パスワードを復元して管理者ユーザー権限を回復する

Confluence に管理者としてログインできない場合 (管理者パスワードを忘れた場合など)、Confluence をリカバリ モードで開始して、管理者ユーザー権限を回復することができます。

管理者のユーザー名を確認済みで、それに有効なメール アドレスが紐づけられている場合、ログイン画面のパスワードを忘れた場合のリンクを使用してパスワードをリセットできます。管理者のメール アカウントにパスワードのリセット リンクが送信されます。

このページの内容:

管理者が Confluence にログインできなくなる理由には、次のようなものがあります。

  • Cloud からサイトをインポートし、そのサイトにシステム管理者アカウントが含まれていない。
  • 管理者アカウントのパスワードを忘れてしまい、アカウントに管理付けられたメール アドレスへのアクセスもできない。
  • ユーザー管理に外部ディレクトリや Jira を使用していて、内部のユーザー管理機能を無効化しており、外部ディレクトリを現在使用できない。 
  • Confluence の外部ユーザー ディレクトリの構成を変更したいが、そのディレクトリを利用できない。 

このような状況の場合、リカバリ モードを使用して、Confluence への管理者アクセスを復元できます。 

Confluence 6.5.0 以前を使用している場合、管理者ユーザー権限を復元するには、データベース操作を行う必要があります。以前のバージョンのドキュメントをご参照ください。

リカバリ モードを使用してアクセスを復元する

リカバリ モードでは、一時的な管理アカウントを持つ仮想ユーザー ディレクトリが作成されます。管理者はシステム プロパティでこの管理アカウントのパスワードを設定します。ユーザーは、リカバリ モードの間も引き続き Confluence にログインおよびアクセスできます。

管理ユーザー権限を回復するには、次の操作を実行します。

  1. Confluence を停止します。
  2. <installation-directory>/bin/setenv.sh または setenv.bat を編集して、次のシステム プロパティを追加します。<your-password> を独自の一時的なパスワードで置き換えます。 

    -Datlassian.recovery.password=<your-password>


    システム プロパティを使用する方法の詳細については、「システム プロパティを構成する」をご参照ください。

  3. Confluence を開始 (手動) します。Confluence をサービスとして起動しないでください。
  4. ユーザー名 recovery_admin と、システム プロパティで指定した一時パスワードを使用して Confluence にログインします。 
  5. 既存の管理者アカウントのパスワードを変更するか、新しいアカウントを作成してそれを適切な管理グループに追加します。 
  6. 新しいアカウントで正常にログインできることを確認します。
  7. Confluence を停止します。 
  8. <installation-directory>/bin/setenv.sh または setenv.bat を編集し、システム プロパティを削除します。 
  9. 通常の方法 (手動またはサービスとして起動) で Confluence を再起動します。 

参考情報

  • 管理者アクセスを復元したらすぐにシステム プロパティを削除します。 
  • Confluence をリカバリ モードのままにしたり、recovery_admin アカウントを通常の管理者アカウントとして使用したりしないでください。  
  • 一時パスワードは、独自のものである必要があります。既存のパスワードや、ほかの管理者アカウントで使用しているものを使用することは避けてください。 
最終更新日 2018 年 6 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.