新機能ポリシー

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

This policy does not apply to bugs. See our Server Bug Fix Policy or Cloud Bug Fix Policy to learn about our approach to bug fixing. 

実装対象の判断基準

There are many factors that influence our product roadmaps and determine the features we implement. When making decisions about what to prioritize and work on, we combine your feedback and suggestions with insights from our support teams, product analytics, research findings, and more. This information, combined with our medium- and long-term product and platform vision, determines what we implement and its priority order.

機能の実装時期を追跡する方法

クラウド製品

We're continuously improving and updating our Cloud products. To see the latest changes, take a look at the Atlassian Cloud release notes blog.

サーバー製品とデータセンター製品

新機能または改善が予定されている場合、関連する Jira の課題の修正バージョンを更新して、変更を含むもっとも古い製品バージョンを示します。多くの場合、この更新は製品のリリース日が近づいたタイミングで行います。

変更の概要については、対象の製品のリリース ノートを参照してください。

プロダクトロードマップ

We publish a public roadmap for Jira Cloud products, Confluence Cloud, Bitbucket Cloud, and our Cloud Platform. This lets you know what’s coming soon and what we’re thinking about for future updates.

The Atlassian Cloud release notes blog and Bitbucket Cloud blog may also contain information on upcoming changes.

We don’t provide specific release dates for upcoming changes.

Feature and improvement suggestions

We encourage you to suggest improvements and new features for our products. You can create feature suggestions, or vote, watch, and comment on existing suggestions, at https://jira.atlassian.com/.

We get a large number of suggestions and feature requests. Your comments and votes on suggestions help us understand what you’re passionate about and how you want our products to support you and your team. The most helpful information you can provide us when commenting on issues is how a particular suggestion would help you. If you describe your use-case to us, and how the suggested change would benefit you and your team, it lets us gain a much deeper understanding of the need behind the suggestion.

Suggestions often have an impact on what we work on, even if we ultimately choose not to implement a suggestion exactly as it’s described. Our ultimate goal is to understand what you and all of our customers need and to create products that meet those needs. Occasionally, that’ll mean implementing a suggestion as described, but it usually means working to understand the need behind the suggestion and how we can meet that need for as many users as possible.

While we endeavor to update and respond to popular suggestions, the volume we receive means there will often be occasions when we can’t provide an update or response. We don’t provide any compensation or credit for feature suggestions that we implement.

Join the conversation on Atlassian Community

Our Product Managers regularly post articles about new features and changes to the Atlassian Community. You can comment on these posts, ask questions, and discuss with our PMs and other Atlassian users.

Release terminology for Server and Data Center products

  • Platform release (example: 4.0) contains significant or breaking changes. For example changes or removal of existing APIs, significant changes to the user experience, or removal or a major feature.

  • Feature release (example: 4.6) can contain new features, changes to existing features, changes to supported platforms (such as databases, operating systems, Git versions), or removal of features. These were previously referred to as 'major' releases by most products.

  • Bugfix release (example: 4.6.2) can contain bug fixes and stability and performance improvements. Depending on the nature of the fixes they may introduce minor changes to existing features, but do not include new features or high-risk changes, so can be adopted quickly. We recommend regularly upgrading to the latest bugfix release for your current version. These were previously referred to as 'maintenance' releases by most products.

3 つの主なリリース タイプに加え、フィーチャー リリースが長期サポート リリースに指定される場合もあります。つまり、標準のフィーチャー リリースよりも長い期間、バグ修正を利用できます。

長期サポート リリース

長期サポート リリース (旧称エンタープライズ リリース) は、新しいフィーチャー バージョンへのアップグレードの準備に時間が必要で、重要なバグの修正を適用する必要がある、Server および Data Center のお客様向けです。新しいフィーチャー バージョンへのアップグレード頻度がおよそ年に 1 回の組織では、長期サポート リリースが適している場合があります。Jira Software および Confluence では、次のようになります。

  • 1 つのフィーチャー リリースを長期サポート リリース として指定します (最低でも 12 か月に 1 回)。
  • 最新のセキュリティ バグ修正ポリシーに記載されているように、重要なバグ修正をバックポートし、安定性、データの整合性、および重要なパフォーマンスの問題に関連する修正が適用されます。
  • 対象バージョンのバグ修正リリースを、サポート終了まで提供します。 
  • アップグレードを円滑に行えるよう、1 つの長期サポート リリーズと次の長期サポート リリースの間のすべての変更の変更履歴を提供します。

すべてのバグ修正がバックポートされるわけではありません。安定性、データの整合性、またはパフォーマンスの問題に焦点を当て、最も重要と思われるバグやリグレッションのみを対象にします。API、サードパーティ アプリ (アドオン) で使用するコード、またはインフラストラクチャに変更を加える必要がある修正 (これらは通常はプラットフォーム リリース用に予約されます) や、リスクおよび複雑性の高い修正については、バックポートを行わないことがあります。

Jira Software Data Center のお客様について、1 つの長期サポート リリースと次の長期サポート リリースの間ではゼロダウンタイム アップグレードを利用できるように考慮しますが、変更の性質によってはダウンタイムが必要になる場合があります。ゼロダウンタイム アップグレードを使用できるかどうかを変更履歴で確認できます。

この例では、バージョン 4.2 が長期サポート リリースとして指定されています。以下の図に示すバグ修正リリースの番号とタイミングは一例です。リリース頻度は各製品で異なる場合があります。


その他の情報

サポート関連の情報の詳細については、「Atlassian サポート提供」を参照してください。

Last modified on Mar 5, 2012

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.