システムおよび Marketplace アプリの管理

アプリは個別にインストールされるコンポーネントで、Conflunece の基本機能を拡張します。 

ユーザーが自分のデバイスにインストールできる Confluence モバイル アプリとは別のものです。ここで説明するアプリは Confluence 管理者によってインストールされ、Confluence の拡張機能のように動作します。"プラグイン" や "アドオン" とも呼ばれます。

アプリには 2 つの主な種類があります。

  • システム アプリ - これらは Confluence にバンドルされており、コア機能を提供します。 
  • ユーザがインストールしたアプリ - これらは通常 Marketplace からダウンロードされます。アトラシアンまたはサードパーティの開発者によって作成されます。 

 独自の Confluence 用アプリの開発については、Confluence Server および Data Center の開発者向け ドキュメントを参照してください。

ユニバーサル プラグイン マネージャー(UPM)

システムおよび Marketplace アプリは、Universal Plugin Manager (UPM) を介して管理されます。UPM はほとんどのアトラシアン アプリケーションに含まれ、アプリを管理するための一元的なエクスペリエンスを提供します。UPM にアクセスするには、Confluence ヘッダーにある  > [アプリの管理] へ移動します。

UPM では以下のことが可能です :

  • Atlassian Marketplace での新しいアプリの検索およびインストール。
  • アプリのインストールまたは削除。
  • アプリ設定の構成。
  • アプリとそのコンポーネント モジュールの有効化または無効化。
  • Coonfluence をアップグレードする前のアプリの互換性の確認。 

UPM にアクセスするには、Confluence 管理者権限が必要です。

ユーザーがアドオンを見つけてリクエストする方法の詳細については、「Marketplace アプリのリクエスト」を参照してください。

UPMの利用の詳細についてはユニバーサルプラグインマネージャーのドキュメントをご覧ください。 

アプリの無効化とアンインストール

ユーザーがインストールしたアプリで使用されていないものを、無効化または登録解除できます。この方法については「アプリの無効化と有効化」をご覧ください。

アプリを無効化すると、その機能は即座に使用できなくなります。アプリにマクロが含まれていた場合、それらのマクロを含むページに "不明なマクロ" エラーが表示されます。これを回避するには、アプリを無効にする前にマクロの使用状況の統計を確認して、サイトで使用されているマクロを確認します。

 > [一般設定] > [マクロ使用状況] に移動します。


最終更新日 2018 年 9 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.