許可と制限

コミュニケーションとコラボレーションのツールとして、皆が全面的に参加できれば Confluence は最高のツールになると確信しています。Confluence はページとコンテンツへのすべての変更履歴を保存しているため、誰が何を変更したか確認することも、必要に応じて変更を戻すことも簡単です。

また、Confluence では、サイト、スペース、ページをオープンにするかクローズにするか選択できるようになっています。

権限レベル

Confluence の権限レベルは 3 段階です:グローバル権限スペース権限ページ制限の 3 段階です。

グローバル権限

グローバル権限は、サイト全般の権限となり、システム管理者または Confluence 管理者のいずれかによって付与されます。

この権限には大変幅があり、スペース権限やページ制限とはあまり相互に影響しません。

詳細情報については、管理者ガイドグローバル権限の概要を参照してください。

スペース権限

各スペースには独立した権限設定があり、異なるユーザーやグループに対しアクセス権の有無を決定するスペース管理者によって管理されています。

スペース内のコンテンツを閲覧、追加、編集、削除する権限の付与と取り消しが可能で、グループ、ユーザー、必要に応じて匿名ユーザー(ログインしていないユーザー)にも適用できます。

tip/resting Created with Sketch.

ただし、ユーザーが複数グループのメンバーであった場合では、注意が必要です。例えば、ユーザー個人に対してページを追加する権限を取り消したとしても、もしそのユーザーがページの追加を許可されたグループのメンバ―である場合、そのユーザーはなお、スペースに新規ページを作成することができてしまいます。

スペース権限で思ったような結果が得られない場合、あるいは、はっきりしない場合は、Confluence 管理者と相談し、個人やグループに適用すべき権限を決定してください。

 

ページの制限

ページ制限は、グローバル権限やスペース権限とはやや異なった機能になっています。既定では、ページは閲覧や編集ができる状態になっていますが、必要であれば、特定のユーザーやグループに対して閲覧または編集を制限することができます。ページ制約は公開/未公開のページやブログ投稿 (下書き) に適用できます。 

Confluence のページはすべてスペースの中にあり、スペース権限があれば、スペース管理者は、スペース全体のコンテンツを閲覧する権限を取り消すことができるということを忘れないでください。ページへ制限を適用する機能も、スペース権限の「ページの制限」で管理されています。

権限と制限の相互影響

特定のユーザーやグループに対して、ページやブログ投稿の閲覧を制限することができます。そうすれば、たとえスペースの「閲覧」権限を持っていても、そのページやブログ投稿を見ることはできません。

他の誰かがスペース管理者で、自分がページ制限をかけてページを閲覧出来ないようにしている場合は、スペース管理者がそのページに行ってもページが見れません。とはいえ、スペース管理者は、スペース内の制限ページのリストを見て制限を取り消すことができます。 

リンクについて

スペース権限とページ制限はConfluence ページ間でのリンクにどのように影響し合うか、以下に記述しています。

  • 誰かが「閲覧」権限を持っていない場合、そのスペースのページへのリンクを見ることができますが、「ページが見つかりません」メッセージが表示されます。スペース キーはリンク URL では表示されません。 
  • スペースの「閲覧」権限はあるが、ページに閲覧制限が掛かっている場合、リンクは表示されますが、クリックしても「アクセスが拒否されました」というメッセ―ジが表示されます。 

添付ファイルへのリンクにも影響があります。添付ファイルのあるページへの閲覧権限がないビジターには、リンクは表示されません。

最終更新日 2019 年 8 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.