新しいバージョンの Confluence のリリースの前後に、Companion アプリをアップデートする場合があります。Atlassian Companion アプリ リリース ノートで、最新のバージョンを使用していることを確認してください。

ファイル編集の無効化

システム管理者は、Confluence サイト内でファイルの編集オプションを取り消すことができます。

ファイルのプレビュー時にファイルの編集オプションを無効化するには、次の手順を実行します。

  1. 移動 

    > [アプリの管理] へ移動します。

  2. ドロップダウン メニューから、[システム] を選択します。
  3. 表示されている一覧から [Confluence プレビュー] をクリックします。
  4. 有効化されたモジュールのリンクをクリックします。
  5. [Edit With plugin for the Media Viewer (companion-plugin)] モジュールにカーソルを合わせ、[無効化] をクリックします。

[添付ファイル] ページ、添付ファイル マクロ、ファイル表示マクロで編集オプションを無効化するには、次の手順を実行します。

  1. 移動 

    > [アプリの管理] へ移動します。

  2. ドロップダウン メニューから、[システム] を選択します。
  3. 表示されている一覧から [Confluence プレビュー] をクリックします。
  4. 有効化されたモジュールのリンクをクリックします。
  5. [Embedded 'Edit With' button (embedded-edit)] モジュールにカーソルを合わせ、[無効化] をクリックします。

仮想デスクトップ環境との互換性

Atlassian Companion アプリは、一部の仮想デスクトップ環境でのみ機能します。ユーザーの環境が Companion アプリとの互換性を持たない場合、Confluence でファイルを編集することはできません。

この表は、Companion アプリとの互換性を持つ環境を示しています。

環境 Companion アプリとの互換性

仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI)
このセットアップでは、各ユーザーは独自の VM (仮想マシン) と一元化されたサービス管理デプロイメントを取得します。

(tick) Compatible


セッションベースの仮想デスクトップ

リモート デスクトップ サービス (RDS) またはリモート デスクトップ セッション ホスト (RDSH) とも呼ばれます。このセットアップでは、各ユーザーは同じオペレーティング システム (サーバー) を共有します。

(error) 互換性なし

仮想アプリ ストリーミング
リモート アプリ公開とも呼ばれます。リモート サーバー上で単一のアプリが実行されますが、ユーザーのコンピューターにはローカル アプリであるかのように表示されます。

(error) 互換性なし

編集したファイルの復元

ユーザーがファイルを編集すると、ファイルのダウンロードも行われ、コンピューターの Atlassian Companion フォルダに保存されます。ファイルは Companion アプリを再起動するたびにクリアされます。

Atlassian Companion アプリで編集した Confluence ファイルへのアクセスのガイドの手順に従います。

最終更新日: 2019 年 12 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.