Azure で Confluence Data Center を管理する

Azure で Confluence Data Center の使用を開始する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Once you've deployed Confluence Data Center to Azure using the deployment template, administering the application is similar to managing an application on your own hardware, with the exception that you'll need to go via the bastion host (jumpbox) to access your nodes. 

ジャンプボックスとノードにアクセスするには、以下が必要です。

  • セットアップ中に提供された SSH 資格情報
  • the Confluence node credentials you provided during setup
  • ジャンプボックスの DNS 名または IP アドレス (メニュー > リソース グループ > <自分のリソース グループ> > confluencenat から Azure ポータル経由で取得できます)
  • [接続されているデバイス] の confluencecluster (instance n) 行に記載されているノード IP アドレス ([メニュー] > [リソース グループ] > [<自分のリソース グループ>] > [ confluencenat] から Azure ポータル経由で取得できます)。

SSh を介して Azure ジャンプボックスへ接続する

Confluence クラスター ノード、Synchrony ノード、および共有ホーム ディレクトリへ SSH で接続し、構成またはメンテナンス タスクを実行できます。SSH パブリック キー ファイルは安全な場所に保存する必要があります。このキーはジャンプボックス (つまりインスタンス内のすべてのノード) へのキーです。 

以下を使用して、ターミナルまたはコマンド ライン経由でジャンプボックスにアクセスします。

$ ssh JUMPBOX_USERNAME@DNS_NAME_OR_IP_ADDRESS

You can find the SSH URL in the outputs section of your deployment. 

ジャンプボックスにアクセスしたら、以下を使用してクラスター内のノードへジャンプできます。

$ ssh NODE_USERNAME@NODE_IP_ADDRESS

この後ノードのパスワードが要求されます。パスワードを入力したら、ノードへ接続されます。

設定ファイルにアクセスする

お客様の Azure デプロイメントでは、独自のハードウェア上のデプロイメントと同じように、一部の構成ファイルの変更が必要となる場合があります。

  • server.xml/opt/atlassian/confluence/conf に格納されている
  • setenv.sh/opt/atlassian/confluence/bin に格納されている
  • ローカル ホーム confluence.cfg.xml/var/atlassian/application-data/confluence に格納されている
  • 共有ホーム confluence.cfg.xml/media/atl/confluence/shared に格納されている

これらのファイルには既存のノードからのみアクセスできます。共有ホーム は、/media/atl/confluence/shared で各ノードにマウントされています (ネットワーク ハード ディスクのイメージ)。そのため、既存のノードから (SSH 経由でログインしている場合)、/media/atl/confluence/shared に移動できます。 

これらのファイルへの変更が手動で行われた場合、新しいノードはこれらの変更を取得しません。各ノードで変更を繰り返すか、派生元のファイルが存在する /media/atl/confluence/shared ディレクトリでテンプレートを変更します。次のようにマッピングされます。

  • server.xml ファイルは /media/atl/confluence/shared/server.xml から派生します
  • setenv.sh ファイルは /media/atl/confluence/shared/setenv.sh から派生します
  • ローカル ホーム confluence.cfg.xml/media/atl/confluence/shared/home-confluence.cfg.xml から派生します
  • 共有ホーム confluence.cfg.xml/media/atl/confluence/shared/shared-confluence.cfg.xml から派生します

テンプレート ファイルには、デプロイメント スクリプト経由で挿入された値のプレースホルダーが含まれます。これらを削除または変更すると、デプロイメントが破損する可能性があります。ほとんどの場合、これらの設定の多くは、Azure Resource Manager テンプレートから自動生成されるため、これらのファイルを変更する必要はありません。

Azure で Confluence をアップグレードする

Confluence のアップグレード プロセスは、独自のハードウェア上でクラスタを実行する場合と同じです。まずはすべてのノード上で Confluence を停止してください。その後1 つのノードをアップグレードし、停止してください。そのノードのインストール ディレクトリをクラスタ内の残りの各ノードへ 1 つずつコピーし、終わったら再起動します。    

詳細は、「Confluence Data Center をアップグレードする」を参照してください。 

デプロイメント テンプレートの confluenceVersion パラメーターを使用して、既存の Confluence デプロイメントをアップグレードしたり、異なるバージョンを実行している新しいノードをクラスタの残り部分にプロビジョニングしたりすることはできません。

You also can't do a rolling upgrade. You will need to bring all nodes down before upgrading.

Upgrading your operating system

If you need to upgrade the operating system running on your Confluence nodes, you will need to SSH into each node, perform a sudo apt dist-upgrade (Ubuntu) and reboot each node. 

As Confluence is running as a service it will be automatically restarted on reboot. 

You can't simply reimage an instance, as you might do in Jira, due to the way Hazelcast discovers cluster nodes. 

Backing up and recovering from failures

We recommend you use the Azure native backup facilities where possible to make sure your data is backed up, and you can easily recover in the case of a failure. 

Database backups

We use Azure-managed database instances with high availability.  Azure provides several excellent options for backing up your database, so you should take some time to work out which will be the best, and most cost effective option for your needs. See the following Azure documentation for your chosen database:

Shared home backups

The shared home stores your your attachments, profile pictures, and export files. We create a general purpose Azure storage account, configured with local redundant storage (LRS), which means there are multiple copies of the data at any one time. 

LRS provides a basic redundancy strategy for your shared home. As such, it shouldn't be necessary to take regular backups yourself. If you need to take point-in-time backups, use snapshots.

アプリケーションノード

The application nodes are VMs in an Azure Virtual Machine Scale Set. Each application node has a Confluence installation directory and a local home directory containing things like logs and search indexes. 

Like the shared home, application nodes are configured with local redundant storage. This means there are multiple copies of the data at any one time. 

If you've manually customised any configuration files in the installation directory (for example velocity templates), you may also want to manually back these up as a reference. 

Bastion host

As this VM acts as a jumpbox, and doesn't store any data it doesn't need to be backed up. If the VM  becomes unresponsive it can be restarted from the Azure Portal. 

Application gateway

The application gateway is highly available. We deploy 2 instances by default. As with the bastion host, it doesn't need to be backed up. 

ディザスタ リカバリ

See Confluence Data Center disaster recovery to learn about how you can develop a disaster recovery strategy.  See also information in the Azure documentation about recovering from a region-wide failure Azure resiliency technical guidance: recovery from a region-wide service disruption

最終更新日 2019 年 5 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.